トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

かご編みジプシーの村

ジプシーの手仕事に興味があったので、
トゥルグムレシュから北に向かった村、
シャーロシュパタク(泥の川)を訪れた。

だいたいジプシーは村はずれに住んでいる。
ここでも、奥まった感じの通りを探して
中へ入ってみると・・・

思ったとおり。
外でたくさんの人が行きかい、小さな家が立ち並ぶ
ジプシー地区へきたようだ。

sarospatak2.jpg

車をとめて出てみると、
あっという間に人だかりができていた。
「 どこから来たの?」
「 何を探しているの?」と親しげで興味深そうな顔がずらり。

「 あなたたち、日本人でしょう。」と
元気のよさそうなおばあちゃん。
「 うちにも日本人がきたことがあるのよ。
 舞踊家を探しにきたんでしょう。」

ciganyi falvak 391

かご編みを見に来たのだと伝えると、
「 もうこの辺り、そこら中にあるわよ。」と指さす。
お年をきくと、たくましそうな指を折って数えた。
「 今年で、73歳よ。」

ciganyi falvak 392

この辺りの家の塀は低いので、
庭に腰をかけて仕事をする姿がすぐに目についた。
茶色っぽい、細長い枝の皮をカンナで削っているところ。

ciganyi falvak 385

奥では、小さなひ孫さんが
じっと仕事のようすを見ていた。

ciganyi falvak 387

散策してみると、
本当にどこの家でも茶色い木の枝が積んであったり、
かごを編んでいる姿が見られる。

こちらの家では、
先ほどの木の枝をいすに巻きつけているところ。
トンカチで上からたたいて押さえる。
ciganyi falvak 400

小さな男の子も、お父さんのお手伝い。

Clipboard07.jpg

出来上がりのいすは、こんな風になる。
ベージュと、レンガ色の組み合わせ。

Clipboard08.jpg

シャールパタク(泥の川)の名前のように、
にごった川なのだろうか。
子どもたちは、泥をボールのように地面にたたきつけて遊んでいた。

ciganyi falvak 405

あちらから、
かごをたくさん抱えてくる人たちがやってきた。
これから市場に出すところのようだ。
いまでも青空市場で買い物をするトランシルヴァニアでは、
この編んだかごは必需品。

sarospatak3.jpg

通りを車でまっすぐ進むと、
もう村のはずれに来てしまった。
馬車には、あのレンガ色の木の枝がいっぱい。
「 今、かまどで煮てきたところだよ。」

ciganyi falvak 415

村のはずれのジプシー一家。
たくさんの子どもに囲まれている。
この子たちも大きくなったら、
きっと両親、祖父母のようにかご編みをするのだろうか。

ciganyi falvak 420

村中が、ひとつになって作り上げるかご編みの伝統、
これからもたくさんの子どもたちが
受け継いでいくのだろう。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-07_20:01|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント