トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

7月のマーガレット畑

7月のとある日の夕方。
電話で呼び出しに出ると、
ブラーガ一家からのお誘いだった。

トランシルヴァニアの夏は日が長い。
子どもたちが昼寝から目覚めるのを待って、
セントキラーイに向かったのは6時ころだった。

車をジープに乗り換え、
原っぱの中を駆け抜けていく。
その野原の真ん中に、巨大なわらの山が見えてくると
もうそこはブラーガ一家の土地である。

Egy júliusi délután megcserrent a telefon. Felvettem,
Blágáék szoltak, hogy menjünk ki a most épülő szép tanyájukra.

Hosszú az európai nyári nap.
(Japánban akár nyáron is 7 óra után már sötétedik.)
Miután a déli alvásból felebrednek a gyerekek,
indultunk Szentkirályba.
Az óra már 6-ot mutat.

A kocsit egy terepjáróra váltva
tovább utaztunk a falu dombos határán.
Amikor megérkeztünk, egy óriási szalma kazalt láttunk
a vadnovenyek mezejen.

szentkiraly 037

野原の本当の美しさは、初めてでは分からない。
季節がひとつ変わるごとに、
新しい植物、花に囲まれるので、
飽きることがない。

むらさきの海の中に漂う、
白いくらげのような花を見つけた。

A vadmezőnek az igazi szépsége akkor
tünik elő, amikor már többször meglátogattuk.
Egy két hét alatt már
új növénnyekkel, virágokkal találkozunk.
Sose lehet megunni.

Megtalaltam a feher
mediuzas viragokat, a lila viragok tengeren.

iciripiciri19 256

子どもたちもそれぞれ、
楽しみを見つけた様子。
今回のお客さまの空くんは都会育ちで、
東京のアスファルトの中でしか歩いたことがない。

この大自然の中で、はじめは戸惑ったようすだったが、
野いちごのありかを教えてあげると、
一緒に草むらの中へ入っていった。

A gyerekek is jól feltalálták magukat.
A mai vendeg,
Sorakun( "Ege"t jelent japánul)
a nagyvárosi kisfiu,
csak tokioi aszfalt úton járt eddig.

A legelején nem tudta hova tegye magát
a nagy természetben.
Amikor megmutattuk, hol van a finom mezei eper,
felbátrodott es belement a mezőbe.

szentkiraly 045

もう日がかげってきたのに、
建設作業をはじめた夫婦。
丸太が土の湿気で腐らないように、
木の棒で押しながら避難させないといけない。
木の棒をかかえたり、持ち上げたりすると、
すぐに汗がひたいを流れ始めた。

Botiék elkezdtek dolgozni,
pedig már a nap lefele kezd dőlni.
A fa anyagot ki kell menteni
a föld nedvességétől,
úgy, hogy a fákat ruddal mozgatjuk,
Fa rúddal emelve dolgozunk,
az izadtság kezd folyni a homlokunkon.

szentkiraly 073

szentkiraly 047

作業がひと段落して、お茶を一服。
今のちょうど日没前が
一番美しい。

Elvégeztük a munkát.
Egy kávé szünet.
Most a legszebb pillanat,
amikor a nap le akar menni.

szentkiraly 051

ふと見ると、
これまではなかった白い畑。
近くへ行って、その正体を確かめてみよう・・・
その白かったのは、
マーガレットの花びら。
誰が植えたわけでもないのに、
ここ一帯だけマーガレット畑ができていた。

Megpillantottam egy fehér mezőt,
amit eddig nem vettem észre.
Közelébe mentem, hogy lássam mi az.
Akkor derült ki, hogy az a feher mind a
margaréta virágának szirma.
Egy nagy terület tele volt margarétával,
pedig senki nem gondozta,


szentkiraly 067

腰の高さほどもある、白い野の花に囲まれる。
町で売っているどんな花束よりも美しい。
なんて贅沢。

Körbevettek a feher vadviragok,
amelyek szinte a derekamig érnek.
Szebbek, mint a akármilyen városban kapható
kerti virágok.
Micsoda gazdag élet....

szentkiraly 070

こちらからだんだんと、
闇が忍び寄ってくる。
最後の力をふりしぼるように、
太陽はこれまでより
いっそう明るい光を投げかけている。

Az árnyék egyre jobban kezd hozzánk érni.
A nap az utolsó erejével
próbál még világosabb fényt adni a mezőre.

szentkiraly 081

やがて日は、森の向こうへと沈んでしまった。

Azután, a nap lemerült az erdő mögé,

szentkiraly 086

子どもたちはまだまだ元気。
息子とボギは、あの白いマーガレット畑へと
入っていった。

「 いち、に、さん・・・・じゅう。
 隠れてても、隠れてなくっても探しにいくよ。」
かくれんぼがはじまった。
子どもがしゃがむと、
白い花がすっかり覆ってしまう。

A gyerekek még mindig aktivak.
A fiam és Bogi belementek
a fehér virágmezőbe

" egy, kettő, három....tiz! Aki bujt, bujt, aki nem, nem, megyek!"
Megkezdődött a bujócskázás.
Ha lefekszik egy gyerek,
a feher viragok egészen betakarják.

szentkiraly 102 uj

一面の花畑のなかで、
子どもたちはまるで花の妖精のよう。
今の季節だけの花畑。
その贅沢な遊びを、
薄暗くなるまでずっと見届けていた。

Tele mezei virágokkal,
a gyerekek olyanok mint a virágtündérek,
Ez a virág mező rövid ideig tart.
Addig néztem azt a csoda játékot,
amig teljesen besötétedett a táj.

szentkiraly 107 uj




トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
(Ha tetszett a blogom, kattints ide!)
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|自然、動物|2009-07-24_22:09|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。