トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアへようこそ!

まだ昼なのに薄暗く、
しんしんと雪の降る中、
私たちは村へと向かうバス停で待っていた。
ある日本からのお客様といっしょだった。
一通のメールをきっかけに、
最近お知り合いになったばかりの方たち。

IMG_4133.jpg

昨年秋に刊行された雑誌、
ホームスウィートクラフトで、
私は手芸のおばあさんをたずねる記事を書いたのだが、
バルト3国の手作り紀行を書いていらした方・・・
それが貝戸さんご夫妻。

HOMESWEET

ご夫婦というよりも若いカップルのような
初々しいお二人は、
Pretzel(プレッツェル)という
お洒落な子供服のブランドを手がけていらっしゃる方たち。
ハンガリー、ルーマニアへは買い付けの旅に来られた。
トランシルヴァニアは、今回で二回目。
なんと私の住むスフントゥ・ゲオルゲに興味を持たれ、
ぜひこちらに伺いたいというものだった。

私のその日の体調は思わしくなかった。
ウィルス性の風邪に冒され、
ずっとその週は体が思うように動かない。
実は、その日の朝まで
ご一緒できるかどうか迷っていた。

いくら時間にルーズとはいえ、
やけにバスが遅いと思っていたら、
バスの乗り場を間違えていたようだ。
この前行ったときは、ここでよかったのに、
平日はバス停もバスの路線も違うという。
迷惑な話だ。

私はもう、こんな予定外の事態には慣れっこである。
それなら残された選択肢は、
ヒッチハイクかタクシー。
最悪の時は、村をあきらめて
町を観光する・・・

ちょうどよくタクシーがつかまったので、
ここから3番目の村カールノクまでの料金を交渉する。
22レイ・・・バスが一人当たり4.5レイだから、
4をかけても、そう変わらない値段。
私たちはタクシーに乗り込んだ。

「この値段だから、メーターは回さないよ。」と運転手さんは、
タクシーの看板にニットキャップをかぶせた。
これがカムフラージュのようだ。

息子も合わせて6人の車内は
ギュウギュウ気味。
定員オーバーでも、乗せてもらえてラッキーだ。
町を過ぎると、
真っ白に染まったなだらかな丘が見えてくる。
「こんな景色が見られただけでもよかった。」とご主人の哲哉さん。

途中から、
アスファルトなしの道路へ差し掛かると
グッとスピードが遅くなる。
村に着いたのは15~20分後。

IMG_4135.jpg

私たちは村の途中で降ろされ、
友人にご挨拶をしてから、
村の教会を目指す。
ほんの二週間ほど前には、
小春日和で道路も泥でぬかるんでいたのに、
今日は見事にカチカチだ。

やがて以前立ち話をした
おばあちゃんが門のところにいるのが、見えてきた。

8.jpg

「 あら、この前の。
 ちょっとうちへも寄っていらっしゃい。」といい具合に声をかけていただく。
民家の中を見せてもらえるのは、ラッキーなこと。
可愛らしい赤い家具のお部屋をみせてもらって、
おばあちゃんと記念撮影。

4.jpg

そしてかわいい花模様の門が見えてきた。
チューリップやマーガレット、
ハートが木彫りされた可愛らしいデザイン。

9.jpg

おとぎの国から抜け出たような門に、
お客様からもため息が漏れる。

10.jpg

雪のふる中を、ネコが足早に通り過ぎた。

IMG_4144.jpg

この先に、青い教会がある。
セーケイ地方に特徴的な、植物模様のペイントがされ、
青く塗られた教会。
心の洗われるような、
澄み切った青空の色にしばし包まれる・・・

IMG_4148.jpg

ペイントされた植物もようの家具と、
植物の刺しゅうが素朴でやさしい空間を作る。

7.jpg

教会の横には、
1600年代に作られた
木造の鐘つき台が
昔と変わらずにどっしりと佇んでいる。

IMG_4150.jpg

由紀さん、哲哉さんも
ダンナたちの後に続いた。
すこし足場が悪く、
上りづらいはしご・・・
私はもちろん、今回は棄権した。

11.jpg

カールノクからバスで二つとなりの村、
アールコシュに行く予定だったのだが・・・
バスの路線が変わったそうなので、
仕方なく歩くことになった。
車も通らない、寂しげな雪の道をひたすら進む。

2kmほどで隣村にたどり着いた。
もう私の体力も限界。
村のレストランで一息つくことにした。
レストランとは名ばかりの、
村の酒場で何か暖かいものを・・・と思ったら、
冷たい飲みものしかないようだ。

ダンナに交渉してもらい、
特別にホットワインを作ってもらうことになった。
・・・待てども、温まらないワイン。
そうこうしているうちに、
町へ帰るバスも来てしまった。
出来たばかりの、
熱々の1Lワインをガラスのビンにつめて
バスに乗り込んだ。

やがてバスの中で、酒盛りが始まった。
冷えた手を、
ワインが暖めてくれる。
コショウもきいていて、
甘い果実の味が心地よい。
舗装がないので、
タテへヨコへと揺れるバスの中で、
ワインをすする私たち。

セントジュルジの町についたころには、
風邪とワインと、車の揺れで
吐き気とめまいに襲われてしまった。
会話すらする余裕もなく、
タクシーに乗ってやっとの思いで家に到着。
しばらくはベッドに倒れこんだまま、
動けなくなってしまう。

・・・30分ほど眠っていたのだろうか。
やっとお客様のところへ戻ると、
ダンナが民俗衣装などを広げているところだった。
彼の父親が共産主義時代に収集した、
民俗衣装のコレクション。
貝戸さんご夫妻も喜んでいらしたので、
一安心。

それからは体も復活し、
素敵なご夫婦と
心行くまで話をすることが出来て、
楽しい一夜となった。

その後も
お二人は、中世の雰囲気をたたえた町
シギショアラから、
赤いバラの衣装で有名なセーク(シク)村、
ルーマニア人の心のふるさと
マラムレシュ地方までも行かれたそうだ。
マラムレシュではヒッチハイクで、
8つの村を見てまわるという
ものすごい行動力には感心してしまった。

その土地土地にあった生活のペースにあわせて、
そこにしかない見所というものをしっかりと押さえ、
そして行動する。
英語を流暢に話すとか、
歴史や地理に通じているとかよりも、
もっともっと大切なこと。
本当の意味で、旅行上手とは
このことを言うのだと思った。

私にとっても初心に戻って、
新鮮な気持ちでトランシルヴァニアを見ることのできた時間。
これからも忘れないようにしたい。

皆さまもトランシルヴァニアを
体験してみませんか?



トランシルバニアをあなたの心に・・・
            クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


*貝戸さんの手がける
Pretzel(プレッツェル)の子供服はこちらでご紹介しています。(→

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-03-16_05:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!
その節は体調の悪い中大変お世話になりました。
まだ知り合ったばかりの方と異国の地で初めてお会いして、
その数時間後には皆で村外れをそぞろ歩いているのがとても不思議な感じでした。
またその日の雪景色も手伝ってなんだか夢のようでもありました。
素敵な場所へ連れて行ってくださり本当にありがとうございました。
またお会いできるのを今から楽しみにしています。
コメントをありがとうございました!
こちらこそ、体調が万全でなく
本当に申し訳ありませんでした。
初めてお会いするのに、
雪の中のトランシルヴァニアの村をご一緒するのが
不思議と自然で・・・
こちらこそ、楽しい旅をさせていただいて
嬉しかったです!

次は、緑の季節にぜひお越しください。
お待ちしています♪