トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

5月の緑に包まれた日

うららかな陽気の5月。
友人家族に誘われて、
いつものキャンピングカーで村へと向かった。
ボロシュニョーは、小高い丘に囲まれた小さな村。
大きなセーケイの門が、出迎えてくれる。

borosnyou1.jpg

向かってくる馬車をとめて、
乗せてもらう。
乗っているのは、
近くの村から応援にやってきてくれた友人のようだ。
「 ほら、しっかりつかまって!」
シートベルトも、座席もない馬車では
気をつけないと振り落とされそうだ。

IMG_6683.jpg

大人4人、子供4人を乗せた馬車は、
村をゆっくりと走る。
つややかな馬の毛並みには、汗が光っていた。

IMG_6686.jpg

村のはずれの十字架のところを曲がって・・・

IMG_6695.jpg

目指すは、あの丘の上の森。
「 あの右側一帯は、私たちのものなのよ。」とエンツィ。
ここからは畑道なので、
ぼこぼこにゆがんで固まった道を、
右へ左へ揺さぶられながら進んでいく。
もう、今にも横倒しになりそう。
あっと、声を上げてしまう。

borosnyou2.jpg

力をふりしぼって、
なだらかな斜面を登りきってしまうと、
もうそこは森の入り口。
やわらかなヘーゼルナッツの葉っぱ、
ふわふわの綿毛が風で静かになびいていた。

IMG_6708.jpg

緩やかな坂道は、
ふかふかの緑のじゅうたん。
子供たちは、つぎつぎに坂を転がり始める。

IMG_6715.jpg

遠くから、また馬車がやってきた。
今日は、森で木を切るためにやってきたようだ。

IMG_6721.jpg

一点の濁りもない青空に、
若草色が迫ってくる。
緑が、こんなにも明るくて
力強い色だったなんて・・・。

IMG_6724.jpg

ご褒美の干草を食べている馬たちを過ぎて、
いよいよ森の中へ。

IMG_6725.jpg

不意にひんやりと涼しい空気とともに、
柔らかな太陽の光が差し込む空間が現れた。
落ち葉をカサカサと踏みながら、
緑の天井を眺める。

一箇所だけ、小さな庭ができていた。
限られた光をすってひっそりと生きている植物たち。
その色もかたちもなんて、
神秘的なんだろう。
背を向けていると、
おしゃべりでもし始めるのではないかと思うくらい。

IMG_6737.jpg

体がすっかり冷えてきて、
もう寒いくらいになったところで
また太陽の世界へと飛び出す。
「 はやくボロシュニョーへ行こう。」とせかす子供たち。
彼らにとってのボロシュニョーとは、
自分たちの家と庭だけを意味するようだ。

IMG_6752.jpg

3月の末に来たとき(→)とは、別世界。
誰も世話をしないのに、
木々は葉をびっしりと茂らせ、
花たちは色とりどりに咲き、
甘い香りで庭を満たしていた。
ご主人をずっと待っていたのだ。

5月の花といえば、ライラック。
やさしい薄紫の小さな花の集まり。
甘くさわやかな香りのする花は、
母の日の象徴でもある。

IMG_6767.jpg

クサボケの花。
こちらでは、日本のマルメロ(カリン?)と呼ばれる花。
作り物のような、キッチュで可愛い色。

IMG_6770.jpg

タンポポを見ているうちに、
あの冠を作りたくなってきた。
子供たちにたくさん集めてもらって、
編みはじめる。

IMG_6771.jpg

お姉ちゃんのボローカには、
タンポポに、忘れな草や紫色のお花を混ぜて。
ほら、春の女王様のできあがり!

IMG_6781.jpg

息子には、タンポポにスイセン、
スズランに忘れな草を混ぜて・・・。
こちらは、春の王様。
香しいにおいが、ここまで運ばれてくるでしょう。

IMG_6777.jpg

クサボケの紅色がキュートな冠は、ボギに。
豪華なお花の冠に、首飾り・・・
春のお姫様そのもの。

borosnyou4.jpg

野の花に庭の花を混ぜ合わせて・・・
村だからこそできる、
なんて贅沢な遊びなんでしょう。

IMG_6810.jpg

動物の鳴き声が聞こえてきたので行ってみると、
ヤギの子供たちが迷い込んできたようだ。
群れからはぐれて、
心細そうに「メェー」となくのを聞いていると、
子供が泣いているのと同じよう。

borosnyou3.jpg

子供たちが近づくとおびえて逃げてしまった。
お隣との柵が、壊れかけてしまったので
入ってきてしまった様子。

IMG_6804.jpg

隣の家にも花がいっぱい。
一年でもっとも美しい季節。
どこの庭も、世界で一番美しいところに見える。

IMG_6805.jpg

夏は、庭で料理をして食べるのが
村のよいところ。
ジャガイモをたっぷり入れた煮込み料理。

IMG_6838.jpg

加勢にきてくれた男性衆も、子供たちも・・・
木の陰にテーブルを運んで、
みんなでお昼ごはん。
日陰にそよ風が吹くと、まだ肌寒いくらい。

IMG_6847.jpg

春の冠は、すぐに形を変えてしまった。
はかない花のいのち。
だからこそ、あれほどまでに
光り輝いて美しく映るのだろう。

IMG_6816.jpg

これから、春から夏へと移行していく
トランシルヴァニア。
どんな出会いが待っているのか、楽しみである。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(3)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-05-18_22:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

長い長い冬の寒さを乗り切ったから緑がよけい美しく見えるんだね。
春先に見る緑ってなんであんなに生命力に溢れてるんだろうね。
私もヨーロッパの春先に黄緑から緑に変わる木々を見るのが楽しみだったなあ!!
Re: タイトルなし
なるみちゃん、
コメントをどうもありがとう!

宮崎のような常緑の地方では
こんな気持ちはきっと分からないでしょうね。
本当に冬の厳しさ、
寒さがあってこその春夏です。

今のうちに太陽の光をいっぱい浴びて、
花の香りをかぎ、
緑の大地を踏みしめたいと思います。

大樹も、相変わらずお花を摘んで
楽しんでいるよ!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます