トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

BABERE(老婆)の奇石群

10月のはじめ、
ふとしたことから山登りの計画があがった。
ちょうど日本から来ていたお客さまが
観光局のパンフレットで見た、洞窟の教会へ行きたいとのこと。

かねてからブカレスト行きの電車から眺めていた、
ブチェジ山・・・。
険しい山の頂に、十字架をかかげたあの山には
あこがれていたので、ご一緒することになった。

朝まだ太陽がのぼるまえに電車に乗って、
ブラショフで乗り換えて、ブカレスト方面へと向かう。
ブチェジの駅についた頃には、もう9時ごろだった。
普段ならくっきりと見えるはずの山並みも、
その日は、厚い雲がおおいかぶさっていた。

IMG_3212.jpg

登山をすれば4、5時間はかかるといわれる山。
私たちのような子供づれには、
ありがたいことにロープーウェーという手段がある。
ルーマニアで最大の山モルドヴェアヌに4日間かけて登ったダンナには、
こんな快適すぎる遠足は物足りないようす。
運賃のあまりの高さに驚いて、
ダンナは今回は辞退した。

このときには、やっと太陽の日もさしはじめる。

IMG_3214.jpg

ダンナを山の下において、
私たちはロープーウェーに乗り込んだ。
はじめは、紅葉をはじめた山の美しさに見入っていたのが、
岩すれすれに急上昇してゆくのに恐怖を感じはじめた。
そして、ロープーウェーの速度の速いこと!
手にも汗がにじんできた。
息子は泣きっ面で、地面にしゃがみこむ始末。
そうして、ようやく2000m級の山の頂上に到着。

足元から真っ白い雲がせまってくる。

IMG_3217.jpg

澄みきった山々、そして原っぱをうめつくす高原植物。
すぐにロープウェーの恐怖も忘れてしまった。

IMG_3226.jpg

息子も紫色の、背の低い花に夢中。

IMG_3221.jpg

冷たい風をよけるために、
こんなに茎が小さく育ったのだろう。
大きな星型のはなびら。

IMG_3222.jpg

太陽はずっと近く、あたたかく照りつけるのに、
頭、とくに耳が冷たい。

下界とは、別世界の山の上は
空気も風景の色も違う。
その不思議な感覚をからだで味わいながら、
歩いてゆくと、岩にたどり着いた。

人の顔をしている大きな岩。
不思議と、足がそちらに向かってしまう。

babere.jpg

このバベレ(老婆)という呼び名も、
この不思議な岩の形からきたという。
地層が生み出した見事な造形美。
見方によって、いろいろな形を見出すことができる。

先ほどの、人の顔の大岩には、
子どもがすっぽり入る穴もある。

IMG_3302.jpg

こちらも人の横顔のよう。

IMG_3272.jpg

キノコのような形の岩もある。
空の青の色が、抜けるように鮮やか。

IMG_3309.jpg

旅行者を食べようとする、横顔の岩。

IMG_3326.jpg

どうして、こんな不思議な岩のかたちができたのだろう。

IMG_3336.jpg

「 見て、ママ!これタイキが作ったの。」と叫ぶ息子。
もちろん、冗談。
誰が作ったのだろう。

IMG_3359.jpg

山の斜面の向こう側に来ると、
突然に横から冷たい風が吹きつけてきた。

IMG_3362.jpg

向こうから、雲が波のように襲ってくると
急にあたりは薄暗くなり、寒くなる。
この真っ白い雲は、
山の斜面にぶつかると
波のしぶきが上にはじけるように
青空にぐるりと円を描いて逆流していった。

IMG_3372.jpg

暖かい場所を探しにゆこう。
山の反対側にひきかえす。

IMG_3376.jpg

この岩たちに魅せられて、時間がたったことも忘れてしまった。
もうお昼はとうに過ぎ、
食料は、ダンナのリュックに入ったままだったことに気がついた。
かばんを探ると、プフレツ(トウモロコシのお菓子)があった。

