トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルバニアのアクセサリー作家Selyem Kati

カティとペーテルの寝室は、あちらこちらに彼女の創作のイメージの断片のようなものがおもちゃ箱のように楽しく飾られていた。
ベッドの上には、最近作ったというフェルトのオーナメント、そして
ビーズのちょうちょが漂うモビール、イヤリングの飾り、アフリカかどこかの木彫りのコップ・・・

kati

手作りが好きな彼女は、クルージの実家に帰ると必ずミシンを出して作業をする。何気なくアップリケをしたクッションも、彼女の世界が表れている。

kati

カティの最近の作品を見せてもらう。
最近は女性の日という祝日があったので、赤と白のリボンをつけた小さな素焼きの動物たち・・・ブタやネコ、ハリネズミ、ゾウなどが、カティ独特の手法で命が吹き込まれている。
以前から作っている銅製の腕輪は、いぶし金に黒で描かれた
植物模様、幾何学模様、動物模様が美しく光っている。
最近凝っているのは七宝細工で、最近やっと材料を手にしたらしい。赤や緑や白や黒・・・のこってりと光り輝く色たちは、明るすぎず、地味すぎず、あくまで自然に調和した色合いである。
アメリカナイズされていない、自然を好むトランシルバニア人の嗜好を感じさせる。

kati

selyem kati

kati

kati

大学時代から、ずっとアクセサリー作りをし続けているが、
ほとんど自己流であるという。
作った作品を、ルーマニア国内でのイベントやお祭りのときにもっていって、
二人で売っている。
これからも彼女の作品の幅も広がってゆくだろう。
今後が楽しみな作家である。









スポンサーサイト

Theme:オリジナル☆アクセサリー
Genre:ファッション・ブランド

comments(0)|trackback(0)|アート|2008-03-31_21:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント