トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

白雪姫幼稚園でひな祭り

息子の通う白雪姫幼稚園で、
今年二回目の日本の日。
今回は、ひな祭りを真似て
甘酒と白玉団子の素、そしてお箸を手に
教室へ向かった。

幼稚園の給食室を借りて
一袋の白玉団子を作り、
甘酒用に熱湯を沸かす。
給食のおばさんたちも興味津々のようす。

出来上がった白玉に
黄な粉を混ぜて、お皿に盛る。
甘酒もすこし冷まして。

子供たちはいつものように円になって、
ハンガリー語、ルーマニア語、そして日本語で人数を数えていた。
家でも日本語で数をいい、
保護者を驚かす子供もいるそうだ。

20.jpg

私も中に加わって、
2月に教えたばかりの「ひらいた、ひらいた」を
一緒になって歌う。
前よりも、ずっと確かな声で
日本語が聞こえてきた。


これもローマ字の歌詞カードを手に、
先生が教えてくださったおかげ。
初めての日本の歌が部屋の中いっぱいに響き渡る。

二回繰り返した後は、
「 今度は、あなたたちだけで歌ってね。
  はじめは女の子。」と先生。
はにかみ屋が多いのか、
消え入りそうな細い声。

obi1.jpg

次は男の子。
息子とチャナードは
ピンクのマイクを取り合った挙句、
交代で持つことになった様子。
女の子よりもずっと、元気がいい。
マイクを手に熱唱。

obi2.jpg

IMG_4525.jpg

歌の後は、
お待ちかねのお箸の練習。
あらかじめ切っておいた
綿と毛糸をボールの中に入れる。

実は、私は箸を正しくもてない。
ずっと鉛筆にぎりの要領で、
この30年間通してきた。
それでも鉄砲を手で作ってから、
親指と人差し指の間に箸をおいて、
中指を間にはさんで・・・
形だけでも見せて教えることが出来た。

子供たちも一心に
ボールの中めがけて、
慣れない箸を突き出していた。

IMG_4533.jpg

IMG_4536.jpg

お箸をもつことは、こんなにも楽しい事なのだ。
思えば、日本の保育園で
お箸を持つことを教えたときには、
箸を持つ=(イコール)食べなくてはいけない、
つまりお箸で食べることを強要していた感があった。

遊び感覚で教えたら、
こんなにも子供たちは夢中になる・・・
新しい発見だった。

「今度は、お箸をつかって
 本物の食べ物を食べてみましょう。」と
ひとりひとりに白玉をつまんでもらう。

IMG_4539.jpg

・・・しかし白玉団子は思いのほか、
不評だった。
第一、あのゴムをかむような
不思議な触感がダメらしい。
味見もせずに、食べないという子供も多かった。
ほとんど、息子一人で平らげる。

obi3.jpg

甘酒も同様に、
あの発酵したような独特の風味がいけないようだ。

ユーリア先生が、慰めの言葉をかけてくれる。
「 子供たちが食べなかったことで、
 がっかりしないでね。
 うちの主人もそうだけど、
 ここのセーケイ人は、右も左も見えないほどに
 頑固だから・・・。
 ロールキャベツに、サロンナ(ブタの脂身)じゃないと
 ダメなんだから!」

小さな輪ではあるけれど、
こんな風に自分の国の文化を
子供たちに伝えていくことは喜びでもある。
息子も胸を張って、
日本というもうひとつの故郷に
誇りを持ってもらいたい。
そのためには、もっともっと
たくさんの子供たちに
日本のことを知ってもらいたい。

白雪姫幼稚園の日本の日は、
これからも続くだろう。

 

トランシルバニアをあなたの心に・・・
               クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2009-04-02_05:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

すごいね~!
子どもたちはすごい体験をしたんだね。
これも、Tulipanちゃんの縁の力なんだろうね。
お箸って、外国人からしたらすごく珍しいものだし、
白玉団子や甘酒も珍しい食べ物だしね。
そっか、お口には合わなかったんだ。
残念だね。
でも、大樹君だけは美味しそうに食べたっていうので
私は安心したよ。

ブログは、ぼちぼちだけど始めたよ~。
よかったら遊びに来てね。
ブログ再開、おめでとう!
なちゅさん、コメントありがとう♪

子供たち、楽しそうでしょう。
お箸でこんなに喜んでもらえるなんて
思いませんでした。
食べ物は合わなくても、
日本のものを見て、
においをかいでもらったことは
きっと心のどこかに残ってくれると思います。

ブログ再開おめでとう!
FC2のテンプレート、
いろいろあって面白いよ。
なちゅさんならきっと出来るはずだから、
ぜひ作って宣伝してください!!
No title
色付きの文字よく考えたらお餅ってヨーロッパにはない食感よねー。あと、あんこも食べれない人が多かったよ。豆は食事の付け合わせとかサラダでいただくから、甘い豆の味がダメなんだって。
でも大樹くんは日本人の味覚なので安心しましたv-237
これからも日本文化の素晴らしさを伝えてね~v-14
Re: No title
なるみちゃん、ありがとう~!
これからも子供たちに
いろいろ教えていきたいです。
もっと日本の歌も
たくさん覚えておけばよかった。
なるみちゃんみたいに、
音楽ができれば交流がもっと深まるね。

いつかセントジュルジにリサイタルに来てください♪