トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

春を奏でる野の花たち

5月のはじめのトランシルヴァニア。
ひとつの花の時期が去ったと思ったら、
また新しい花が咲く。

ツォーファルバのおばあちゃんの家では、
今リンゴが花盛り。
うっすらとピンクがかったつぼみが初々しい。
太陽の光と水の栄養を吸って、
美味しいリンゴができる。

Tavaszt zenélő vadvirágok

Erdély, május elején.
Egyik virág kivirágrik, utána következik a másik.

A cófalvi dédmamánál
éppen az almafavirágokon a sor.
Friss a bimbója a gyenge rózsaszínú almafavirágnak
Így, a napfénnyel és a gazdag
esővel lesznek a finom almák.

IMG_6318.jpg

雪が舞い戻ったかのような白は
サワーチェリーの花。
ぶんぶんとミツバチが寄ってたかるので、
耳を澄ましてしばらくじっと佇んでいた。

Ezek a meggy virágok,
mintha visszatért volna a tavaszi idő.
Pillanatig csendben hallgattam
a zümmögő méheket,
amelyek eljöttek az illatos virágokra.

IMG_6323.jpg

「 春の風は、水を呼ぶ。 
  わたしの花よ、わたしの花よ。
  鳥だって、それぞれみんな相手を見つける。
  わたしの花よ、わたしの花よ。」
ハンガリーの民謡にあるように、
春の天気は変わりやすい。

黄色い畑を探しに行こう・・・・
そう思いながらも、いく週か時が経ってしまった。
4月の終わりにバスからみたタンポポ畑は、
その黄色があまりにまぶしくて
目を細めてしまうくらい。
緑が見えないくらいに、黄色で埋め尽くす。
太陽の光、そのままの色。

やっとカメラを持って出かけたら、
もう綿毛がたくさん出ていた。

Tavaszi szél vizet áraszt,
virágom virágom.
Minden madár társat választ,
virágom, virágom.
Ahogy a népdal mondja,
olyan változó a tavaszi időjárás.

Rég hogy terveztem,
hogy keressem meg a sárga mezőt.
Április végén egy buszon
láttam a pitypang mezőt.
Annyira erős, fényes volt,
hogy szinte sértette a szememet...
Erős fényes sárgaszín teljesen betakarta a zöldet a mezőn.
Csupa igazi napfényszín.

Mikor a fényképezőgépemmel kijöttem,
mar megjelentek a bóbiták is.

IMG_6339.jpg

トランシルヴァニアの春夏の風物詩といえば、
コウノトリ。
畑でえさを探す群れに出会った。
気づかれないようゆっくり近づいていったのに、
すぐに飛び去っていった。

Bátran mondhatjuk, hogy
az erdélyi tavasz szimbóluma a gólya.
Mezőn találkoztam a vadászó golyákkal.
Óvatosan, lassan közeledtem hozzájuk,
mégis észrevettek és elrepültek...

golyacskak.jpg

その日は久しぶりに、
家建設中の村へと向かった。
ドボイの入り口にも、タンポポ畑が。

Aznap jártunk Feldobolyban is.
Ahol a tavaly óta építjük a házat.
Itt is pitypangmező.

doboly kapuja

村に着くやいなや、
建設中の家のまえで溝を掘り始めるダンナ。
友人たちも借り出されて、
お気の毒様。

Ahogy megérkeztünk,
nekifogott árkot ásni a kertben.
Szégeny barátaink,
szívesen jöttek segítseni.

munkasok.jpg

取り付けられたばかりの二階の窓から、
手を振るアンナマリと息子。
息子はあの急なはしごを一人で上っていってしまった。

Nemrég raktuk be az ablakot az emeleten.
Onnan integetnek Annamari és Balázska.
Már a fiam egyedül felment a létrán.

d8.jpg

去年の10月に屋根を取り付けてから(→
ずっと凍結している仕事。
庭は木材だらけで、足の踏み場もないほど。

Tavaly Októberben már lecserepeztük,(→
azóta úgy van...
A kert tele van faanyaggal, nincs hova lépkedjünk.

IMG_6406.jpg

お昼の準備に取り掛かる。
ジャガイモの皮をむいて、
たまねぎを刻んでから、薪をくべて火をおこす。
鶏肉とジャガイモの煮込み。
薪でたくと、料理の味が全然違う。
やさしい、自然のままの風味。

彫刻家バルニの庭には、
出来たばかりの作品も並んでいた。
十字架のオブジェには、
フォークロアのモチーフが
刻み込まれている。

Közbe nekiállunk főzőcskézni.
Meghántjuk a pityókát, apróra vágjuk a hagymát,
ne felejtsünk el tüzet rakni.
Így készül a csirkés pityóka tokány.

A szobrász Éltes Barna házában
láttunk új munkát is.
Fakereszt szobor felületén vésett népi motÍvummal.

