トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ジプシー女性の秘密

ジプシー女性の美しさのひみつは、
きっとあの色と柄のせめぎあうプリーツスカートと長い髪・・・。

cigany ruha1

もっとその秘密を近くで見てみたい。
そう思っていると、村に仕立て屋がいるという話を耳にした。
カティおばさんにお願いして、
連れて行ってもらうことになった。

マリアおばさんは、ハンガリー人の女性。
ジプシーにたいしても対等におもてなしをしてくれると、
村のひとたちにも評判の人物。
突然の訪問客の私たちに、
コーヒーやお菓子をすぐに出してくれた。

「 私はここ、25年もの間
ジプシーたちに洋服を作っているの。
遠くからも、注文が来るのよ。ブカレストやバカウなどからね。」
とニコニコと笑顔で語ってくれ、
その注文の品々を見せてくれる。

kopjafa 297

細やかなプリーツが柄と色の間を
やさしく波打つ。
そしてレースで飾るのが、ジプシーの好み。

kopjafa 298

「 ここが私のアトリエよ。」と案内してもらうと、
アンティークの足踏みミシンが待ちかまえていた。
黒光りしたボディに、大きな木製のテーブルが使いこまれた味を出している。

kopjafa 301

これだけの細やかなプリーツをどうやって作るのかと疑問がわいてきた。
「 これはね、ひとつずつ手で寄せてアイロンをかけてから
ミシンでステッチするの。
エプロンには、2~3メーター。
スカートには、5~10メーターほどの生地を使うから。
もう大変な作業よ。」
と手で少し生地をつまんで見せてくれる。
定規も使わず、自分の手の感覚で
プリーツの厚みが分かるようだ。

kopjafa 306

問題は、洋服をとりに来ずに
2,3年とそのままのお客もいるということ。
それならば前払い制にすればいいのにと話すと、
「 彼らは、これだけの材料を買うだけで精一杯なの。
お金がないのよ。」
とやさしく微笑んだ。

本物の職人さん。
彼女は、ジプシーの女性の美しさを影でささえる人。
このような職人さんのあとを継ぐ人物は
もういないだろう。
マリアおばさんのご家族といっしょに、記念撮影。

kopjafa 319



カティおばさんの部屋で、いつものようにおしゃべりをしていたら
「 ねぇ、あなたの髪を結ってもらったらどう。」という話になった。

「 ジプシーの女はね、
結婚式の日の真夜中になると、
長い髪をおだんごにしてスカーフをかぶるの。
それからは、ずっと頭にスカーフをかぶったままなのよ。」
そう、この髪を結い上げるという行為は
少女が大人の女性へと変身する儀式なのだ。

ムンドラがやってきて、私の髪をくしですくと
中央で髪をふたつにわけて、お下げを編みはじめた。
「 リボンはない?」と聞かれたので、
つい先日、ジプシーの生地やさんで買った
蛍光オレンジとピンクのリボンを差し出した。
そのたっぷりと長いリボンを惜しげもなく、
真っ二つにハサミでカットして
私の黒い髪のなかに編みこんでゆく。

kopjafa 377

腰のちかくまではある私の髪を、
二色のリボンがさらに長くみせる。
先はそのままに垂らしておくと、
通りで見かけるジプシー少女の三つ編みヘアのよう。

kopjafa 374

少女の髪型では、少し無理がある。
このままで終わりなのかと内心
ハラハラとしていると、さらにそのお下げを後ろでひとつに結び、
何度も何度も結んでアップのようになった。
ムンドラの美容師なみの、
髪結いの腕を感心しながら眺めていた。

kopjafa 382

やがて、完成。
黒い髪と、蛍光の色がまざりあい、
うねりあい、独特のハーモニーを生み出している。
ピンひとつ使わずにできる、
ジプシーのアップスタイル。

kopjafa 383

いつものゆるく結んだ髪とは違い、
顔の皮膚が髪といっしょに上へと持ち上げられるような感じ。
自然と背筋がぴんと伸びるような気がした。

さらにムンドラが家から衣装をもってきて、
着るように勧める。
たっぷりとしたプリーツスカートを腰にまわして、
ボタンで留める。
するとカティおばさんが、ポケットをちょうど正面にもってきた。
ちょうど、手を入れるとど真ん中にくる秘密のポケット・・・
「 外のエプロンのポケットには、ハンカチとか入れて、
その真ん中のポケットには、大事なものをいれるのよ。
お金とかね。」
その発想には、思わず苦笑してしまった。

