トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

春を探しに・・・

この冬の終わりに、
ほとんど毎日のように
たて続けに降る雪、雪、雪・・・
それでも、あたたかな太陽が顔を出すと
すぐに消え入ってしまう。
トランシルヴァニアの3月。

日曜日の午後。
ブラーガ一家に誘われて、
上ドボイに建設中の
私たちの家を見に行くことになった。

お迎えの車は、
キャンピングカー。
大人4人と子供4人を乗せて、
雪の解けたばかりの「美しい畑」を走る。
久しぶりの
すっきりと晴れ上がった空からは、
太陽の光が惜しげもなく降り注がれる。

お母さんのエニクーが
「 あなた、ボロシュニョーの家で、
 木の枝を切らないと。」となにやら用事を思い出した様子。
予定変更で、まず先にボロシュニョーの村に
寄ることとなる。
幸いにも、ドボイとボロシュニョーは
村をひとつはさんだ隣同士。

なだらかな曲線の連なる丘に
囲まれた小さな村。
たった今走ってきた平野は視界がさえぎられて見えないから、
ひっそりと穏やかである。

5年間も住んでいたという、
ボロシュニョーの家。
電車の駅は隣村までだから、
6kmの道のりを夏の日も、雪の日も歩いていたそうだ。

古い石造りの門の前で降りる。
車酔いでぐったりしていた子供たちは、
雪を見て生き返ったかのようにはしゃぎ始めた。

borosnyo1.jpg

これがブラーガ一家の昔の家。
貴族風の立派なお屋敷に思わずため息。
ご主人のお祖父さんは、
その昔、酒造りをして富を成した人であったようだ。

IMG_4390.jpg    

築150年の、
古い石造りのお屋敷の中へ。

IMG_4394.jpg

扉をひらくと、
窓の上のステンドグラスの輝きが
こぼれてきた。

IMG_4396.jpg

革張りの立派ないすに、
壷が彫られた黒光りした机、そして刺しゅうのクッション・・・
150年も時がタイムスリップしたかのように、
お祖父さんたちの生きていらしたころの
空気にそのまま包み込まれる。

