トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

秋のトランシルヴァニアへ

朝晩がだんだん肌寒くなり、
森や町の街路樹が黄色や赤に色づきはじめたころ、
日本から母がひとりで訪ねてきた。

ブカレストへの長い汽車の道のりも苦にならない。
息子もひさしぶりのおばあちゃんとの対面で、嬉しそう。

IMG_1191.jpg

汽車の遅れで、5時間ほどかかって
スフントゥ・ゲオルゲの町に到着。
家について一息したあと、
夜にお誘いがかかった。

今年の夏に、ダンナが村で柵作りを手伝いにいっていたので
その完成祝いが今夜あるという。
私たちは、夕暮れ時にまた電車に揺られていた。

ビクファルヴァの村は、
都市ブラショフに近いせいもあって
昔から貴族のお屋敷が立ち並ぶ場所だった。
ダンナの友人のご両親は、築200年のお屋敷を買い取り
リフォームをして素敵な住まいを作り上げた。

深夜おそくまで続いた、キャンプファイヤー。
そのあとで、静かな週末の朝がはじまった。
休みの日でも、ダリヤの花はいつも早起きをして
住人を待っている。

IMG_1238.jpg

きれいに手入れをされたお庭を散策。

IMG_1213.jpg

たわわに実った、緑色の洋ナシにびっくり。

IMG_1215.jpg

今度はリンゴ。
トランシルヴァニアには、実にいろいろな種類のリンゴが見られる。
これは、「ジプシーリンゴ」と呼ばれるもの。

IMG_1227.jpg

九州生まれの母は、語る。
「 私のちいさい頃はね、
 リンゴっていったら、お正月のときにしか食べられなかった。
 だから、今回の旅の目的のひとつは
 リンゴをたくさん食べること。」

そう、こういう環境の違いが
実る果物や野菜がけっこう衝撃的だったりする。

私たちが泊まらせていただいた部屋。
黒光りした柱がうつくしい。
石造りの家の中は、地面のそこから冷えてくる。
私たちは、屋根裏の部屋で眠ったので
暖かかった。

IMG_1248.jpg

こちらの人は、朝からパーリンカといって
食前酒をのむ習慣がある。
プルーンでできた自家製酒は、アルコール度数40~50%はあるという。

IMG_1256.jpg

美しい庭を眺めながらの朝食。

IMG_1262.jpg

村の食事は、ほとんどが自家製。
一切手が加わっていない新鮮なチーズ、
庭でとれたトマト、ジャムにディップ。
ベーコンの脂身はハンガリー人の食事には欠かせない。
トマトと夏野菜を煮込んだディップは絶品。

IMG_1263.jpg

町の芸術学校の校長先生をなさっているご主人さま、
奥さまともに音楽の先生。
息子はおおきな花束をいただいて、満足そう。

IMG_1292.jpg




セントキラーイ村の原っぱも、もう枯れ草と緑色が
混ざり合っていた。
母は小さな野の花に、日本では園芸品種と知られている花のかたちを
見出して感激していた。

IMG_1343.jpg

夏のうちにここまで進んだ、ワラの家。
手前に見られる枝つきの柱は、生命の樹。
家の守護神なのだろうか。

IMG_1338.jpg

スイカを切って、一休みしようとしたら
不意に雨がきた。
夕立・・・・まだまだ夏の名残があるのかもしれない。

IMG_1351.jpg

このあと、キャンピングカーに子ども大人合わせて
総勢14人がギュウギュウ詰めで乗りこんで
すぐに避難。
ボティは、「 まだ、この車に最高で19人は乗ったことがあるんだ。」と笑った。
湿った草のにおい、土のにおいに
まだ夏の香りが漂っていた。




町の街路樹もこの通り。
野生のクリの木には、
緑色のイガイガの実がまんまるに太っていた。

IMG_1610.jpg

町の公園でも、一番好きなクリの並木。
まだまだこちらは、おおきな緑色の葉っぱが
通り道に影をつくっている。

IMG_1672.jpg

昼間は太陽のしたでは、まだ夏の余韻がのこる。
日陰では、もう肌寒いくらい。
あるとき、友人が母にたずねた。
「 トランシルヴァニアの秋はいかがですか?」

それから、私に話してくれた。
「 ハンガリー人のある作家がね。
 秋のことを、朝は冬がきたようで、 
 昼間はまだ夏のようであり、
 晩は春のようだ・・・と形容したことがあるのよ。」

4月の誕生日にもらったばかりの自転車をこいでゆく、息子。
補助つきなのに、なぜか車の一部を捕まっておかないと
こげないようだ。

IMG_1611.jpg




3週間の滞在も、飛ぶようにすぎていった。
明日は空港から発つという、最後の日の夕方。
ふと思い立って、町はずれの森へと向かった。
何度ともなく通った、この場所は
町の生活での憩いの場所であり、
人といっしょにいながらも
独りの自分になれる大切な場所。

今は緑が見られる森のなかも、
もうすぐ新しい落ち葉でいっぱいになるだろう。

IMG_3034.jpg

もう出てきてもいいはずなのに、
今年の秋はなかなか姿をあらわしてくれないものがある。
それは、キノコ。
今の時期は、「小鹿の足」と呼ばれる大きなキノコが
いっぱい出てくるはずなのに・・・雨がふらないせいだろう。
それでも、3個ほど乾燥した小鹿の足を見つけた。
切り株に、こんなキノコも。

IMG_3036.jpg

森の中を唯一
鮮やかな色彩で彩っているのは、イヌサフランの花。
こちらでは秋を告げる花として
知られている。
通称、「秋ちゃん」。

IMG_3031.jpg

今の時期は、野原でも見られる。
それでも、日陰の森の中で育った花は
より色が濃くて、発色が美しい。
その透きとおった体、紫の花びらは
まさしく秋の妖精。

IMG_3028.jpg

こうして秋の一日も、しずかに暮れていった。
たくさんの思い出とともに。

IMG_3018.jpg



トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-10-09_05:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

お母様、とてもtulipanさんに似ていらっしゃいますね。
息子さんがいつもそっと側に。
私も昔を思い出しました。

美しいトランシルバニアの秋。
イヌサフランの花が綺麗です。
先日日本に帰ったばかりだというのに
また旅に出たくなりました。。。。

日本も不作です
お久しぶりです。日本でも夏の乾燥のせいで、僕の住む愛知県やお隣の長野県南部ではきのこが大不作です。季節を感じられるものがその通り出てくれないと、寂しいです。
トランシルヴァニアの自然
イヌサフランの森、素晴らしいですね。
こちらで、カタクリの花が、同じように咲いてるように、トランシルヴァニアでは、当たり前の光景でしょう。
こちらでも、今、家の庭で、よく見かけます。
また、紹介してください。
Re: タイトルなし
Shinさん、旅の気分を味わっていただけたら
嬉しく思います。

こんなに秋がうつくしいものかと
今年はしみじみ思いました。
穏やかに、だんだんと寒くなっていき、
自然も冬支度をはじめています。

イヌサフランの花、
野原にこのうす紫がいっぱいに覆われていて、
馬が草をはんでいる光景も見られます。

ふだんなかなか会えないからこそ、
家族の時間が大切に感じられました。
できるだけ息子にも、おじいちゃんおばあちゃんとの時間を
与えてあげたいです。

中国の秋も、また美しいのでしょうね。
ブログ、楽しみにしています。
Re: 日本も不作です
もせてさん、お久しぶりです!

日本でも不作なのですか!
こちらは夏はアンズタケが長く採れて、
私たちも美味しくいただきましたが、
秋はすっかり駄目です。

本当に、季節のキノコや野の花が見られないと
なんだか寂しいですね。

これからトランシルヴァニアは、マッシュルームの季節になります。
原っぱで真っ白なキノコを見つけると、
最高に嬉しいです。
今年は採れるでしょうか・・。
Re: トランシルヴァニアの自然
thomasさん、
イヌサフランの紹介これだけになってしまいましたが、
これからもまた野草についても写真を載せますね。

これは、根っこに毒があるんですってね。
息子がうっかりミツを吸おうと口を近づけたので、
あわてて止めました。

こちらは花が咲くと、半端でなく
いっぱい咲きます。
春は野原が黄色一面にタンポポ、そしてマーガレット、
夏はさまざまな色のお花たち、
秋はこのうす紫色のサフラン・・・
こちらにきて、息子は花が大好きになりました。
イヌサフランに魅せられて・・・
はじめまして、みさと64と申します。
thomasさんからこちらを教えていただきまして、
先日から時々訪問させていただいておりました。
想像もつかないような素敵な暮らしぶりに、ただただ驚くばかり。
たくさんの素敵な写真で、そちらの素晴らしさが伝わってきます。
真っ赤に実った『ジプシーリンゴ』が美味しそう・・・
私は信州に住んでいますが、こちらも今、真っ赤なリンゴが実っています。
晩秋になると、蜜たっぷりの『ふじ』という品種が最高に美味しくなります。
一番心惹かれたのが、森一面に咲いている『イヌサフラン』の花・・・
我が家でも今この花がたくさん咲いておりまして、昨日ブログにアップしたところです。
でも、ピンク色でお花の雰囲気が全く違いますね。
それにしても、この花がこのような場所に自生して咲いていることが信じられません。
森の中に薄紫色で咲くこの花の、なんと美しいことか・・・
おっしゃるとおり、秋の妖精ですね。
わたしも、このような素敵な光景に出会ってみたいものです。
そして、これからもこちらで、素敵な光景に出会わせていただきたいと思っています。
お母様のご訪問、嬉しいことですねぇ~
Re: イヌサフランに魅せられて・・・
はじめまして、みさと64 さん。
ご訪問ありがとうございます!
そして素敵なコメントをどうもありがとうございました。

信州にお住まいでしたら、
こちらと気候は似ているかもしれませんね。
私は九州出身ですので、このリンゴにも
この寒さにも正直驚きました。

thomasさんには、いろいろとご助言をいただいています。
トランシルヴァニアの自然ももう冬支度をはじめていますので、
このイヌサフランが最後の花かもしれません。

春になったら、
またたくさんの野の花と出会えると思います。
ブログでも写真をたくさん載せますね。

そちらのお庭のイヌサフランも、さっそく見せていただきます。