トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

アパーツァ村のオンドリ射ち

イースターの水掛けの日の
すぐ前の日曜日。
アパーツァ村では、
毎年恒例のカカシュヴェーシュ(オンドリ射ち)が行われる。

朝早くおきるのが苦痛だったので、
もうヒッチハイクで行くことに決めていた。
町外れの一本道に立って、
車を待ちかまえる。

祝日のせいか、あまり車の数は多くない。
やがて一時間弱で、一台とまってくれた。
「アーラパタクまで。」といわれ、
一瞬迷ったが車に乗り込んだ。

4月も中旬。
森の木々こそ枯れたままの色だが、
野原はふさふさとした緑で覆われ、
羊たちの姿も見られた。

アーラパタクで降りた後は、
手芸で有名なエテルカおばあちゃんをついでに訪ねる。
お嫁さんとお孫さんがすぐに、
おばあちゃんを呼んでくれ、
お元気そうに微笑むエテルカおばあちゃんにご挨拶。
息子に、真っ赤なタマゴをくれた。

昔はタマゴの絵付けでも有名だった、エテルカおばあちゃん。
今では、真っ赤に染めただけのタマゴだった。

その後もヒッチハイクは功を奏して、
目指すアパーツァ村の二つほど手前の村で下ろされた。
ここからは徒歩で隣町を目指す。
うっすらと緑のヴェールで覆われた村を見ながら、
うららかな春の日差しを浴びてのお散歩。

IMG_5537.jpg

途中で木造の橋が現れた。
古いがしっかりとしたつくりで、
馬車でも車でもものともしない。

IMG_5543.jpg

ここは、もともとはドイツ系のザクセン人が住んでいた村。
その名残は、もはや建物に見られるばかり。
腰掛けていたおじさんにアパーツァ村の方角を聞くと、
実際とは反対側を指差して微笑んだ。

apaca1.jpg

結局後で、分かって逆戻り。
最低でも二人は同じことを言わない限り、
道案内は信用してはならない。

途中でヒッチハイクをしながら、
6kmの道のりをひたすら歩く。
なかなか車は止まってくれない。
なだらかな丘に、
プルーンの白い花がちょうど花を咲かせようとしていた。
歩くこと一時間、やっとアパーツァにたどり着いた。

時刻はちょうどお昼時。
持参したサンドイッチとお茶で、お昼ご飯。
村のはずれの丘で一息ついていると、
コウノトリが遠くで丘を歩んでいた。
彼らもお昼ご飯を探しているのかもしれない。

Clipboard04.jpg

ここは、村の墓地のすぐ横。
黒服に身を包んだおばあちゃんたちが、
並んでゆっくりと向かってきた。
イースター休日の、こののどかな昼下がりに
喪服を見かけるのは
非現実的な感じ。

IMG_5561.jpg

アパーツァの墓は美しい。
星やチューリップなどの原始的なモチーフの世界が、
しっかりと受け継がれている。
若い人が亡くなった場合には
木を赤く染め、上にチューリップ(王冠)を彫るのがここの慣わし。

apaca2.jpg

村に戻ると、衣装に着替えた子供たちが
弓を手に歩いていた。
彼らについて行ってみることにする。

apaca3.jpg

とある民家の前で、
たくさんの人が集まっていた。
制服をまとった子供たちは、家に入っていく。
どうやらここが出発地点のようだ。

ブラスバンドの演奏が始まると、
いよいよお祭りのムードも高まってくる。
たくさんの村の人、観光客、カメラマンの見守る中、
行列が出発。
セーケイの民俗衣装を着た少女たちのうしろに、
オンドリの的が見られる。

