トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアで生け花(ウドヴァルヘイ編・後)

生け花のデモンストレーションも
一日目が無事終わった。
目が覚めたのは、
隣村のレンジェルファルバのペンション。

好奇心が人一倍旺盛なダンナは
早起きして、町まで歩いていくことに。
私と息子、お客様の梨花ちゃんは、
滞在客の人とタクシーで
快適に旅をした。

朝日をバックに、セーケイの門が
美しく照らし出された。
朝の散歩をかねて出かけたダンナは、
ほかにも生け花用の植物も採集したようだ。

IMG_7425.jpg

私たちは、
町のケーキやさんで一服。
トランシルヴァニアにしては、豪華できれいなケーキを前に
迷うこと5分あまり・・・
やっと決まったケーキを食べていると、
結婚式の花嫁さんや参列客らしき
グループがぞろぞろと入ってきた。
ジプシーの人たち。
花嫁衣装は、普通の白いドレスでがっかり。

約束の11時前に公園に到着。
その日は民俗舞踊のステージがあるため、
しばらく遅れるようす。

息子は、サボテンを買ってもらって大喜び。
お客様の梨花ちゃんと、
遊んでもらってご機嫌そう。

udvarhely6.jpg

この公園が心地よいのは、
大きなクリの木が屋根のように
覆っているから。
大きな葉っぱが層になって、
照らし出される。

udvarhely13.jpg

ヴァイオリンの音にみちびかれて、
民俗舞踊がはじまった。
ウドヴァルヘイ周辺の踊りだろうか。

udvarhely8.jpg

ハンガリーのダンスは、男女ペアの踊りが多い。
ルーマニアは、円になって踊るのが一般的のようだ。

udvarhely9.jpg

これは珍しい、ワインを頭にのせた踊り。
落ちないのは、姿勢がまっすぐだからだろうか。

IMG_7450.jpg

白い衣装にハッとさせられる。
太陽の光が透けて、何て美しいのだろう。
回ると、ペチコートがちらりとのぞいて
これもまたきれい。

IMG_7454.jpg

大きな拍手で幕を閉じた
フォークダンスのあとは、いよいよ生け花。
「 君たち、日本人なんだから出来るでしょう。
  代わりにやってよ。」と頼まれるも、
私たち現代の日本女子には、生け花の教養なんてない。

仕方なく、ダンナは舞台に上がった。
生け花の理論を、くだいて説明している。

IMG_7473.jpg

今朝の散歩で見つけた葉っぱを
一枚一枚はがして、生けると効果的になった。
まるで白鳥のよう。

udvarhely11.jpg

昨日よりも
だいぶん落ち着いている様子。

IMG_7476.jpg

せっかくの葉っぱを取って、
もう一度さしなおす。
これで、完成。

IMG_7479.jpg

昼食の後は、バスターミナルへと急いだ。
バス停で待っていると、
妙なおじさんがやってきて、
「 ウドヴァルヘイへようこそ。
 ここはなあ、ハンガリーよりもホントのハンガリーなんだ。」
と据わった目をしていった。
どうやら酔っ払いのよう。

ふとターミナルの中を見てみると、
あれ?中にもバスが見える。
まさかと思って、中に駆け込んだ。
「 停留所、エスプレッソ」という不思議な看板。

udvarhely12.jpg

カウンターがバス!
中にはお姉さんが立っていた。
後ろのポールには、
近郊の町の名前と距離が示されている。

IMG_7512.jpg

バスの中そのものの部屋。
座席といい、網棚の上のトランクといい・・・
かなり凝っている。
しかもおしゃれな若者たちでなく、
場末の酒場のような客層だからいい。

IMG_7513.jpg

私たちは、またバスに揺られて
3時間の道のりを帰っていった。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(12)|trackback(0)|イベント|2009-05-29_06:34|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

白い衣装を着て頭にワインを乗せてのダンス、
光があたると衣装やワインにも光が入って
ちょっと幻想的な雰囲気になりそうですね♪
直接見ることができたら・・・・きれいでしょうね(^^)

そして旦那様の生け花素敵ですね。
私もやはり生け花は習ったことがなく・・・・・。
オランダに来て花が身近になって
「やっておけば良かったなあ」と思いました。

バスのカフェ、
見た目のかわいらしさというかお洒落さと客層があっていない
それがまたいいですね(笑)




Re: タイトルなし
コメントどうもありがとうございます!
民俗舞踊はやはり、音楽がないと
雰囲気が伝わらないですね。
普通はしまのベストにスカートが
セーケイの衣装なのですが、
この白い衣装もまた素敵だなと思いました。

生け花もお褒めいただいて、
ありがとうございます。
野原にはあれだけきれいな花でいっぱいだから、
生け花ができるといいですよね。
自己流でもいいかもしれません。
私も始めてみようかな。

バスターミナルの酒場は
本当に意外でした。
西ヨーロッパならまだ分かりますが、
共産主義の面影を残す、
バスターミナルにあんなハイカラなものがあるなんて。
時間があれば、いっぱいお茶したかったです。
すごい、生け花!
やっぱり旦那さん器用だね!!
男の人が生けたとは思えない可憐な感じがかわいい。
外国で日本文化を伝えられるって素敵なことだね。
私も何か身に付けていかなきゃ・・・・。

ポップな感じのカフェもかわいいね♪
ぜひ中でお茶してみたい。

よくブログで紹介されてるセーケイの門、実際に見てみたいな~。
伝統的なものに囲まれて生活しているTulipanさんがうらやましい。
息子くんもいつも幸せそうな笑顔でなにより☆
先日は私の拙いブログにご訪問下さりコメントまで戴き
ありがとうございました。

Tulipanさんの子供たちとトランシルヴァニアの人々や風景への
愛情が写真や文章に込められてとても素敵なブログですね。

生け花の心得のある旦那様とても素敵です。

これからも時々訪問させていただきます。
よろしくお願いします。
同じルーマニアといっても、本当に雰囲気が違いますね。バスのカフェなんて、ルーマニアとは思えない。是非、遊びに行ってみたい。
そして、とくに、民族衣装が可愛いくて・・・。これで踊るダンスもきっと私がこちらで見ることのあるダンスとは違うんでしょうね。

旦那様、すごいですねぇ、生け花。剣山から作られたとか。
本当に器用!!
これから、あっちこっちで生け花を頼まれそうですね。
Re: タイトルなし
Sachieちゃん、ありがとう!

生け花のデモンストレーション、
なんとか形になりました。
本当は、ここの野の花でしたら素敵なのでしょうけれど、
観葉植物の博覧会なので
こんな感じになりました。

そうそう、日本文化どんな小さなことでも
いいから知っておくといいよ。
私もいまさらながら、着付けも出来ないし、
生け花、習字もできないし・・・
後悔しています。

セーケイの門、
時代を感じさせる古くてがっしりした形。
これもハンガリー人が
ウラル山脈からもたらした文化とも言われるほど
起源が古いもののようです。

留学の準備、大変だろうけれど
がんばって!
こちらで会えるのを楽しみにしています♪

Re: タイトルなし
gonta さん、
どうもありがとうございます!

遠く離れて生活していらっしゃる
子供さんたちへのあたたかなブログ、
私こそ楽しく拝見させていただきました。

私の住む地方も、
厳しい寒さのせいでしょうか、
どこか日本の東北地方のような雰囲気があります。

クルージ・ナポカで留学されている
お嬢様にもどうぞよろしくお伝えください。
Re: タイトルなし
マリチカさん、ご訪問をありがとうございます!

同じルーマニアでもまた、
全然ふんいきが違いますね。
それだけルーマニアが歴史的にも
民族的にも複雑で、変化に富んでいるということなのでしょうね。

私はトランシルヴァニアのハンガリー系の
コミュニティーの中にいますので、
逆にルーマニアの部分を知りません。
マリチカさんのブログにも教えていただいて、
これからもっと触れて生きたいと思います。

生け花の特技が役に立ってよかったです。
三年間、日本に滞在した甲斐がありました。
旦那さん、生け花なんてできるの!
すご~い!
しかもセンスあるね~。
ビックリしたよ。

バスのお店はまたまたすごいオシャレだね~。
しかも、凝ってるね~!
私も行きたい!って思ったよ。
Re: タイトルなし
なちゅさん、どうもありがとう!

生け花の知識が役に立って、
よかったです。
センスある?ありがとう!

日本のこと、自分でも
もっと勉強しておけばよかった。
今出来るのは、わらべうた、日本語を
教えることかな。

なちゅさんが遊びにきたら、
この町にもぜひ連れて行くね。
バスの酒場で、お茶しましょう!




相変わらず素敵な文化の中で生活しているね。たいくんの笑顔もgood☆
日本にいると忘れてしまいそうな大事なものが、ルーマニアではきちんと受け継がれているんだね。
このブログを見ていると、便利な世の中になったけど豊かな心は絶対に忘れてはいけないと誓う今日この頃です。
それにしても、Bの生け花センスいいねーー。
Re: タイトルなし
なるみちゃん、どうもありがとう!

生け花の写真、送ってくれて助かりました。
おかげさまで、3日間なんとかできました。
こんな機会でもなければ、改めて
生け花をすることもなかったと思います。
来年は、大樹に生け花デビューをさせたいです・・・。

こちらも社会がだいぶん変わってきているけれど、
まだまだ古いもの、よいものを受け継ごうという気風は
残っていると思います。
特に、少数民族だからなおさらかもしれません。