IMG_6397.jpg

彫刻の庭で、食事をするのは最高。
生まれたばかりの緑を愛で、
鳥のさえずりに耳を澄まし、
そして何よりも新鮮な空気が美味しい。

Annyira kellemes a szoborkertben ebédelni.
A friss hajtásokon gyönyörködve,
hallgatjuk a madár csicserdést.
Még annál is jobb a friss tiszta levegő.

d10.jpg

新しい生命が、ここにも。
生まれたての柔らかなからだを
大切にそっと抱きかかえる。
目も開かないほどの小さなイヌに、
息子もおそるおそる手を伸ばした。

Van itt is új élet,
Szépen, óvatosan tartja a frissen született puha testét.
A fiam is félve odanyújtotta a kezét.

barni.jpg

村中が木々に包まれる、ドボイ。
鮮やかな若草色の木々の向こうには、
村のあちこちで花開く白やピンクがうっすらと浮かんでいた。

Dobolyban az egész falút betakarja a sűrű erdő.
Az élénk zöldszín között
halványan látszanak a fehér és rózsaszínű fák.

IMG_6434.jpg

すっと伸びた茎の先には、
深い紫色の花びら。
こんなに小さいのに、
しっかりと背筋を伸ばして堂々としている。

Egyenes száron mély lilla szirmok.
Egyenesen tartva magát büszkén áll,
pedig milyen kicsike.

d15.jpg

なんて鮮やかなピンク色。
トランシルヴァニアの村に咲いた、
和菓子のお花。

Milyen világos rózsaszín!
Egy erdélyi falun élő japán édességvirág (wagashi)

wagashi.jpg

ツクシのように、天に向かってまっすぐに咲いたお花。
野の花は、たくましい。
インクにしたいような美しい藍色。

Az égre néző egyenes virágocska, mint a zsurló,
kemények a vadvirágok.
Tiszta, sötétkék szín...
Ha tintát vonhatnánk ki belőle!

IMG_6418.jpg

気がつくと息子の手には、花がいっぱい。
そっと目で愛でるだけの日本人に比べて、
ヨーロッパ人はちぎって、隅々まで見ないと気がすまない・・・
という話を聞いたことがある。
それによると、息子は完全にヨーロッパ型のようだ。

A kisfiam keze tele van virággal.
Úgy hallottam,
hogy a japánok messziről gyönyörködve szeretik a virágokat,
az európaiak pedig szakítják, kézbeveszik, megvizsgálják...stb.
Eszerint a fiam az utóbbihoz tartozna.

d4.jpg

こちらは庭に咲いたチューリップ。
フォークアートでも、チューリップのモチーフは圧倒的に多い。
ハンガリー人は、どうしてこんなに好きなんだろう。
太陽に透かしてみると、いまにも動き出しそうな気がする。
チューリップの歌声が聞こえてきたら、
どんな音だろう。

Ez egy tulipán a kertben.
A magyar népművészetben is gyakori a tulipán motívuma.
Miért szeretik vajon annyira a tulipánokat a magyarok?
A nap mögött látom, úgy mintha mozogni akarna.
Vajon milyen hangja lenne, ha énekelne?

d13.jpg

ドボイの村はこうして、ゆっくりと日が暮れていった。
ゆったりとした時間、
あふれるほどの自然のにおいをかいで・・・。

Így telt a nap Feldobolyban.
Lassú, nyugodt, tele idő,
a természetet megszagolva....

d16.jpg



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
Ha tetszett a blogom,
kattintson ide!→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-05-13_23:34|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
>ヨーロッパ人はちぎって、隅々まで見ないと気がすまない
そうなんだ。
知らなかったよ。
ちぎった後は家に持ち帰って飾るのかな?

綺麗なお花を沢山見られて目の保養になりました。

生まれたばかりのワンちゃん、可愛いね。
何の犬なのかな?

お家、まだ完成にはなっていないんだね。
沢山木があるからまだ時間がかかりそうな感じだね。
でも、家が出来上がるまでの過程も楽しいね。
Re: No title
なちゅさん、いつもコメントをありがとう!

ちょっとした文化の比較なんだけど、
医学にしても、人の体を外から見て治す東洋医学と
解剖が発達した西洋医学の違いにも
表れていて面白いなあ、と思いました。

春は植物に動物、
すべてが生き生きしていて、美しいです。
イヌは多分、雑種。
こちらは放牧が盛んだから、
おそらく猟犬の系統だと思います。

家は、これからどう進むのか・・
私も検討がつかないのだけれど、
まあのんびりと進めていきます。
家ができたら、ぜひ遊びにきてね!
本当に
草のにおい、花の香り、そして風のにおい・・・
空気が伝わってくるようです。

自然いっぱいの日々を拝見して
本当に心が和みます。。
Re: 本当に
Tibiさん、遠く中国の地にまで
この自然が届いて嬉しいです。

冬が長く、植物や生物の息吹が恋しかっただけに
こうした春の風景のひとつひとつに目を凝らし、
耳を傾けてしまいます。

いつまでも、この新鮮な感動を忘れないで
毎年春が迎えられるようにしたいです。
人を感動させるものは、特別な風景ではなく、
どこにでもある些細な、ほんの小さなことなのでしょうね。