トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イェッド村での生活

これまで訪れたトランシルヴァニアのジプシー村の中でも、
とくにあたたかな雰囲気の村、イェッド。

はじめて出会ってから、
二日後にまたこの村へ帰ってきた。
すぐに見慣れた、人懐っこい顔をみつけた。

小さな男の子を腕にいだく、女性。
「 私に仕事を探してくれない?」と困ったような
表情で聞いてきた彼女の名前は、ムンドラ。

子どもたちといっしょに緑の中で
ハイキングをしたいと話すと、案の定。
すぐにたくさんの子どもたちが、
私たちの後についてきた。

村のはずれのリンゴ畑のよこを上にのぼって、
森の方へと歩く。
途中、バッタをつかまえたり、
花を摘んだりしながら、
ゆっくりとお散歩。
息子はもう村の子どもたちの間に、
溶けこんできたようだ。

ciganyi falvak 458

真夏の日のした、
子どもをつれての散歩は楽ではない。
田舎道を歩きなれない、空くんも疲れ気味。
何メートルか遅れてくる
YUUMIさんたちの横で、だまって付いてきていたムンドラ。

日陰をみつけて、一休みする。
まだ2歳の子どもをひざに抱くと、
髪にかけていたスカーフをとって涼んでいた。

ciganyi falvak 459

丘の向こう側には、
真っ白な野の花がまるでじゅうたんのよう。

ciganyi falvak 453

森までは行き着かなかったが、
7月の緑の中で散歩を楽しんだ。
まだまだ元気があり余っている男の子たちは、
坂道を転げるように走ってゆく。

ciganyi falvak 472 

「 ジプシーの輪っか、知ってる?」と
次々に反転をやってみせてくれる。 

jeddkirandulas2.jpg




ムンドラが言った。
「 今日の昼過ぎに、村でお葬式があるの。
 昨日、29歳の女の子が亡くなって・・・。」
よそ者の私たちが参列してもよいのかと聞くと、
もちろんとの返事。

もうそのときには、この村で数日間滞在することを
心に決めていた。
そこで、ムンドラに頼んでどこか受け入れ先を
探してもらうことになった。

話はすぐについた。
隣のカティおばさんのところで、
泊まらせてもらうとのこと。
しっかりとした、見るからに信頼の置けそうな女性でひと安心。

それから、2時になった。
カティおばさんの跡をついて、その場所へと向かう。
ちょうど、馬車でお棺を運ぶところのようだ。

ciganyi falvak 497

たくさんの人たちが、通りから見送っている。
どうやら、村中の皆が参列する
というわけでもないようだ。

ciganyi falvak 500

棺の周りにいる、親族らしき人たちは黒服だが、
ほかの参列者は、いつもと同じ
あの色鮮やかな衣装のまま。

ciganyi falvak 505

ジプシーの住む通りをまっすぐ突っ切ると、
今度は角を曲がって
丘の上にある墓場へと入っていく。

ciganyi falvak 512

うっそうとした森の中。
ひっそりとした影に包まれていると、
何か心細くなってくる。

ciganyi falvak 517

もうここは、墓地の中。
ジプシーの墓はだいたいはずれにあるというのは、
村でも墓場でも同じ。

ciganyi falvak 521

やがて真夏の日差しが降りそそぐと、
丘の上にまでやってきたようだ。
ジプシーの行列の跡についていく。

ciganyi falvak 531

やがて棺おけは、さらに奥の茂みに持っていかれた。
「 これ以上は、行ってはいけないって。」
誰かが小声でささやいた。
別れの儀式も何もない。
ここまで。

ciganyi falvak 540

馬車を引いていたおじさん。
「 ここには、俺の弟も埋まっているんだ。」
と悲痛な表情で、墓のふちに座っていた。

ciganyi falvak 548

丘のむこうには、今朝行ってきたばかりの
あの果樹園のある林が横たわっていた。

jeddtemetkezes1.jpg

丘のあちら側には、
今朝の遠足の記憶がそのままに。
丘のこちら側では、死者を埋める場所がある。

生と死を、まざまざと目の前に突きつけられ、
忘れられないイェッドでの日々がはじまった。



トランシルバニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-08-14_01:10|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

たいきくん、たくさんのお友達に囲まれて楽しそうだね。
こうやっていろんな人種と関わってたくさんの文化に触れることは、とっても貴重な経験だよね。
たいきくんが大人になってどんな「大物」になるか楽しみです♪
それにしても、見れば見るほどダ○ビッシュそっくり!
素敵な顔立ちをしてるよね!!!
Re: タイトルなし
なるみちゃん、どうもありがとう!

今回の旅は、子供づれで大変な面もあったけれど
子どもにとっても私にとっても
大切な経験でした。
しっかりお隣の別の文化にも接して
幅広い交流をしていってほしいです。

顔も少しはお兄さんになったかしら??
はやくなるみちゃんたちに会わせたいです。