エプロンを結んで二重にかさなるスカートは、
どっしりと重みがある。
また派手派手なブラウスを羽織って、
今度はカティおばさんが革のベストを持ってきた。
スカーフを頭に結んで、ジプシースタイルの完成。

kopjafa 384

私が着ると、まるでチンピラのように見える。
少々恥ずかしいが、皆の期待にこたえるために少し近所を散歩。
「 テー・バフタロー!(幸運でありますように)」と
ジプシーのあいさつを道行くひとにすると、
その顔がとたんに大笑いに変わる。
それでも、いやな気はしない。

その笑いのなかには、
不思議と友情が感じられた。
よそ者がジプシーの衣装を着て、
村を歩いている。
あたたかい視線を感じながら、
イェッド村を歩いた。


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-09-07_16:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ミクシィコミュから来ました(^-^)
初めまして☆
ミクシィのロマ*ジプシーのコミュの管理人です(^-^)

ブログ楽しく読ませていただきました!
スカートのお話素敵ですね☆

また遊びに来ます!
いつも楽しみに読ませて頂いてます。

写真も綺麗ですし、それ以上に文章がとても優しくて大好きです(^O^)
旅行が好きなので、いつか絶対行きたいです。

Re: タイトルなし
リナさん、はじめまして。
お褒めの言葉をどうもありがとうございます。

トランシルヴァニアのいくつもの町に
国際空港があるので、大分近くなってきています。
町を訪ねるのは難しいことではないのですが、
お越しになったらぜひ村をご覧ください。

日本でははるか昔に失ってしまったものが、
まだここでは見つけられると思います。

写真も文章も、丁寧に
皆さまの心に少しでも響くように
これからもがんばります。
Re: ミクシィコミュから来ました(^-^)
じぇろ∞む さん、はじめまして。
わざわざミクシィからお越しくださって、
どうもありがとうございます。

またジプシーも、場所により
生活や文化にも違いがあると思います。
私の暮らす地方のジプシーの姿もそのひとつとして、
捕らえていただけたら・・と思います。

ロマ*ジプシーのコミュ二ティ、
これからも大きな輪になるといいですね!
どうも お久しぶりです。
何て素敵なんでしょう!  ジプシー…日本人の私たちには
解からないいろいろがあると思いますが、新鮮な目で眺めて
いらっしゃる文章が本当に素晴らしいですね。
初めてご当人のお姿も拝見。(思った通りの好感度)
息子さんはお母さんによく似ていらっしゃいます。
私もヨーロッパのあちこちでジプシー(ロマ)の人たちに出会いました。
概ね、いい感じには受け取られていない現状…。
でも彼らなりの歴史や生き方があるんですよね。
髪飾りやきれいなスカート、なるほどです!
一冊の本になりそうな素晴らしい捉え方、大ファンですよ。
Re: タイトルなし
霧のまちさん、お久しぶりです!
いつもご訪問くださって、本当にありがとうございます。

まったくジプシーに接していない、
私たち日本人の立場での見方でしかありません。
だからこそ、新鮮なのかもしれませんね。

イェッドの人たちのように、うまく現地の方たちと生活しているジプシーもいれば、
孤立している人たちもいますし、
ジプシーと一言では語れないほど複雑です。

不思議ですね、ブログでだけなのに
実際にお会いしているような感じをいつも受けます。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
ルーマニアの花
こんにちは、
私は、青森で花の仕事をしております。
もし、宜しければ、そちらに咲いている、草花の写真を掲載していただけませんか。
これから、冬になってしまいますが、
来年にでも。
Re: ルーマニアの花
thomasさん、はじめまして。

お花のお仕事をされている方にも
見ていただけて、とても嬉しいです。

もう秋ですので、こちらはこれからは
キノコが出てくる時期です。

草花でしたら4月から7月ごろまでが
見時ですね。
また春には、草花の写真もたくさん載せますので、
楽しみにしていてくださいね。