トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアの人々と花

ある友人が、わたしに語ってくれたエピソード。


友人Iが11、12歳のころ、
時は共産主義時代。
レーチの湖のほとりで、
昔はスイレンが咲いていたそうで、
「 スイレン・フェスティバル」と題したお祭りが開かれていた。

昔は栄華を誇っていたレーチのスイレンも
その頃はだいぶん廃れてきていて、
たった二つの花が見られるばかり。

それでも特設ステージが設けられ、
歌に踊りで大盛り上がり。
ふとそのステージから目を湖の方へ向けると、
何者かが水の中へ足を踏み入れ、
どんどん花のほうへと近づいていく。

それは、まぎれもなくIのお父さんの姿だった。
やがてその二本のスイレンに手を伸ばしていた。
「 お父さん、やめて。」と心で叫ぶ
彼女の願いもむなしく、
無残にも最後のスイレンはちぎられて、
お父さんは悠々と
その花を妻に差し出したという。

その後、哀れなお父さんは警官に取り押さえられて、
両親の一月のお給料が差し押さえられたそうだ。


そのお父さんに関するエピソードはまだまだあるらしい。
両手で抱えきれないような
バラの花束(もちろんどこからか取ってきた)を抱えて
お母さんに差しだした。
お父さんはなんともなかったのに、
妻の指にトゲが刺さって
病院へ行ったとか・・・

そう、トランシルヴァニアの人たちは
花が本当にすきなのだ。
どこでも手入れの行き届いた庭に、
いろいろな種類の花でいっぱいである。

花や緑のない冬が半分を占めるので、
それだけ花に対する憧れも強いのだろう。

そして驚くべきことには、
個人の庭のものでも
木の花を取ることは許されるということだ。

どんなに美しい花を摘んでもいいけれど、
どんなに古くても果物を取ることは許されない。

花で満ち溢れる春のトランシルヴァニア。
息子と散歩するたびに、
いろいろな花でいっぱいになる。
「 あれ、とって。」と言われて
周りを見回してから背伸びをして枝を折っていたが、
これを聞いて
少し心が軽くなった気がする。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|文化、習慣|2009-04-19_07:05|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント