トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/03│≫ 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

絢爛豪華なカロタセグ地方

ブダペスト留学時代の知人に誘われて
向かったのは、8月終わりのカロタセグ地方。

トランシルヴァニアの都市クルージ・ナポカから西側には、
なだらかな丘がずっと続いている。
息子といっしょに、ナーダシュ川を走るローカル電車に揺られていた。

DSC04370.jpg

無人駅に降り立つと、
懐かしい知人の顔と初めて出会う息子さんの姿。
「 ヨージくん、道案内をお願いしますよ。」とすっかり母親になられた彼女の声。
風花がそよそよとゆらぐ
小さな一本道を歩いた。

DSC04372.jpg

まだ残暑の日差しの中、
風に揺られる音が涼しげ。
息子は、さっそく小さなカタツムリを見つけて大喜び。

DSC04371.jpg

小さなボガールテルケ村では、
最近になってやっと道にアスファルトができたようだ。
真新しい濡れたような道を歩いて、家に到着。
中に入ると、いいにおいが漂ってきて、
ご主人のアティラさんが迎えてくれた。

ブドウの棚が軒先に伸びている、心地の良い一軒屋。
ヨージくんは、青リンゴが落ちている庭で元気よく走り回る。
「 ボク、世界でルーマニアが一番好きだよ。」と
三歳の子どもが目を輝かせた。

DSC04593.jpg

ネコたちも、居心地がよさそう。

DSC04400.jpg

家の裏には、小さな畑があって
食べ物はほとんどそこで手に入る。
ジャガイモに、トウモロコシ、豆ににんじん、たまねぎ、キュウリ。
掘りたての野菜を、ご主人さまが腕をふるって
料理してくれた。

大塚さんご夫妻は、
ハンガリーの民俗舞踊に携わっている。
ご主人さんは、近くの村に民俗舞踊団を作って
その指導に当たっているそうだ。

DSC04401.jpg

その日は、ハンガリーの祝日。
聖イシュトヴァーンの建国を祝うため、
トランシルヴァニアのハンガリー人たちも町で催しをする。
バーンフィ・フニャドで、民俗舞踊を披露すべく
若い民俗舞踊団も参加するという。

村はずれでバスを待つ。
やがて、やってきたマイクロバスに乗り込むと、
中は目もくらむほどの鮮やかな色と輝きで満ちていた。

まさか、チャーター便だったなんて知らなかったので、
目をぱちくり。

DSC04404.jpg

バスの窓は、丘のなだらかな曲線を映しだし、
中では、きらめくビーズや色の洪水・・・。
そして、激しいヴァイオリンの音とリズムが、
バスの揺れとともに高まってゆく。
もうすっかり、カロタセグの色と音の世界に引きこまれてしまった。

バーンフィ・フニャドは、カロタセグ地方
唯一の町である。
中心には、木造のとんがり屋根の
カルバン派教会がそびえ立つ。
この広場が、イベント会場となるようだ。

DSC04415.jpg

まだ待ち時間があるようなので、
牧師さんの案内で教会の施設に通してもらった。
その待合室の中でも、
若い踊り手たちは動きを確かめるように
くるくると回りはじめた。

DSC04444.jpg

もともと、このビーズで埋められた衣装は
踊るためのものではなかったという。
日曜日に教会のミサに通うためのものだったようだ。
ペチコートに、スカート、そしてエプロンを重ねた衣装は、
ずっしりと重みがある。

DSC04460.jpg

やがて市長さんなどの長いあいさつが続き、
子どもたちは待ちどおしそう。
いつか聞いたことがある。
「 カロタセグの女性たちはね、あの衣装を着ると
背筋がしゃんとなって、本当に別人のようになるの。」
その立ち姿まで美しい。

DSC04477.jpg

男性の帽子と胸には、豪華なビーズ飾りが付いている。
カロタセグの女性たちは、
農閑期の冬の時期にこうした手仕事で生活を潤わせていた。
それにしても、どうしてこの地方は
こんなにも飾ることを好むのだろう。

DSC04522.jpg

生の演奏に導かれて、
やがて踊りがはじまった。
男性のソロの踊りと、女性の円になる踊り。
パチパチと足や腿を打つ、
男性の踊りはまるで音楽のひとつのよう。

DSC04482.jpg

今度は、男女のカップルダンスがはじまる。
チャールダーシュというステップで、
お互いの動きをしっかりと合わせる。

DSC04553.jpg

それから回転の動き。
あの重そうなプリーツスカートが
ひらりと宙に舞った。
彩色されたコマのように、色と色とが混ざり合う。
やはり、民俗衣装は踊ると
さらにその美しさが増すようだ。

DSC04572.jpg

やがて全ての踊りが終わった。
まだ中学生くらいの少年少女たちの夢は、
いつか日本で民俗舞踊を披露することだという。
カロタセグの文化は、こうした若者たちがいる限り
ずっと守られていくだろう。

DSC04580.jpg

帰り道もまた、あの色と音の洪水に身をまかせて
バスに揺られていった。


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


*カロタセグ地方の刺しゅうについて詳しくは、
もうひとつのブログにて。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-09-28_23:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

素敵なブログです・・・☆
ロマの音楽の事について調べていたら、ここに辿り着きました。

とても専門的な事が色々書かれていて、勉強させられます。
又学びに来たいと思います♪
どうもありがとうございました。
Roze*砂漠の青い薔薇* さん、
ご訪問くださって
どうもありがとうございます!

今年の夏はジプシー旅行に明け暮れていましたので、
その記事を載せていましたが、
しばらくはまたトランシルヴァニア情報に
立ち返りたいと思います。

またいろいろな情報を載せますので、
どうぞまた遊びにお越しください。
お久しぶりです!
ご無沙汰しております。Pretzelの由希です。
皆さんお変わりないですか?

夏から秋にかけてたくさん旅に出られたようですね。
ジプシー村を巡る旅と、お母様との旅、
とても楽しく拝見させていただきました。
カロタセグ地方の衣装と踊り、やはりとても素敵ですね!
私もいつかこの土地で、本物の民族舞踏を見てみたいです。

それから、過日はYUUMIさんがご来店くださいました。
私は残念ながら不在にしていたのですが、
夫がいろいろとお話しをさせてもらったようです。
面白い旅だったようですね、とても興味深い内容でした。
この旅の記事を読んでいると、ジプシーへの考え方が変わりますね。
”ジプシー”と一括りにはできないほど、様々な人がいるのですね。

ブログを拝見していると、早くトランシルバニアに行きたい!
と熱が高まります。これからも更新を楽しみにしています。
Re: お久しぶりです!
由希さん!
お久しぶりです。
今年はPretzelの由希さんご夫妻が2月にお見えになってから、
お客様ラッシュの年となりました。
旅から旅への日々です。

ちょうどルーマニアつながり、恵比寿つながりで
YUUMIさんにご紹介したところでした。
私自身もいろいろな興味が深まり、
ジプシーの旅、カロタセグの旅ともに楽しかったです。

実は今もまた、
お越しになっているお客さまがいらっしゃるのです・・・。
ファッションとジプシーがからんだ今回の旅についても、
またご紹介いたしますね。

トランシルヴァニアにきっと、また起しになってください。
今度は体調も万全にととのえて、
お待ちしております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。