トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

冬時間さいごの遠足

3月も終わり、最後の冬時間。
次の日からは、ヨーロッパ中がいっせいに
夏時間に切り替わる。
朝が一時間早くなり、
日の暮れるのも一時間遅くなる。

最近親しくなった、ブラーガ一家に呼ばれて
キャンピングカーで遠足へ行くことになった。
「小麦を挽くので、
 製粉所へ行こう。」というお誘い。
麦を挽くために、
2家族そろって遠足というのもユニークだ。

大人4人、子供4人を乗せ、
車が町を出る。
畑は見わたす限りに、
深い緑と黒に近い茶色で
しましま模様が続いていた。

麦は冬が来る前に植えられ、
雪の中でずっと耐えてきたから
春にはぐんと成長するのだそう。
まだ土のままのところには、
もうすぐジャガイモが植えられる。

ダンナのおばあちゃんが住む村を横切って、
ガタガタの砂利道を進み
テレクにやってきた。
この村の知人を訪ねる様子なので、
私たちも一緒させてもらう。

庭の先には、家よりも大きな納屋がたっている。
子供たちは一足先に中へ。
町の中とはちがって、
子供たちもずっと生き生きとして見える。

IMG_4584.jpg

薄暗い納屋の中、
空気もひんやりと冷たい。
動物の体だけが、闇の中で浮きあがって見える。
ブタさんたちは
思ったよりも白くて清潔。
なんか不思議な瞳・・・
よく見ると、片方が青、もう一方が茶色だった。

telek1.jpg

なめらかな茶色の体が
ぬっと現れる。
馬が二頭。
トランシルヴァニアでは町でも
馬車はよく見かけるが、
こんなに近くに大きな体の馬がいると
さすがに圧倒される。
体をXの字に交差させて、
じっとしている。
何かの彫刻のようだ。

telek2.jpg

変なニワトリ!
その名も、「裸の首」というらしい。
トランシルヴァニア発祥の種のようだ。
それでも味は、普通のニワトリと変わらないそう。

telek4.jpg

ちょっと外へと散歩。
この村は舗装されていないので、
昔ながらの村の風景が残っている。
ベンチに座っておしゃべりするお年寄りや、
通りでサッカーをする子供たち・・・

あっ、巣の中にコウノトリが立っている!
・・・・半年振りに帰ってきたのだ。

IMG_4614.jpg

南アフリカからの長い長い工程を経て、
今はゆっくりと旅の疲れを癒しているのだろう。
これから子育てが始まる。
季節を大まかに、夏と冬に分けるとしたら、
まさにトランシルヴァニアの夏は、
コウノトリとともに来て、
コウノトリとともに去っていく。

telek3.jpg

どうやら村の製粉所は閉まっているらしい。
「うちでよかったら、粉を挽いてあげるよ。」と
ご主人様が家の粉挽き器を見せてくれた。

「あなたも、ロッジュの粉いる?」と聞かれて、
戸惑う。
何か聞きなれない言葉・・・
麦の種類なのだろうが、よく分からない。
玄米のことかな?と思っていたら、
麦の種類そのもののようだ。

ご主人様が、屋根裏から持ってきて見せてくれた。
左側が普通の麦、
右の上のほうの、少し青っぽいものがそうらしい。

IMG_4622.jpg

大きなかまどに、小さなジャガイモがたくさん。
ゆでたおイモをいただくと、
ホクホクでおいしい。
しかも、これブタの飼料なのだそう。
ブタの分を横取りして、
自家製のヨーグルトと茹でたジャガイモをいただく。
素朴な味って、本当に飽きない。

IMG_4637.jpg

ご主人から自家製のベーコン、
10kgほどのジャガイモ、ヨーグルトの
お土産を抱えて車に乗り込んだ。
村の人たちのこうしたおもてなしには、
いつも頭が下がる思いがする。

telek6.jpg

村を出ると、
すっきりと抜けるような青空に、
雪を頂いた山並みが美しく映える。
このままどこまでも車を走らせたい気分。

IMG_4653.jpg

やがて車を止めて一休み。
キャンピングカーでは、ジプシー音楽が鳴り響き、
子供たちも音楽に合わせて踊りだす。
歌と踊りと旅の生活・・・
なんとなくジプシーになったような気分。

IMG_4730.jpg

小川沿いには、
ススキとネコヤナギが立ち並ぶ。
ここでは、秋と春が混在している。

IMG_4720.jpg

子供たちは、あれをとって
これをとってと親たちをこき使う。
車の中では、ススキの穂がフワフワ舞い、
銀色のネコヤナギの芽がきらきら光っている。

telek8.jpg

これからお昼ご飯にするため、
白樺林へと向かった。
夏にはキャンプ客でにぎわう避暑地だが、
今はまだ緑が吹いていないので
私たちだけ。

自家製の夏野菜のペーストをパンに塗って、
頂いたばかりのヨーグルトとチーズといっしょに。
ちょっとしたピクニック気分。

retyi.jpg

枯葉のじゅうたんの中を散策して、
小さな虫や緑のコケを見つけて
自然観察がはじまった。
裸の白樺は、真っ白なひょろりとした
幹がまだ寒々しい。

retyi1.jpg

4月には、風景が見る見るうちに変わっていく。
これから目を凝らして、
春がやってくる奇跡をしっかりと観察しよう。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
               クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-04-03_08:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
まだまだそちらは寒いんだね~。
こちらはだいぶ暖かくなってきたよ。

空の写真を見るとなんだか安心してきます。
きっと、空は宮崎と繋がってるからって思うからなんだろうな。

いつも、綺麗な写真を撮ってるよね。
私は撮り方が下手だから見習いたいです。
そら
なちゅさん、
いつもありがとう♪

こちらも春がやってきました!
すっきりした青空に、
ちょっとだけ緑の見える木々、
モモのピンクの花・・・・
春は足元からですが、
もう高いところにも見え隠れしています。

宮崎のサクラの写真、
うつくしかったです。
ふるさとを思い出しました。

そう、空はつながっているんだよね。
太陽も月も同じように照らしている・・・
不思議で、とてもありがたいことです。