IMG_4397.jpg

お祖母さんが作られたのであろう
ウール刺しゅうのクッション。
暗黒色の木の風合いに、
ナチュラルな刺しゅうの色がいっしょに
呼吸をしているようだ。

IMG_4404.jpg

残念ながら、工場の機械は
いつか洪水で水に浸かってしまったそうだ。
大きな納屋は、昔は夫婦のアトリエとして使われていた。

IMG_4438.jpg

子供たちがすきなのは、
民家の地下室と屋根裏部屋。
かわらの間から透けて見える太陽の光が、
エキゾチックに見えるのはどうしてだろう。
まるで夜空の星のよう。

IMG_4436.jpg

ここなら運動会だってできそうに広い。
茶色と緑色とが入り混じった芝生。
冬から春に移り変わる
この季節特有の色合い。

IMG_4443.jpg

ニョロニョロ・・・
これはイモムシではなくて、
ヘーゼルナッツの木の花。
黄色がかった緑色の細長い花。
たくさんのハチが春一番のごちそうに
ありついていた。

IMG_4442.jpg

裸の木の枝には、固いつぼみが。
確かな生命の息吹を感じさせてくれる。

IMG_4445.jpg

ほら、ここにも春を告げるしるし。
雪の白にも負けない
雪の花が、しっかりと花びらを広げて立っている。

borosnyo2.jpg

用事を済ませてから、
今度はドボイへ向かう。
なだらかな丘をいくつか越えれば、
徒歩30分ほどで行かれるそうだ。

北を向いた山の斜面にたたずむ小さな村。
少々人数オーバーなのか、
キャンピングカーも上り坂を苦しそうに進む。

もう日は大分傾いていた。
イロンカおばあちゃんの大きなクルミの木と、
つるべ井戸・・・・私の好きな風景。
左側に建設中の家があるが、
昨年の10月以来そのまま。

borosnyo15.jpg

初めてお客様をつれて、
私の庭へとやってきた。
太陽の光が十分でなかったのか、
まだあちらこちらに雪が残っている。

IMG_4465.jpg

子供たちは大喜びで、
斜面をごろごろと転がり降りる。
やがては車からそりを持ってきて、
本格的なそり遊びが始まった。

IMG_4466.jpg

確かにここはそりやスキーをするには
絶好の場所だ。
かなりの急斜面だから、
上るのにも一苦労。

IMG_4475.jpg

「 ここにも、雪の花があるよ!」と喜ぶ息子。
よくもこんなに寒い土地に咲いてくれた・・・
と花に感謝したくなる。

IMG_4461.jpg

緑がかった紫色をした花びらの花は、
まるで森の妖精のよう。
神秘的なうつくしさが漂う。

IMG_4474.jpg

子供たちは競うように
花つみに熱中しはじめた。
まだ雪の残る村で
こんな花束が出来るなんて
だれが思うだろう。

borosnyo12.jpg

たくさんの春の恵みを胸に、
夕暮れ時の道を帰っていった。
この北国にも、
一歩一歩春が近づいてきている。
「 あともう少し、もう少し・・・。」
自然がささやきかけている。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
               クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


*ブラーガ一家のアンティークの部屋は、
 こちらで詳しくご覧いただけます。(→

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-03-26_08:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは
こんにちは

とてものどかなところですね
昔の家にあるアンティークな机といすは、惹かれるものがあります
日本の古民家と共通したところを感じました
そんな中の子供たちの笑顔がとても素敵です
こんな風に世界がいつまでも平和だといいですね

ポチッ
アンティークの魅力
tompira さん、
南半球からご訪問をありがとうございます!
こちらも、いつもブログで元気をいただいています。

アンティークの家具の味わいは、
東洋かかわらず素晴らしいですね。
黒ずんだ木の色合い、
年数を経てしか出せない独特のものです。

余計なもののない、
自然な環境・・・
今の時代になかなか与えられないものだと思います。
子供たちが大きくなっても
この自然、伝統が残っているといいです。

クリックをありがとうございました☆
元気?
こんにちは。
東京では、春が近づいたかと思うと、再び寒くなりました。

今月は忙しく、疲れていたので、ブログで癒されました。
こんな世界があるなんて、こっちでの生活に慣れてくると、本当に信じられません。

これからも楽しみにしてます。
元気です!
さやかちゃん、
訪問してくれてどうもありがとう!!

花冷えといわれるように、
桜の花も寒い空気の中で
ふるえているのでしょうね・・・

東京の生活のペースとは
まったくちがった時間の流れ。
忙しく過ごしているさやかちゃんの元へ、
この写真が届いてよかった。

本当に世界は広いです。
まったくちがった時間の流れで
生活をしている人たちが
こんなにもたくさんいる。

またそちらの生活に飽きたら、
いつでもおいでね!
待っています。


No title
コバすなはまだ言ったことがありませんが、
風光明媚な土地、ということは訊いています。

そんなところに家をお持ちとは、いいですね。

古い家屋は、文化財指定とかされているのですか?
されていると、勝手に改修できないので
維持が大変だと思いますが。
Re: No title
Mishu さん、
ご訪問くださってありがとうございます!

コヴァスナは、山間の地方だけあって
冬の寒さは厳しいですが、
自然が美しいところだと思います。

文化遺産に指定されている建物もありますが、
どちらかというと町中に多いようです。
ここも本当に奥まったところの
小さな村なのに、
こんな素敵なお屋敷があるなんて驚きました。
19世紀の貴族的な雰囲気がしのばれます。

クーリアと呼ばれる
もっと古くて大きなお屋敷も売りに出されているようです。
購入して、きれいに改築して
住んでいらっしゃる方もいらっしゃいます。

No title
ご無沙汰してます。
ブログの更新、いつもお疲れ様。
そして、Tulipanちゃんの写真にはいつも癒されてます。
私は、色々あった末に出た答えは、やはり田舎暮らしじゃないと性に合ってないと思ったよ。
Tulipanちゃんの暮らしも実際に体験してみたいです。
また、メール送るね。
Re: No title
なちゅさん、どうもありがとう!
田舎のよさは、
人も環境ものどかなところ。
競争がないからかな・・・
ぜひ、トランシルヴァニアの田舎生活
体験しに来てください。

また落ち着いたら、ブログをはじめてくださいね!
楽しみにしてます。