トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イェッドとの出会い

トゥルグ・ムレシュに暮らす素敵な一家と
約10年ぶりに再会した。
トランシルヴァニアのフォークダンス、
民俗音楽について第一人者である日本人男性。
そして、その奥さまは心優しいハンガリー人女性。
3人のかわいいお嬢さんに囲まれて
幸せそうに暮らしていらした。

ジプシー村について相談すると、
たくさんの村の名前が挙がった。
「 民俗衣装を着た、雰囲気のいい村を探しているんです。」というと、
ここから近いある村にこれから案内してくれることになった。

私たちが出たのは、もう夕方。
大人3人、子ども5人をのせたギュウギュウ詰めの車。
トゥルグ・ムレシュからの田舎道をいくと
イェッド村がすぐに見えてきた。

小さなお店の角を曲がって、
細い道をまっすぐ行く。
と、色鮮やかなジプシースカートをまとった女性、
赤やピンクのリボンと三つ編みの女の子たちが目につきはじめる。

「 ここで止めましょうか。」と車を寄せると、
もうすでにたくさんの村人が集まってきていた。
まだ耳慣れないロマ語で、
何をしにきたのだろうと話し合っているのだろう。

ciganyi falvak 281

ハンガリー語で写真を撮らせてもらいたいと伝えると、
ほほ笑みがすぐに浮かんだ。
民俗衣装をまとったジプシー女性は、
凛とした気品がただよう。

jedd2.jpg

男の子たちも、カメラを向けると
うれしそうにポーズ。

jedd4.jpg

ジプシー女性は、子どもを抱いていると
さらにその美しさが増すよう。
柄と柄との組み合わせの妙は、さすが。

jedd6.jpg

ちょっと酔っぱらい加減のおじいさんは、
若い女性の肩を抱いて、アピール。
結婚している女性は、みなこのようにスカーフで髪をかくしている。

jedd7.jpg

私たちが写真撮影の夢中になっている間、
息子は相変わらずのマイペースさで、
かたつむりの歌をうたっていた。

jedd`

家からも、私たち外国人の訪問を
ものめずらしそうに眺めている。

ciganyi falvak 309

それにしても、この子どもたちの数。
もう私たちの周りをくっついて離れない。
人懐っこい顔が、あちらにもこちらにも。
「 ねぇ、私を撮って。」、「 僕を撮って。」、「 あの、赤ちゃんを撮って。」
もうわけが分からない。

ciganyi falvak 294

八重歯のかわいい少女が抱いているのは、
でっぷりと太った赤ちゃん。

ciganyi falvak 302

サイズの合わないぶかぶかの服、
夏服にウールなどもいっしょになって。
こんなにも愛らしいのは
きっと気持ちがピュアだからだろう。

jedd9.jpg

車いすのおばあさんが、赤ちゃんを抱えている。
カメラを向けると、ただ静かに微笑んでいた。

ciganyi falvak 332

先ほどの少女が、お召しがえをしてやってきた。
夕日を浴びて、褐色の肌がかがやく。
黄緑色の鮮やかなスカートが、風のなかで踊っている。
そう、このスカートこそがジプシー女性の誇りなのだ。

jedd12.jpg

若々しいジプシーのカップル。
お腹をやさしくなでる母親は、
なんて幸せそうな表情。

jedd13.jpg

この小さな通りには頻繁に車が通る。
そんなときも、ジプシー女性たちは
すべての子どもを守るようにして脇に立つ。
カティが言った。
「 ここのジプシー女性たちに、
 母親になることを教わったのよ。
 どこの子どもでも、自分の子どものように守るでしょう。」
彼女たちがこんなに美しいわけは、
きっとここにある。

一日の終わり。
はじめての来訪者を、
こんなにもあたたかく包んでくれる村。
トランシルヴァニアの村に、
小さな宝物をみつけたような気がした。

jedd14.jpg



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。→にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-07_22:37|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント