トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セントキラーイでワラの家作り

ここトランシルヴァニアでは、
最近、町から離れて村で生活しようとする人が多いらしい。

私たちもそのうちの一組で、
フェルドボイに昨年夏から、
のんびりと家を建てている。(ただいま少し放置状態・・・)

友人のブラーガ一家は、
町のすぐ隣の村セントキラーイの森の入り口に
土地を買った。
そこに建てようとしている家は、電気なしのエコ住宅。
昔話で聞いたことのある、ワラでできた家である。

今年の夏じゅうに出来上がるようにと、
意気込んでいる。
ダンナと手伝いに、その土地へと向かった。

セントキラーイはドボイのように、
山に面した村。
村の教会を通り過ぎると、道はもうない。
原っぱをガタガタいわせながら進んで、
森の入り口に到着。

大きく積み上げられた干草が目印。
これがどんな風に家に使われるのか、
楽しみである。

IMG_7518.jpg

早速、作業がはじまった。
丸太を板にきったものを
丁寧にならべて乾燥させる。

kiraly1.jpg

それとは別に、丸太の皮をはぐ作業もある。
のこぎりみたいな道具で、
木の皮の表面をけずりとる。
切ったばかりの湿った木なら、
簡単に皮がはがれていく。

私も挑戦してみたのだが、
一本分だけで汗びっしょりになった。
表面は丸いし、枝のあとなどでは
なかなかちょうどいいところで止まってくれない。

きれいに削った木は、
子どもたちの遊び道具になっていた。

IMG_7576.jpg

その日は、カニクラと呼ばれる猛暑日。
子どもたちは、裸同然。
カラッとした空気なので、日陰なら涼しいはずなのだが、
あいにく土地にはまだ一本の木も生えていない。

kiraly3.jpg

原っぱには、そこらじゅうが野の花だらけ。
カモミールの葉っぱ、
ペパーミントの葉っぱからはさわやかな香りがただよう。

IMG_7574.jpg

やっと間に合わせのテントが出来ると、
ほんの少しの影でもだいぶん違う。

IMG_7577.jpg

もう太陽の光もだいぶんやさしくなった。
7時ごろでも、まだこんなに明るい。

IMG_7563.jpg

皆で森のほうへと散歩に出かける。

IMG_7581.jpg

モミの新芽はもう、こんなに伸びている。
今年は、モミのシロップを作りそこなってしまった。

IMG_7586.jpg

林の向こうは、もうなだらかな丘、丘、丘・・・・
私は丘が大好きだ。
そのやわらかくくねった表面を、
そっとなでてみたくなる。

IMG_7592.jpg

2家族そろって、写真撮影。

kiraly4.jpg

丘のすぐふもとの谷間に、セントキラーイの村が
すっぽりと収まっている。
しばし、その風景に見とれていると
今日の猛暑も、労働もうそのように
消えてなくなるようだ。

IMG_7601.jpg

その丘を下っていると、
向こう側にちょうど家畜が下ってきているところ。
急げば、まだ間に合うかもしれない。

kiraly6.jpg

小高い斜面に陣取って、
家畜の群れがやってくるのを待つ。
ほら、見えてきた・・・。

IMG_7618.jpg

はじめにヤギの群れが一かたまりになって下りてきた。
それから牛たちが続く。

IMG_7619.jpg

早く家へ帰りたくて急いでいるのか、
それとも何かを怖がっているからか・・・
駆け足で行ってしまった。

kiraly8.jpg

色とりどりの動物たちが、
あっちからもこっちからも・・・
その光景は圧巻。

日の入りまえの涼しい空気につつまれる。
カランカランと高く響くすずの音、
牛や馬の歩む音・・・
これが村の一日の終わり。

目にもうつくしいこの出来事が、
トランシルヴァニアの村では日常なのだ。

kiraly9.jpg

一歩一歩をふみしめながら、家路へと急ぐ牛たち。
この賢い動物は、自分の家の門をみると
ちゃんと中へ入っていく。

IMG_7633.jpg

動物たちを見送ったあとで、
村のはずれにある石橋を見に行く。
なんでも19世紀に作られたもののよう。
細長く、きれいなアーチ型を描いている。

kiraly10.jpg

一つ一つが手でしっかりと積まれたことが
見て取れる、手作りの橋。
こんなちいさな村の端っこで、
ずっと村人たちの暮らしを見守っていたのだろう。

IMG_7647.jpg

村を横切って、
教会をすぎて再び野原にでてきた。
一日の終わりの野原の色は、
どこか神秘的である。

IMG_7654.jpg

冠をかぶった天使みたいな花も、
虫たちもやがて眠りにつくだろう。

IMG_7660.jpg

セントキラーイの野原も
闇に包まれていく・・・。




トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-06-06_23:47|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

何となくあこがれます、そういう生活。
でも、自分では出来ないと思うのです。
なので、tulipanさんのブログで疑似体験をさせてもらっている気分です。
そして、ワラぶきの家ができるのが、楽しみです。どんな感じになるのでしょうか、ちょっと想像がつきません。
Re: タイトルなし
マリチカさん、どうもありがとうございます!

私も想像できません。
伝統的な民家を真似るのではなく、
オリジナルの家を作るそうです。
日本の囲炉裏にも興味をもっていたので、
ひょっとしたら取り入れるのかもしれません。

人それぞれに、自分に向いた生活、
場所を見つければいいと思います。

共産主義時代に、たくさんの人を村から町へと引きずり出し、
その反動が出ているのでしょうか。
村で若い人が生活できるようになるといいです。

セーケイの姓名順
調べごとでたどり着きましたが、感動してサイトに見入っていました。

お尋ねさせてください。
・Zoltán Kelemenらをカナで書きたいのですが、姓名順に迷っています。セーケイ人の姓名順は姓・名か名・姓かどちらが一般的なのでしょうか。姓・名の順の場合ルーマニア代表となっても姓・名で妥当でしょうか。
Re: セーケイの姓名順
ipamiさま、はじめまして。
HPをご覧くださって、ありがとうございます。

セーケイ人、ならびに
ハンガリー人の姓名の順番は、
日本人と同じく姓が先にきます。

ただルーマニア国籍として、
他のルーマニア人と並べて氏名を書くとしたら、
やはり統一させた方がよいのではないかと思います。

名・姓順での読まれ方 Re: セーケイの姓名順
ありがとうございます。

カナ書きは音の転写になるのですが、名・姓順で書く場合はやはり綴りをルーマニア語的に発音されるのでしょうか。マジャル風の発音で順序だけ逆になるのでしょうか。
Re: 名・姓順での読まれ方 Re: セーケイの姓名順
多分、ハンガリー語読みでいいと思います。
アルファベットをルーマニア語読み
できない場合もありますので・・・。
たとえば、Karolyさんでしたら、
ルーマニア文字にKもLyもないので、
読めませんし・・・。

順序だけ、名前、姓にして、
ハンガリー語読みをするということだと思います。
Re: 名・姓順での読まれ方
どうもありがとうございました。
Re: Re: 名・姓順での読まれ方
どういたしまして。
また何かありましたら、どうぞ。