トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

目覚めの季節

トランシルヴァニアの春は足元からやってくる。
まずは黒くからからの大地に、
輝くばかりの緑のじゅうたん。

やがてタンポポやスミレ、マーガレットなどの
小さく可憐な妖精たちが姿を現す。

それから、春の魔法は木々へと広がる。
固いつぼみがほころび、
あっという間に緑が吹く。
まさにあらゆる生命が目覚める季節。
キリストの復活を祝うイースターが
この時期にあるのも偶然ではない気がする。

IMG_5275.jpg

4月のはじめ。
ダンナのおばあちゃんの住む村ツォーファルバで
息子と二人、春を探しに散歩に出る。
そうしたらチビもついてきた。

IMG_5280.jpg

亡きおじいさんの後を
いつもついて行っていたチビ。

IMG_5282.jpg

緑の芝を踏む感覚などずっと忘れていた。
まっすぐに野原を行くと、
小川に出合った。
水の流れる音とすがすがしい空気が
ひとつになる。

IMG_5285.jpg

こんなところに花が咲いている。
ぶんぶんとハチの羽音が聞こえてくる。
ついこの前までは
銀色の毛並みが輝いていたのが、
小さな黄色いお花が開いていた。
ネコヤナギの花の色は、春の太陽そのもの。

IMG_5294.jpg

黄色と緑が一体になると、
こんなにも華やか。
小さな菜の花みたい。

IMG_5300.jpg

これは、カタクリの花だそう。
野生の花って、こんなにも端整。
根っこから、あの真っ白な片栗が取れるのだろうか。

IMG_5317.jpg

それから電車で町へ帰った。
ジャガイモを植える前の、
よく肥えた土の茶色と
いま伸び盛りの麦の緑のコントラストが美しい。

8.jpg

セントジュルジの町でも、
オルト川のほとりでは芝に寝そべる人たち。
ずっと太陽の光に焦がれていたのは、
人間も同じ。

IMG_5362.jpg

私たちの住む健康通り。
緑の膜が少しずつここにも・・・・。

IMG_5484.jpg


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|自然、動物|2009-04-19_08:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
寒かったその地にも春がやって来たんですね。
本当に春は嬉しい。
我が家のほんの小さな庭にも冬枯れだった植物に小さなつぼみや
新芽を見つけ 小躍りするくらい嬉しかったです。
長く閉ざされた感のあったトランシルバニアは それがひとしお
でしょうね。
この前のページにもありましたが 日本では珍重される
クリスマスローズも森には自生するんですね。 素敵です。
その八重咲きのものは一鉢が一万円もするんですよ。
何かがオカシイです…。
クリスマスローズ
霧のまちさん、こんにちは!

春の到来を喜ぶ気持ちは、
どこでもいつでも変わらないことですね。
私は南九州出身なので、
この北国の春を知ったことは、
新たな驚きでした。
そして若いころ(留学時代)は感じなかった
生命の復活の喜びが、今は感じられます。

あの森の中にある紫色の花のことですか!
日本ではそんなに高いのですか!
ドボイの庭にたくさん咲いています。
手をかけず、自然に生えてくるのに
なんて美しい花なんでしょう。
春ですね
 お久しぶりです。一時帰国中なのでネットに復帰しました。
 片栗いいですねー。日本にいたときは4月の山菜狩りの時、必ず写真に収めていたので懐かしいです。
 今年の冬はとても厳しかった村ですが、4月の声を聞いたら一気に気温が上がり始め(といっても朝晩は-ですが)雪の溶け具合も早くてアスファルトの上はもう乾いてきていました。一時帰国から戻る頃には土のところももう少し良くなっていると良いのですが。

 日本へいる間にゆっくり日記読ませて頂きます.

越後やさん、お久しぶりです!!
越後やさん、
ブログがなかなか更新されないので
心配でした!
お元気そうで、安心しました。

そうですか、シベリアの村も大分
春が近づいているのですね。
長い長い冬を乗り越え、
そして春を迎える喜びは格別ですね。
ロシアはちょうど今週末がイースターでしたよね。

ご帰国の間、
日本でごゆっくり過ごしてくださいね。
またブログの更新を楽しみにしています。