トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

チャーヴァーシュのヴァイオリン弾き

雨の日曜日、
私たちはチャーヴァーシュに向かって車を走らせた。
いくつもの緑の丘をこえて、
ひっそりと静かな村を越えて・・・。
やがて、ヒマワリ畑の鮮やかな黄色、
麦のやさしい茶色の段々畑のふもとにちいさな村が見えてきた。

kopjafa 625

このククッルー川流域の地域は、
ハンガリーの昔話でも有名なところ。
民話やダンス、音楽・・・フォークロアの豊かな
いかにもトランシルヴァニアらしい、
緑に抱かれた田園風景が広がっていた。

ハンガリー語では、
サース・チャーヴァーシュと呼ばれる。
ザクセン人の文化が残る村。
今はそこにハンガリー人とジプシーが共存している。

ジプシー楽師の住む、珍しい村。
中でも、ヴァイオリン弾きは
ドゥムネアゼウ(神)と呼ばれるほどの名手だとのこと。

村に入って、
「 ヴァイオリン弾きのイシュトヴァーンさんは、どちらですか?」
と聞くと、すぐに答えが返ってきた。
「 あの細い道をずっといった山の下よ。」

その山のふもとに見える家を訪ねる。
どうやら主人は不在のようだ。
仕方がなく、待たせてもらうことになった。

私たちのような外国人には慣れている様子で、
すぐに居間へと通された。

ちいさな男の子たちに、若い少女たち、おばあさんたち・・・・
一体ここの家族構成はどうなっているのだろう、との疑問を持ちつつ
世間話がはじまる。

kopjafa 422

「 ここには、外国からたくさんの人が音楽や踊りを学びにきたんだよ。
何泊かここで泊まっていくから、お客様にはもう慣れているの。」
突然の訪問客なのにかかわらず、
宿泊の準備もできているとわかって、安心。

その外国人たちは、どんな言葉を話すのかときいたら
「 ハンガリー語かジプシー語。」という話。
彼ら同士は、もちろんジプシー語で会話している。

壁にかかった大きなクジャクのタペストリーは
いかにもジプシー風。
うつくしく磨かれたヴァイオリンの音色が、
気になるところ。

kopjafa 428

ご主人がなかなか帰らない。
もてなすために、この土地の音楽をかけてくれた。
はじめにかかったのは、
ずっしりと重みのあるヴィオラとコントラバスの響きに、
ヴァイオリンの音がのってゆったりとしたリズムを作る。
ハンガリーの民俗音楽。

それから、
一転して小刻みの軽快なリズムのジプシー音楽。
その響きに耳を傾けていると、
隣で座っていたおばあさんがすっと立ち上がって足でリズムを刻みはじめた。

kopjafa 431

周りの人たちの視線を浴びて、
指でリズムを奏で、ゆるい動作で体を揺らす。
その自然なしぐさが、彼女の年齢の味を出している。

kopjafa 441

やがて踊りが盛り上がってくると、
今度は少年も加わった。
おばあさんと少年の踊りは、
その場にいた私たちに微笑みを与えてくれた。
最高のダンス。

kopjafa 445

やがてご主人が帰ると、
周りの空気は一変した。
どっしりした体格のおじさんを中心に、周りが動く。
娘たちがすぐに、夕飯のしたくにかかる。
その一家の大黒柱の、イシュトヴァーンさんに対する
家族の信頼と尊敬がすぐに感じとられた。

やがて呼ばれると、テーブルの上には
大きなトウモロコシのパン(ママリガ)が置かれ、
ヒツジ肉のジャガイモ煮込みが出来上がっていた。

kopjafa 460

ご馳走をいただいて、その日は就寝。




次の日は、雨がすっきりとあがって
まぶしい太陽が顔を出していた。
早起きをして、まだ眠たそうな家並みを横目に
一人で散歩にでかけた。

kopjafa 473

ジプシーの居住する場所を聞くと、
やはり村はずれ。
前日の雨でどろどろになった通りを
上へ上へと歩いていく。

csavas3.jpg

小高い丘に出た。
ちいさな村が目の下に広がっている。

kopjafa 484

早起きの子どもに、ごあいさつ。
静かな朝、動物の声や息づかいが聞こえてくる。

kopjafa 486

夏の間は、外で煮炊きをする。
私たちも、朝食をいただく。

csavas4.jpg

ご主人のイシュトヴァーンさんに
楽器を演奏しているところを写真に撮らせていただくことになった。

やさしい黒い瞳が誠実そうなイシュトヴァーンおじさんは、
ご自分の経歴を語ってくださった。
「 俺の父親もヴァイオリン弾きで、みんながドゥムネアゼウ(神)と呼んでいたんだ。
 音楽だけでなく、大工や畑仕事・・・あらゆる部分に長けていたからね。
 でも俺は、そう呼ばれるのが好きじゃない。
 だって、神さまは天にいるただ一人だから。」

8歳ですでに、父親といっしょに演奏に出かけ、
13歳には自分のバンドを持っていたイシュトヴァーンさん。
ジプシー音楽、ハンガリー音楽のみならず、
昔その村に住んでいたザクセン人のドイツ系のものや、
近郊に住むルーマニア人のもの・・・、
ありとあらゆる曲目を演奏できるとのこと。

まさにトランシルヴァニアの多様な文化を
しっかりと受け継いできた、すばらしい音楽家。

白いシャツに黒いベスト姿、
帽子をかぶった姿は、いかにも音楽家らしい。
弦が触れると、澄んだ音色が空気を漂いはじめる。

kopjafa 555

昨夜のおばあさんが、
その音色に誘われるようにして舞いはじめた。
演奏とダンス・・・そのふたつを担うもの同士の呼吸には、
ある種の緊張感が感じられる。

csavas5.jpg

ゆっくりと確かなリズムを刻むおばあさん。
もう20分ほども踊っているのに、疲れないのだろうか。
さもヴァイオリンの弦が、彼女の体を操っているかのように
音楽がつづく限り、その体は休むことができないようだ。

kopjafa 570

kopjafa 575

やがて、細い体が動きを止めた。
ジプシーのおばあさんは、肩で息をついていた。
全身全霊の踊りに、
そして熟練の音楽に心からの礼を述べた。

チャーヴァーシュの音楽と、自然と踊りは、
これからもずっと人々を魅了し続けるだろう。


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-09-18_14:14|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント