トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニア、馬車の博覧会

5月の晴天のもとで
ここセーケイの文化を象徴する、
馬車にフォークダンス、
民芸品や職人の仕事が勢ぞろいした。

「私たちのハーロムセーク」というタイトルの
この馬車博覧会は、今年で二回目の試みになる。
いわば、ここハーロムセーク県(コヴァスナ)の各村の紹介
村おこしを盛り上げようというものだ。

マクシャ村から丘を上っていくと
ヴァイオリンの音とともにダンスのステップの音が響いてくる。
特設ステージでは、セーケイ地方の民俗舞踊が
盛り上がりを見せていた。

hsz1.jpg

はじめのテントでは、
民俗衣装に欠かせないブーツが販売されている。
今では、こんなに手の込んだブーツなど
なかなかお目にかかれない。
この美しいアコーディオン・プリーツの秘密が知りたいもの。

IMG_7708.jpg

木笛は、トランシルヴァニアの山のふもと
ジメシュ地方の音楽に特徴的。
シェーゲル・フェレンツという町でも有名な音楽家が
実演販売していた。

IMG_7709.jpg

こちらは馬のしっぽで編まれたアクセサリー。
触ってみると、ワイヤーのようにしっかりと固い。
この私の剛毛でも編めるだろうか・・・。

IMG_7712.jpg

パッタン、パッタン・・・という音は、
おばあちゃんの機織から。
昔は一家に一台あった機織も、今では珍しくなってしまった。
ハギレや毛糸を編んで作る、
カラフルなじゅうたんは今でも需要が大きい。

IMG_7715.jpg

こんなところに、ダンナの同級生が。
お父さんは、ハライの樽職人スーケ・ティボル(HPはこちら)。
ワインだるから、風呂おけに植木ばちまで作っている。
さっそく木製ジョッキで乾杯!
もちろん中は、空っぽ。

IMG_7719.jpg

おけの中の小さなお皿は何だろう?
友人いわく、
「 ほらヤギの乳を搾るときに、
 間違って入っていけないものが中に落ちてしまわないように・・・。」
なるほど、ヤギの糞をキャッチする入れ物のようだ。

IMG_7720.jpg

馬車の前でたたずむ、民俗衣装の男。
アールコシュ村の代表でやってきた、ゾリ。

hsz3.jpg

古いアイロンを使って、ここでしっかり宣伝。
アールコシュ郷土博物館とある。

IMG_7725.jpg

セーケイの門をバックに、
丸い自家製パン、自家製ソーセージにクルトゥーシュ・カラーチまで。
セーケイの特産品がずらり。

IMG_7746.jpg

ミコーウーイファルでは、結婚式のときに
こんなお菓子を作るそうだ。
細長い生地を揚げたものが、
木の枝にぐるぐるに巻きつけられている。
去年は販売もされていたのだが、今年は展示だけのようす。

IMG_7729.jpg

若い女の子男の子が、馬車の上で語り合う。
もうこれだけで絵になる感じ。

hsz6.jpg

見事な星とバラのモチーフの織物。
家庭で紡がれたコットンまたはヘンプ糸で
丁寧かつ細やかに織られている。
大変に手間のかかる仕事なので、
今はもう受け継ぐものもいない。

IMG_7744.jpg

今ではもうセーケイのシンボルともなった、
巨大なモニュメント。
太陽がかくれると、吹きさらしの丘は
上着が必要なくらい寒い。

IMG_7747.jpg

緑がもえる麦畑。
寒い冬がくる前に種がまかれ、
あの厚い雪と氷のなかでずっと耐えてきたから
丈夫に育つのだという。

IMG_7761.jpg

草のにおいに包まれて、
原っぱを下って歩く。
すると、青白くかがやく蝶を見つけた。
その幻想的な色合に、ハッと息を呑んで見つめていた。

hsz10.jpg

全速力で坂をかけぬけていく息子のうしろ姿が、
初夏の草むらの中に消えてゆく。
夏はまだ始まったばかり。

hsz9.jpg



トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


*ちょうど一年前、2008年の5月に行われた
このイベントの様子はこちらです。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|イベント|2009-06-14_06:44|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント