トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

カロタセグの手芸を訪ねる旅

9月の中旬、
私たちはまたカロタセグ地方にいた。
前回からわずか半月ほどしか経っていないはずなのに、
あの青々としていた丘も
黄色く色づきはじめ、すっかり秋の様相をみせていた。

IMG_2334.jpg

トランシルヴァニアの都市クルージナポカ周辺にある
カロタセグ地方は、古くから手芸や工芸、音楽に舞踊で有名な土地。
日本から来ていた
母親にカロタセグの手芸をみせたい気持ちから、
今回は手芸を訪ねるたびを計画した。

お世話になるのは、また民俗舞踊の指導者である
アティラさんのお宅。
その日は、ちょうど近くのテュレ村で踊りがあるからと誘われたが、
全く踊れない私たちは辞退した。

次の日の朝、
まだお日様も眠っているころに、
カラカラと家畜の鈴の音が聴こえて、目がさめた。
6時になると、ご主人につれられて
牛の乳搾りにでかけた。

村でも一番美しい家。
電灯の光をたよりに大きな納屋へと入る。
牛の生あたたかい乳を引っぱるのは、
同じ女性には心ぐるしい。

慣れた手つきの主人の手のなかから、
真っ白い乳が吹いてでてくるのを、
そのリズムとともにじっと見るだけだった。
こんなふうに動物とともに目覚めるのが、
本当の村の生活。
絞ったばかりの新鮮なミルクを2L譲ってもらった。

乳搾りからかえって、軽く朝食を食べると
「 畑に草を刈りに来るかい?」とアティラさん。
まだ朝日ものぼったばかり。

馬車に農具をつみこみ、私たちも乗り込む。
パカパカと音をたて馬車は
村をどんどん過ぎて、
丘の合間をくぐりぬけてゆく。
まだ風景もぼんやり霞がかっていて、
心なしかまだ眠たそう。

IMG_1898.jpg

隣駅のあたりにある、畑にやってきた。
朝露をふくんだ草は、しっとりと鮮やかに輝くようだ。
悪魔がもつような、大きなカマを左右に振りまわすアティラさん。
田舎育ちのはずの母も、それに加わる。

IMG_1905.jpg

「 そんな道具、使ったことあるの?」と聞くと、
「 いいえ、初めてよ。」といいながらも、
だんだんカンがつかめてきたようだ。

IMG_1906.jpg

あの大きなカマも試しに使ったみた。
腰の重心を深く、
そして左手を心もちあげながら、水平に振る・・・
なんだか美容体操のようである。
もしかしたら、民俗舞踊の動きも
こんな所から来ているのかもしれない。

IMG_1912.jpg

やがて馬車いっぱいに新鮮な草を積んで、
私たちも乗り込む。
まだしっとりと草は濡れていて、冷たい。
馬車の動きに、心地よく揺られて家路につく。


IMG_1915.jpg

やっと、朝日が廊下にさしてきた。
軒先にも、収穫されたお豆がたくさん。

IMG_1924.jpg

その日は、村の女性から
ビーズ刺しゅうを習うことになっていた。
カロタセグのナーダシュ川流域は、
「 絢爛豪華なカロタセグ」と呼ばれるほど
ビーズの飾りが有名。

IMG_1937.jpg

ハイニさんのお手本を見ながら、
ビーズの目を数えて、星のモチーフを作る。
ひとつモチーフを作るのにも数時間。
民俗衣装のエプロンの手仕事の、
大変さが改めてよく分かった。

IMG_1974.jpg

カロタセグの村を歩く、おばあさんと孫。

IMG_2001.jpg

プリーツ工場を見に行くのも、楽しみのひとつ。
カロタセグの衣装にもプリーツは欠かせない。
てきぱきと職人の腕を見せていただく。
大きな厚紙に、生地をはさんで
蒸気で一晩蒸すと、あの滑らかなプリーツもようができる。

IMG_2132.jpg

その魔法のような道具を、
息子も不思議そうに眺める。

IMG_2107.jpg

そおプリーツの寄りかたは、
素材によってさまざま。
3M以上の生地が、折り曲げられて
こんなに小さくなる。
ものすごい、弾力性。

IMG_2118.jpg

また電車に揺られて、
今度は民俗舞踊団のあるテュレ村へ向かった。
駅から4kmほどの道を、
ひたすら歩いてゆく。

IMG_2153.jpg

道には、こんな可愛らしい十字架が。
旅行者の無事を祈っている。

IMG_2156.jpg

カロタセグの代表的なものといえば、
このイラーショシュという刺しゅうのテクニック。
太い糸で密に刺されたモチーフは、
連続模様になっている。
ここでも、村の女性に刺しゅうの手ほどきを受けた。

IMG_2166.jpg

カロタセグの村を歩くだけでも、
フォークアートの美しさに触れることができる。

乳絞りをした家は、村でももっとも立派な古い家。
扇のような形のすかし模様に、
どんぐりのモチーフがついた柵。

DSC04397.jpg

ドラゴンが、魔よけの渦巻き模様に
襲いかかろうとしている。
木彫りの門のモチーフ。

IMG_2353.jpg

こちらもすかし模様が美しい屋根の飾り。
太陽の光が透けて、影絵のよう。
手を取りあう男女と、天使のすがたが
メルヘンチックで素敵。

DSC05074.jpg

民俗衣装をきたおばあさんも、
村の風景をいっそう特別なものにしている。

IMG_2467.jpg

気さくなおばあさんたちは、
代々家に伝わる手仕事を可愛らしい家具に
しっかりと収めている。
このティスタ・ソバ(清潔な部屋)こそが、
カロタセグの女性の誇りである。
IMG_2281.jpg

喪服を着たおばあさん。
その手で娘を孫娘を祝福するために、
あの煌びやかな衣装を作りつづけてきたのだろうか。

DSC04976.jpg

今もなお、現役で手芸に携わるおばあさん。
アンティーク・ミシンを使ったジャケットから、
ビーズの施されたエプロンの仕立て、
刺しゅうにいたるまで・・・
もうその仕事は、職人といってもいい。

IMG_2369.jpg

「 トゲのないバラはなく、
 また苦しみを伴わない愛もない。」とある、
ロマンティックなタペストリー。
民俗衣装といっしょに。

DSC05038.jpg

歩き疲れた母と息子を置いて、
一人で村を歩いて訪ねたおうち。
今は亡き民俗学者の奥様だったおばさんが、
カロタセグの伝統を守るため、
民俗衣装を作りつづけている。

IMG_2432.jpg

風花もすでに、
乾いた色を帯びてきた9月のカロタセグ旅行。
秋はこれから収穫祭が始まり、
雪に閉ざされるとまた手仕事の季節がはじまる。

IMG_2336.jpg

電車を待っていると、
馬車がカタカタ音をたててやってきた。

IMG_2340.jpg

旅の終わりに、
さまざまな出会いを思いおこす。
また何度でも足を運びたくなる、カロタセグ。
女性が手仕事を続ける限りは、
カロタセグ地方はその輝きをとどめているだろう。

IMG_2339.jpg




トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ



*カロタセグの手芸にかんして、詳しくはもうひとつのブログにて。
アンティークミシンの生みだすフリーステッチ
ボガールテルケ村のビーズ刺しゅう
カティおばあさんのヒミツのお部屋
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2009-10-03_16:21|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

初めまして!
こんにちは、ブカレストからコメントしています。
わたしの居るところとはまったく違った暮らしぶりに興味を持って見せていただいております。
・・・で、このエントリーではじめて気がつきました、わたし、tulipanさんとすれ違ったことがあるかも。ひと月ほど前のブカレストです。(違っていたらごめんなさい!)お母さま、ご滞在を楽しんでおられたようで何より。
これからまた、季節は移ろい、綺麗な紅葉を見せてくれますね。
Re: 初めまして!
マドモワゼル・ヒロコ さん、はじめまして!
あの東欧情報でブログをされていらっしゃる
お方ですよね!
ご訪問くださって、どうもありがとうございます。

ブカレストとトランシルヴァニアでも環境がまったく違うと思いますが、
私の住むところは地方都市なのでなおさらだと思います。

このエントリーでは母の写真しか写っていないと思いますが、
9月には二回、母の送迎でブカレストに行きましたので、
もしかしたらすれ違ったのかもしれません!!

ブカレストというと怖いというイメージなので、
ものすごく気を張り詰めて歩いていました。
それでも昔に比べると、大分きれいになっているようですね。

同じルーマニアにお住まいの方に
訪問いただけて嬉しいです。
どうもありがとうございました。
美しい~!
前にも書いたかも知れませんが、みやこうせいさんの写真集で見た世界と同じなのでびっくりしています。
細かい華やかな刺繍やプリントの衣装、どうしてもケバくなってしまいがちなのに どうしてそんなに美しいのか不思議です。

世界にはいろんな生活様式がありますが、鮮やかな色を多く使うのは「周辺に色が乏しい場所」が多いですね。
北欧の雪に閉ざされる地方とか、砂漠の砂色の世界、またレーやラダックのような荒涼とした地域、なんかですが…。
ルーマニア地域は昔から緑一色の場所だからでしょうか。そしてバラの産地でもあったり。

ヒトにはカラフルな色が必要なのでしょうね。

素晴らしい情報をいつもありがとうございます。
Re: 美しい~!
霧のまちさん、どうもありがとうございます!

この手芸の旅、お気にいっていただけて嬉しいです。
霧のまちさんも素敵なたびをたくさんされていますよね。

>鮮やかな色を多く使うのは「周辺に色が乏しい場所」が多いですね。

鋭いご指摘をありがとうございます。
私もこのカロタセグの、特にこのナーダシュ川流域の衣装の華やかさの訳が
いつも気になっていました。

ここはなだらかな丘に囲まれていて、
田畑の少ない、土地のやせた地域のようです。
だからこそ、華やかさに飢えているのかもしれませんね。

カラフルな色は、いつでも心を豊かにしてくれると
私も信じています。
だからあの、エスニックアートや古代の芸術品も
色彩と模様でうめつくされているのだと思います。

トランシルヴァニアの手芸の旅にご案内できて、嬉しく思います。
ご訪問をどうもありがとうございました。