トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

マジャローシュの乗馬日和

4月のはじめ、
いまだ春の奇跡がトランシルヴァニアを訪れる前のこと。
友人に誘われて、
マジャローシュという村へ向かった。

朝早くバスに乗って、
レーチのシラカバ林のところで降りる。
すると私たちを待っていたのは、
馬に引かれた馬車。

IMG_4774.jpg

そう、ここからこの馬車に乗って
シラカバ林の向こうにある
村へと向かおうというのだ。

大人6人と子供一人を
茶色と灰色の馬が引いていく。
私たちが座っているのは、
干草のいす。
フワフワとした座り心地で、
心地よい香りに包まれ、
カッポ、カッポという馬の足音を聞いて、
まだ夢の中にいるよう。

magyaros5.jpg

後ろからは、いたずら盛りの子馬もついてくる。

シラカバ林は、まだ裸のまま。
松林を越えると、目の前に広がったのは
なんとゴミの山だった・・・。
風が吹けば、
ゴミは林の中へも飛んでくる。

IMG_4802.jpg

保護林であるはずの、レーチのシラカバ林は
国道からは見えないものの、
裏は近郊の村から大量に運ばれてくる
家庭ごみの置き場となっている。
「 本当に残念なことだけど、
 村の人たちのこの考えはなかなか変えられないんだよ。
 ほら、昔は家庭ごみでも
 自然にかえるものばかりだった。
 今はゴミの質が違うのに、
 昔からの習慣は変わらず、そのままなんだ。」
とラヨシュのおじさん。

気分を取り直して、
馬車の旅はまだ続く。
暗い松林から、ぱっと視界が開けて
なだやかな丘が広がっていた。
あの丘のふもとに見えるのが、マジャローシュの村。

IMG_4816.jpg

ここで馬も一休み。
あたたかな春の日差しを浴び、
生まれたばかりの新鮮な草をはんで、
栄養補給をしていた。
その毛並みにそっと触れてみると、
しっとりと汗ばんでいた。

IMG_4840.jpg

馬車には、もちろんベルトがないから
しっかりとつかまっていないといけない。
心なしか、少し右に傾いているようにも感じられる。

IMG_4847.jpg

マジャローシュは、人口が80人ほどの小さな村。
セントジュルジの町からは、そう距離が離れているわけではないのに、
人里はなれた所へやってきたような気がする。

IMG_4854.jpg

村の中に入った。
ひっそりと静かな感じ。
半分ほどの村は、空き家のようだ。
町へ出稼ぎにいける距離なのに、
舗装道路がない。
だから若い人たちも町へと出てしまうのだろう。

IMG_4861.jpg

一本道をつっきって、
教会のとなりがラヨシュの家。
坂道を最後の力をふりぼって駆け上がる馬たち。

IMG_4864.jpg

やっと我が家にたどり着くと、
馬具をはずしてやり、
干草のご褒美をたっぷりと用意する。
わき目も振らずに、
ただ草を食む。

思えばこんなに近くで、馬に接するのは初めて。
じっと馬を観察する私に、
「 君、あんまり馬が好きじゃないだろう?」とラヨシュ。

「 いや、嫌いなわけじゃないけれど。
  こんな大きな動物にあまり接したことないから・・・。」というと、
こんな風に説明してくれた。

まず横から近づいていって、
体をやさしくなでながら、話しかける。
こういうふれあいが大切なのだそうだ。

IMG_4876.jpg

やがて鐘の音が響いた。
急いで教会の前へかけていくと、
教会の入り口で鐘を突いているところだった。

magyaros6.jpg

ついでに中を見せてもらう。
真っ白い壁に、古く黒ずんだ家具が浮き彫りになる。

IMG_4909.jpg

ちょうど修復の途中の家具のペイント。
なんともいえない、
複雑な色合いに息を呑む。

IMG_4886.jpg

お花の刺しゅうのされたタペストリーも、
古い家具にしっかりとなじんでいる。

IMG_4914.jpg

暗く狭い階段を上って、
今度は教会の塔へ。
やっと身動きがとれるほどの小さな空間。
真ん中には、青銅色の鐘がふたつ。

IMG_4905.jpg

小さな窓枠の隙間から、
やっと表の様子が見渡せた。
遠くの方に村が見える。
緑が到来する前の、
早い春のトランシルヴァニアが広がっていた。

IMG_4898.jpg

教会見物のあとは、
丘の上へと散歩に出かける。
村のはずれには、シラカバ林も見られる。
昔は、あのレーチの林とつながっていたのだそうだ。
ほっそりと白い幹が、
空の青に溶け込んでしまいそうだ。

IMG_4929.jpg

IMG_4932.jpg

暗い森をこえると、
丘の上にはまだ冬の名残が。

IMG_4940.jpg

雪解けの水が小川になって、
丘の上を流れている。

IMG_4947.jpg

うららかな陽気に誘われて、
ミツバチも土の中から出てきた。

magyaros7.jpg

新鮮なこい紫。
色のなかった冬から、
今度は色に満ち溢れた季節がやってくる。

IMG_4919.jpg

丘の上でピクニック。
風景が何よりものご馳走。
のどが渇いたので、雪解けの水を飲んだら
なんとも透明な味だった。

やがてなだらかな丘を下ってゆく。
そのままゴロゴロと転がっていけそうなくらい。

IMG_4966.jpg

「 なんていう森の色!」
思わず、ダンナに聞いてみた。
赤紫のような、魅惑的な表情をしている。
「 これは、緑を吹く前の森の色だよ。
 ちょうど、春の初めの今の時期だけに見られるんだ。」

IMG_4965.jpg

まさに冬の間中溜め込んできた
エネルギーが、一気に吹き出てくる前の、
そんな自然の色なのだ。

IMG_4969.jpg

夏時間に変わった今、
一日は驚くほど長くなっていく。
ピクニックの後で、今度は乗馬の時間。
裏庭の向こうには、立派な乗馬の広場があった。
雪が解けたために、土はまだぬかるんでいる。

magyaros3.jpg

まさか乗馬をするなんて思ってもいなかったから、
こんなスカート姿・・・・。
はじめは、手綱を引いてもらってから、
徐々に慣れて、今度は自分で綱を握る。
ちゃんと仕付けられたお利口の馬だから、
なんとか乗ることが出来た。

magyos4.jpg

magyaros10.jpg

ラヨシュは調教師の免許ももっているので、
私たちも安心して乗馬を楽しむことが出来た。
彼は、馬に乗って弓を引くスポーツにも
秀でているとのこと。

皆さんもトランシルヴァニアの大自然に包まれて、
乗馬を楽しんでみませんか?



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-04-14_23:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

雪解けの水、飲んでみたいな。
干草のいす、気持良さそうですね。
馬車に引かれて小さな村を訪れるなんて
文章を読んでいるだけでワクワク、ドキドキします。
丘の上でのピクニックや乗馬の時間、素晴らしい一日ですね。
ミツバチの写真からも春が感じられて嬉しくなりました。
Re: 雪解けの水、飲んでみたいな。
哲哉さん、どうもありがとうございます!

あの冬のたびも真っ白な
にごりのない世界で素敵でしたが、
今はまた生命の息吹が肌で感じられます。

雪解けの水、酸性雨の影響はないかしら?
と心配もしましたが、
のどを通っていく透明な味はすがすがしいものが
ありました。

いつか、馬車のたびにご一緒しましょう。
No title
可愛い馬だね。
干支が馬だから、馬を見るとついつい触りたくなっちゃう。
きっとおとなしくて可愛いんだろうなぁ~。

協会も素敵だね。
日本にもこんな協会があったらいいのになぁって思ってるところです。

赤紫の山はすごいね。
綺麗というか幻想的な感じだね~。

それにしても、広々としか感じが伝わってくるよ。
きっと、そちらへ行ったら宮崎よりも心が解放されるんだろうなぁ。
やっぱり一度は遊びに行きたいと思います。
馬と自然
そう、私たち午年だね。
馬はこんなに近くで
触れたことがなかったので、
はじめはドキドキしました。
真後ろに立つと危険とは知っていたので、
怖くて・・・でも一日でなれました。

乗馬も初めて会った人間に
乗られるっていやだろうなあ・・・と思いました。
人間同士と同じで、
徐々に親しんでからが一番理想的だと思います。
車やバイクにのるのとはまったく違います。

今の時期は、見る見るうちに景色が変わっています。
春ってドラマティックな季節。
赤紫の森は、もう緑が少しずつ覆っているところでしょう。

なちゅさん、ぜひ遊びに来てください。
余計なもののない
自然な世界に触れてほしいです。