トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

山のふもとのジプシー村-ヘテ

「 ヘテのジプシーに会いたければ、
町の市場へ行けばいい。」
そういう話はどこからともなく、耳にはしていた。

電気が通ったのも10年ほどまえとのこと。
エルーパタクの奥にあるそうで、
文明社会から程遠い
昔のままの生活をしているということ。
とある写真家のハンガリー人がその村を訪ねたところ、
殴られたたかれ、
ほとんど身包みをはがされそうになって
散々な目にあって帰ったとのこと・・・

ヘテという村については、
常にそのようなエピソードを聞いていた。
だから青空市場の入り口で、
テーブルにキノコや薬草を広げて、
立っているジプシーたちを見かけても、
どこか遠い存在であった。
それに、彼らの日常会話がルーマニア語で
あるせいもあるかもしれない。

その日は
写真家のYUUMIさんの運転で、
町から西へと向けて車を走らせていた。
トランシルヴァニアのジプシーを撮影するべく、
3歳まえの子供さんと二人、
はるばる東京からやって来られたお客様。

「 まずは、ゆっくりと下見をするような感じで
ドライブでもしましょう。」
その提案にうなづいた。

エルーパタク、アーラパタク、ヒドヴェーグにブルン・・・
この地方には、ドイツ系のザクセン人の去ったあとに
数多くのジプシーが移住してきた。

6月の終わりの初夏の太陽がふり注ぎ、
むこうには深く生い茂った森、
道路わきの緑の丘には白いヒツジの群れが
まるで青空に浮かぶ雲のよう。

美しいドライブウェイを進むと
HOTELの看板の下に馬車が立ち並んでいた。
すぐに車を寄せる。

orko 080

ジプシー一家は、
みんなお洒落をしてどこかへお出かけだろうか。
縞のセーターの下には、
くるぶしまでの花柄スカート、
そしてチェックのソックス。
彼らのファッションは、
誰にも真似できない。

orko 083

女の子も赤でおめかし。

hete5.jpg

エルーパタクを過ぎて、
細い山道を見つけた。
これがあのヘテへと通じる道に間違いない。

いったんは通り過ぎたものの、
「 そのヘテという所へ行ってみましょうか。」
とYUUMIさん。
Uターンをして、その車がすれすれで入れる位の道を登っていった。

舗装のなでこぼこ道をゆっくりと行くと、
左には数知れないほどの野生の花がしげる丘、
右には崖・・・
その先にはどんな風景が待っているのだろう。
不思議とワクワクしてくる。

szentkiraly 159

あちらから馬車の姿が現れたので、
ぎりぎりまで車を寄せる。
すれ違う馬車の人に手を挙げると、
向こうも同じように挨拶を返してきた。

ひとつの馬車に乗っていた、
年寄りのおじいさんと、おばあさんに
道を尋ねた。
「 このまま、まっすぐだよ。」という返事にほっと一安心。

細い道を先へ先へと進むと
景色が開け、
目の前には小さな集落があった。

小さな橋を渡って車を止めると、
どこからともなく人が集まってきていた。

hete 1

つたないルーマニア語でなんとか会話をつなげて
村に興味があることを説明した。
その不安と好奇心の入り混じった瞳が
少しずつやわらかく、やさしくなっていく。

見回すと、家は数えるほどしかない様子。
「 何人くらい住んでいるの?」と聞けば、
「 200、300・・・とにかく、たくさんよ。」との返事。

窓がついていなかったり、
壁は中身が見えたままで
まだ建設中といった様子。

hete 4

「 教会はどこ?」と聞くと、
坂をのぼった先まで案内される。
廃墟のような建物の影からは、
ヤギが何匹か出てきた。
聞くと家が斜めになっているそうだ。

szentkiraly 124

広告でできた屋根。

orko 121

そばにいた子どもに
「 何歳?」と聞くと、
みな思ったよりもずっと年は大きい。
5歳の息子とそう変わらないのに、
8歳、10歳・・・と答える。

不意に低く険しいうなり声とともに、
何匹かの犬が狂ったように暴れだした。
思わず、息子の名を呼んでその姿を探した。
ジプシーの子どもたちと一緒に、
逃げ出した様子。

すぐに少年が、ムチで犬たちを打ちはじめた。
通りはもう、大騒ぎ。
手を打って喜ぶもの、
逃げてはみたものの楽しそうに眺めるもの。
その騒ぎが、まるで何かのショウのよう。

szentkiraly 141

呼び止められる声を聞いて、振り返ると、
いすに腰掛けた年配のおばさんだった。
よくお聞きなさい。
と諭すように話しかけた。

szentkiraly 150

「 この村にはね、
よそ者が何度もやってきたんだよ。
オランダから、ベルギーから・・・いろいろね。
悪いことは言わないから、
人の家の中に入るのはおよしなさい。
女性と子どもでこんなところに来るのは、本当に危ないからね。」

その日は、おばさんの忠告に従って
すぐに村を出た。

そして数日後。
ろくに言葉も通じない私たちに、
二度目はもっと喜びをあらわにしてくれた。
車から降りると、以前の警戒したような
表情はもう見られなかった。

orko 100

hete 2

orko 105

hete3.jpg

orko 129

一通り写真を撮って、
帰るときにこんな出来事があった。

私は息子の手をとったと思ったら、
実は村のジプシーの少女の手だった。
瞳には、驚きと喜びの色がさっと浮かんだ。
私は手をそのままつないでいると、
今度はもう片方の手を、
ほかの女の子が握ってきた。

気がつくと、私の横には
たくさんの女の子たちが並んでいた。

手のあたたかみ、ふれあいは
ときに言葉以上に人の心を通じ合わせる。
奇跡のような瞬間。
子どもたち、
みんなの手を握ってみたくなった。

別れの時には
私たちが車に乗り込むと、
窓越しにたくさんの瞳に包まれた。

orko 136

車がゆっくりと村を去り、
小さな橋をこえてずっと遠くへいくまで
どこまでも
子どもたちが車のあとを走ってついてきた。
走りながら手を振る子どもたちに、
いつまでも手を振った。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ










スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-07-14_15:40|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

不思議な物語を読んでいるような錯覚に落ちてしまいました。
最後は思わずこみ上げるもので胸がいっぱいになりました。

ありがとうございました
Re: タイトルなし
mojyao さん、はじめまして!
素敵なコメントをありがとうございます。

このヘテは、この付近の人ですら
いくことのないところです。
外部とあまり接触しないからこそ、
ある意味でピュアな部分が残っているのだと思いました。

言葉が通じなくても、
意外と人の心はちょっとしたことで
つながるものです。
手と手を触れ合わせたり、
ちょっとした笑顔のひとつでも
たくさんの言葉より多くを語っていることもある。
そんなことを教えてもらいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。