トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

アールコシュ村の5月の遠足

5月の半ばに、ブログを通じてお知り合いになった
お客様がみえたので、
昼ごろにアールコシュ行きのバスに乗った。

やってきたのは大型の観光バス。
ここトランシルヴァニアでは、バスや電車、市電などが
西欧諸国からのお古であることがすくなくない。
このバスにも、テレビ搭載などとフランス語で書かれていた。

10分ほどですぐにアールコシュにつくと、
すぐに友人宅へと向かった。
アールコシュ村のゾリといえば、
この辺りで知らない人はいないほどの有名人。

何で有名かというと、
古いものは何でも集めてしまうというコレクション癖から
収集が始まり、今では個人の博物館を作ってしまうほどである。
庭には、雑穀機や墓石など
あらゆる古きうつくしきモノで埋め尽くされる。

私たちを見ると庭仕事の手を休めて、
すぐに炭酸水やお菓子でもてなしてくれる。
大きなくるみの木の下に、
古い臼をテーブルにしてくつろいでいると、
生まれたばかりの子犬を抱いてきた。

arkos10.jpg

愛犬ジョーフィが産んだ、ちいさな子どもたち。
イギリスのシャパード犬同士を掛け合わせても、
この種が生まれる確立は低い。
4匹のうち、一匹だけが明るい茶色をしている。

慣れない手つきで子犬を抱く息子。
後ろには、ゾリが自分で建てている家と雑穀機が見られる。

arkos18.jpg

ヨーロッパで森へ行ったことがないというお客様のために、
遠足をしに行くことになった。
さあ出発と思ったら、
大きな犬にびっくりした息子が
ズボンにお漏らしをしてしまった・・・。

仕方なく、下は裸ん坊になる。
長いTシャツでよかった。
村のはずれは一面の原っぱ。

arkos11.jpg

アールコシュのシンボルである
ユニタリウス派の教会。
トランシルヴァニアには、このような要塞教会が
数多く見られる。

IMG_7257.jpg

こんなに可愛らしい野の花を見つけた。
まるでピンク色の冠をかぶっているみたい。

IMG_7263.jpg

「 わあ、緑の海だ!」
風がそっと表面をなでると、小波が立つようである。
なんてやわらかな色合いの緑なんだろう。
大麦の海にそっと触れてみたくなった。

IMG_7260.jpg

じりじりと太陽の光が照りつける中、
上着を脱ぎ、汗をかきかき
やっと森の入り口までたどり着いた。
いつものパパの肩車なしに、
3kmほどの道のりをがんばって歩いた息子。

IMG_7272.jpg

この野原の色を緑と表現するには、
あまりにもぶっきら棒だろう。
日本の野原との色の違いは、
きっとこの乾いた感じ。
この乾いた大地からくる茶色がかった色が、
緑にある種のやわらか味を与えている。

IMG_7274.jpg

森の中に一歩足を踏み入れると、もう別世界。
ひんやりと湿った空気が肌に絡みつき、
落ち葉のじゅうたんの中では
鳥の歌声が響いている。

IMG_7288.jpg

愛妻ジョーフィを枕に、一休みをするゾリ。
気持ちよさそう・・・。

IMG_7283.jpg

こんなとき、普通は毛布を下に引くのに・・・
落ち葉のじゅうたんに座った、
息子のお尻は大丈夫だろうか?

IMG_7285.jpg

今日の収穫物。
花束を満足そうに見つめている。

IMG_7287.jpg

ふと虫に刺される感じ・・・
やっぱり、蚊が寄ってきたようだ。
私たちはとにかく、下半身裸の息子のために
引き上げることになった。

また外の世界へでてきた。
息子は最近はやりの、遊びで周りを驚かす。
「 見てみて、角が生えちゃった。」

arkos16.jpg

本当に、鹿みたい・・・。

arkos20.jpg

不意にジョフィが、ある茂みに向かって
しきりに顔をつついている。
ワンワンと・・・ほえ始めた。
ただ事でない雰囲気に、一同じっとそのほうを見つめる。

ゾリは、「 そこに蛇がいるんだ。1mくらいの長いやつが。」と
目を茂みから離さずに言った。
「 ジョフィ、噛め!やっちまえ!」とけしかける。
その闘争すること、20分あまり・・・

やっと、相手が姿を現した。

arkis16.jpg

ものすごい牙をむいたまま、動かない・・・。
最後は棒切れで、ゾリが突付いて片がついた。

IMG_7300.jpg

その白黒の鮮やかなもようの蛇は、
まん中の辺りが不自然に膨らんでいる。
丸呑みにしたカエルが、入っているようだ・・・。
「 蛇の皮を早くはがないといけないから、急いで。」
とけしかけられ、重い足に鞭打って進む。

IMG_7303.jpg

道行く人に、「 これ、触ってみる?」などと冗談を言いながら
村を歩くゾリ。
大きな蛇に、皆おどろく。

arkis17.jpg

とある民家の中庭へと入り、
蛇を横たえた。
ナイフで切れ目を入れると、
大きなカエルがそのままの形ででてきた。
カエルは動かなかった。

IMG_7308.jpg

それから、どうなるのかと期待していたら
蛇をドラム缶へ投げ込んでしまった。
「 俺は、蛇の皮なんかはいだことない。」という家の主人に、
返す言葉もなく家を出た。

アールコシュ村の要塞教会を横切って、
またゾリのうちへと帰っていった。

IMG_7309.jpg

半日だけの遠足にかかわらず、その内容は濃いものだった。
トランシルヴァニアの生きた緑に触れることができた、
と評してくださったお客様。

一度きたら、きっとまた何度も来たくなる
魅力でいっぱいのトランシルヴァニア。
10年前の私がそうだったように、
きっとたくさんの人をも虜にすることでしょう。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(5)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-06-06_16:52|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
いつも楽しく拝読しています。

ヨーロッパの緑は、本当に乾いた色をしているね。
こちらは、梅雨に入り、一雨ごとに緑が力強さを増しています。
うちの庭の草も伸び放題です。
ハンガリー語にも、『雑草』という単語はあるのかな?
草花を愛する大樹君が聞いたら、怒りそう。

鹿の角は、どうやってつけてるの?
こうたにも、やらせてみたい!


嬉しい!
ひろこちゃん、コメントをどうもありがとう!

ほんとう、同じ緑でも
日本は緑が雨で潤っている感じ。
こちらはもっと複雑で乾いた色をしています。
もう8月になると秋のように、茶色味をおびてきます。

雑草って、Gyomnovenyかなあ。
そう去年こんなことがあって、
大樹が花をもって歩いていて、
村のおばあちゃんに見せたら、
「まあ、この雑草め!」と言ってポイされたから、
本人はとても傷ついていた・・・。
村の人にとっては、「にくき雑草」なんだろうね。

シカの角はね、
長くてふたまたの枝を見つけて、
えりのところに入れるだけです。
いつかこうた君、弟さんといっしょに
シカやって欲しいね☆
大樹君、可愛い~!
本当に鹿みたい!

生まれたての子犬も可愛いね~!
一匹の大きさはきっと小さいんだろうなぁ~。
写真見てると抱っこしたくなっちゃうよ~。
シカ
子どもって、ホント面白い発想しています。
日本では、カブトムシかもね。
いつか宮崎に帰って、見せてあげる。

なちゅさんは、本当に
動物好きなんだね。
生まれたては何だってかわいい。
もう次に見るときには、
大きくなっているんだろうなあ・・・。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。