トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ひらいた、ひらいた

白雪姫幼稚園に息子が通いはじめてから、
もう1年になる。

担任のユーリア先生は、
女性にしてはなかなか落ち着いた方。
息子を特別扱いすることもなく、
すっかり幼稚園になじんでしまった。

先生があるとき、
「 暇のあるときでいいから、
 日本の古い歌を教えてくれない?」とお願いがあったので、
私も快く引き受けた。

アジアから渡ってきた遊牧民族の子孫である、
ハンガリーの言葉と日本の言葉にはいくつか共通点がある。
姓名の順番も同じだし、
名詞のあとに「てにをは」のような格助詞がつくことも。
そして、日本の歌の音階と
ハンガリーの民謡のそれも
似ているのだという話。
だから、遠い日本という国に親しみを感じる人も少なくない。

約束していた木曜日。
クラスに入ると、
子供たちは円になって整列していた。
ひとりひとりの頭をさわって、
数を数えていく。
はじめはハンガリー語、
それからルーマニア語、そして日本語・・・

a-1.jpg

皆は息子の助けを借りて、
日本語でも数が数えられるようになった。
ゆっくりとした発音で、
それでも確かに日本語で数を数える子供たち。
私は感動してしまった。
「 いち、に、さん・・・じゅうし。」

ICIRIPICIRI14 092

子供たちをつれてパソコンのある部屋へ。
むかしNHK教育番組で、
なかなかおしゃれな子供向けの歌の番組があったのを思い出した。
あまり長くてもいけないし、
音階が難しくてもいけない。
YOU TUBEで検索して、
いろいろ見て悩んだあげく
「ひらいた、ひらいた」に決めていた。



UAの歌声が小さなパソコンルームに満ちる。
音が大きいせいか、
聞きなれない歌のせいか
部屋を覗きにくる職員さんもいた。

はじめはポカンと放心したように
画面を見ていた子供たちも、
何度か繰り返して見るうちに
口ずさむようになった。

a-2.jpg

ICIRIPICIRI14 100

やがて教室でも何度かおさらいをして、
メロディーはすっかり覚えたようだ。
この時期の子供たちの頭は
スポンジのようにやわらかい。
耳から外国語を習うのは最適だろう。

トランシルヴァニアの白雪姫幼稚園で、
日本語の歌の時間が行われている。
いつか園の発表会で、
日本の歌を披露する日も
遠くないかもしれない。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2009-02-21_13:35|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

歌は本当に国境が無いですね。
我が家も末っ子が数日前から歌を歌えるようになりました。
「キラキラ星」です。
だから、白雪姫幼稚園の子供たちの声が
今にも聞こえてきそうです!!!
子供の歌は涙も出ます。
あんなに純粋でかわいらしいものはありません。

ひらいたひらいた
とっても素敵な歌
また、ひとつずつ、日本の歌が
歌われるのを私も楽しみにしています。


お久しぶりです☆

日本のうたでUAをチョイスしたのは大正解ですね☆
(これ、私的な見解ですが…(笑))
彼女の自由で開放感に満ちたうたが、
きっと、万国共通のソウルに届くはずです。

上の子がまだ小さかった時に、
NHKで”ドレミであそぼ”と、
UAとともともが出ている素敵な番組があって、
今はそれがやってはいないのが残念なのですが…。

下の子が産まれてから、
どうしてもその頃の素敵な童謡を聞きたくなって、
今では、わたしもUAの”うたううあ”のCDを
車の中で毎日のように聞かせています。

もちろん。
その中には「ひらいた ひらいた」もありますよ☆

こんな素敵な童謡を子供の頃から聞けるなんて、
贅沢な時代だ…などと思いながら、
聞いている上の娘は、UAの独特の抑揚を真似して唄ってます。
下の子は、今唄った?ってな感じくらいのあ~う~ぐらいですが(笑)
彼女なりに、同調しているようです。

東欧のこどもたちが、
同じように「ひらいた ひらいた」を聞いていると思うと、
なんだか、時を超えて、感慨深い思いがします。

いつか、同じものを聴いた子供同士が、
どこかで会って、話のネタになるかも知れませんね(笑)

そんな、素敵な偶然の為にも、
これからも、日本の文化をたくさん伝えてあげてくださいね☆






Re: タイトルなし
twelvesevnteen さん、ありがとうございます!
本当に音楽の力ってすばらしいです。
言葉が分からなくても、歌い手の雰囲気と
メロディーで多くを伝えることができます。

子供はみんな歌を歌うのが好きです。
そして耳からすぐに覚えてしまうこの感覚。
語学を学ぶ上でもとても大切なこと。
これからも大事にしてほしいです。

日本の歌のすばらしさ、
少しずつ広めて生きたいと思います。
息子さんも「キラキラ星」が初めての歌ですか。
うちもです。
UAのうた
サーラ*モネット さん、お久しぶりです!
このCDお持ちなんですね!
インターネットって本当にすごい。
検索して、ここでも聞けることが分かって
本当に感動しました。

お母さんといっしょ的な
雰囲気だけでない、子供の歌を
もっともっと作ってほしいですね。
ハンガリーでも、大人が聞いて素敵な歌を
子供のために作っています。
UAのこの「ドレミであそぼ」は斬新な試みですね。

「ひらいた、ひらいた」は簡単なメロディ、そして詩なのに
心を打ちます。
彼女の歌い方がすばらしいせいもあると思います。

本当ですね。
いつかこの子供たちが大きくなって、
日本の誰かさんとこの歌を口ずさむ・・・
そんなこと考えるだけでわくわくします!
もしかしたら、サーラさんのお嬢様たちかもしれません。
みんなのうた
最近放送された「みんなのうた」に、すごく素敵な歌がありました。
http://www.youtube.com/watch?v=7pFgEmnOLAs
歌を通して、いろんな国のことばに触れ、色んな民族が国境なんて関係なく、仲良くできるといいですね。

「ひらいた ひらいた」の歌は、幼稚園の頃、手で開いたり閉じたりしながら歌った記憶があります。
Re: みんなのうた
マキチさん、
みんなのうたの情報をありがとうございます!
あとでじっくり聞かせていただきます。

うれしかったのは、
日本語のようなあまり役に立たない言葉でも
こんな風に教えようと熱心になってくださった
幼稚園の先生のお心です。
こんなに小さいからこそ、
先入観なしにどんなになれない言葉でも
歌ってみようとする・・・
子供ってすごいですね。