apaca4.jpg

それから兵士たちが続く。
中には、自分の背丈ほどの大きさの弓を抱えて
歩く小さな男の子たちの姿も。

apaca5.jpg

「右、左、右、左!」と勇ましく掛け声をかける将校に、
しょんぼりと後をついてくる兵隊さん。

IMG_5603.jpg

村の人たちばかりでなく、
遠くからも恒例のオンドリ射ちを見に来る
人たちがいる。

IMG_5593.jpg

途中、村の中心の教会の前、
そして学校の前で止まってご挨拶。
ハンガリー革命の英雄、コシュート・ラヨシュの歌を披露する。

IMG_5613.jpg

大きな木製の弓を掲げる。
兵役はもうなくなったルーマニアだが、
こうした伝統がしっかり守られている。

IMG_5623.jpg

やがて、村のはずれの
丘へとやってきた。
芽吹いたばかりの新緑が目にまぶしい。

apaca7.jpg

丘のちょうどくぼみの部分に円く陣取り、
ここがオンドリ射ちの舞台となる。

IMG_5679.jpg

まずはじめに、赤い服を着た将校たちが
長いせりふを諳んじはじめた。
これは、昔タタール人(モンゴル)が襲来したときに、
アパーツァの民がとりでに立てこもっていたところ、
オンドリがないて、敵に隠れ場所を教えてしまったという
伝説からきている。

そのオンドリに対する恨みを晴らすため、
トリを死刑にするべきだとの裁判が行われているのだ。

IMG_5637.jpg

やがて長い討論の後、
死刑執行の判決が下されて、
晴れてオンドリ射ちの儀式が始まる。
昔は、本物のトリを撃っていたといわれる。
他にも、オンドリ叩きの習慣が残る地域もあるそうだ。
(ここでは、目隠しをして生きているオンドリをたたくそう・・・・。)

IMG_5675.jpg

狙いを定めて・・・
的に見事命中した。

22.jpg

同じくらいの年の子供が、
勇ましく矢を放っている様子を見て
息子はどう感じるのだろう?
「 後で弓で討たせてもらおうか?」とたずねたら、
首を振っていた。

IMG_5659.jpg

兵士の習慣とはうらはらに、
春の一番美しい時期に、
こうして村の人たちと一緒にピクニックをしに来たような
そんな空気が漂う。

IMG_5671.jpg

子供たちがしっかりと
古くからの伝統行事を受け継いでいるのは、
見ていて頼もしいことである。

24.jpg

オンドリ討ちとともに、
春の到来を感じるアパーツァ村の人々。
こうして育つ子供たちの心にも、
ふるさとを愛する気持ちがはぐくまれているに違いない。

25.jpg

春を祝う祭りの余韻は、
ブラスバンドの演奏とともになかなか消え去らなかった。

IMG_5696.jpg




トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|イベント|2009-04-23_22:31|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
言ってみれば全く単純な祭りなのに
きれいな正統派の衣装を身に着けて皆で楽しむ
素晴らしい心根のある民族なんですね。

その場に売店が出現したり酔っ払いがうろついたり
しないのですね~。

日本の近辺の祭りは伝統もあるけど 今では勝手な
呑み助のいいチャンスになっていたりします。

お墓の画像を見て なんて可愛いんだろうと思いました。
お墓って国が違うと様子が違いますね~。
生前、楽しく素敵だったヒトもお墓に入ると…何だか急に
不気味な場所に行ったような状況に日本ではなりますね。
お墓のあり方をちょっと考えてしまうようになりました。
伝統の祭
霧のまちさん、
お祭りにもいろいろですね。
ここでも、あのブラスバンドのおじさんたちは
やっぱりお酒で盛り上がっていたようです。
ハンガリー人もやっぱりお酒好きですから・・・

それでもこのオンドリ討ちは
子供主体のお祭りなので、
そこがいいですね。
イースターエッグに、オンドリ・・・
春を感じさせる祭りであるからこそ、
こんな風に受け継がれてきたのでしょうね。

こちらのお墓は、実にかたちがさまざまで
面白いです。
墓石の習慣が入ってくると、
どうしても単一化してしまうのですが、
ここではまだ木に彫刻された墓標が
あちこちに見られます。

若くしてなくなった方に、
特別に赤く染め、
王冠をかぶせるなんて
本当にロマンティックですよね。
鳥の形が上にある墓標もあるようです。




No title
ぼくの横顔がすごく印象的でした。
何を感じたのでしょうね。

毎回アップをすごく楽しみにしています。
Re: No title
tibi さん、どうもありがとうございます!
息子は、何を感じたのでしょう・・・。
何百年もの間
こうして憎まれ続けるオンドリも
可哀相ですね。
イースターのシンボル、タマゴとの
関係もきっとあるのでしょう。

マイペースで続けていきますので、
どうぞよろしくお願いします☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。