IMG_3385.jpg

プフレツで、Hの文字をつくって
思わずにんまり。

IMG_3389.jpg

日本人なら陰陽石と名づけて、
ご神体にしてしまいそうな岩。
そして、その奥に・・・。

IMG_3394.jpg

かの有名なスフィンクスのかたちの岩が見えた。
昔、ルーマニアの紙幣にも使われていた
このスフィンクスの岩。
神々しさを感じさせる、横顔。

IMG_3421.jpg

さあ、日が暮れる前に下へ降りよう。
息子の手をとって、山をおりるロープウェー乗り場へ向かった。
4時間ほどたっぷりと、
上空散歩を味わった一日だった。

IMG_3447.jpg



トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(12)|trackback(0)|自然、動物|2009-10-11_22:19|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

この花の写真です。
tulipanさん、
この花の写真ですね。
リンドウ(Gentiana)のようですけど、花弁の中心が刷毛のようになっているのが、よくわかりませんね。
センブリ(Swertia )の仲間かもしれません。
ちょっと見たことありませんね。
トランシルヴァニア地方、温かそうですね。
こちらは、10月ともなれば、山には、花がありませんからね。
また、花の写真、お願いします。
Re: この花の写真です。
thomasさん、はじめてご覧になりますか?
高山植物ですよね。
他の場所では見たことがないので・・・。
木も生えないような山の上に、
こんな美しい紫色の花がひっそりと咲いているなんて、驚きです。
花の真ん中のフワフワした毛が
また可愛らしいです。

青森よりもトランシルヴァニアの方が
暖かいのですね。
去年にくらべて、暖かく美しい秋です。
見たことのない光景に目を奪われました。
「ハウルの動く城」の中で
ソフィ(老婆)がハウルを探しに行く荒野みたいです。

プフレツ美味しそう。
息子さんの笑顔、大好きです。
ブチェジ
こんにちは!10月の初めごろでも山の上は防寒具がいるくらいだったのでは?山の眺望は素晴らしいですね、テレキャビンのおり場あたりは、穏やかな稜線。何度訪ねても、トレッキングしたくなるところです。
カライマンクロスはいかがでしたか?きっと空中散歩を楽しまれたことと思います。
自然が作り上げる岩々の神秘的な造形美とtulipanさんの巧みな言葉使いが一体になって、いつもながら気持ちよく読みふけってしまいました。
何度も読み返しても心に響くブログ、ありがとうございます。
はじめまして
はじめまして、ホリホックと申します。
みさと64さんのブログから、tulipanさんのこちらのページに飛んで参りました。
前回の記事の、森の中にスッ、スッと咲くイヌサフランの姿に、心奪われました。
その可憐で、神秘的な花姿は、心に染み込む感じです。

トランシルバニアと言えば、私の中では、
ドラキュラ伯爵のお城がある、神秘の国のイメージでしたので、
このイヌサフランの花は、正にピッタリ。
でもその他の記事を読んでいくと、
その固まったイメージとは全く違う、
のびのびとした明るい風景が広がり、またまた驚かされたのでした。
そんな時に、新聞に、
ドラキュラ城が現代風テーマパークに生まれ変わろうとしていて、
多くの人たちがドラキュラとこの城との関係を誤解している…という記事を見つけ、
そうなんだ~とtulipanさんの記事とも照らし合わせて、納得したんです。
自分の無知を再確認したところです。

そして、今回も人智を超えた、不思議な風景を堪能させていただきました。
老婆の奇岩郡…ピッタリのネーミングですね。
その広大な風景に触れると、心も外に向かって広がっていくように感じます。
ふと、山形県の蔵王の冬に見られる樹氷を連想しました。
やはり過酷な気候のもとで作られるものなんでしょうね。
その中で可憐に咲く紫の花…感動しますね。

これからも楽しみに読ませていただきます。
雲の上の美術館
こんにちは。
小さな紫色の花が、こんなにも高い山に咲いているのですね。
可憐な花なのに、なんという逞しさ・・・
夢中で花に見入っている息子さんが、とっても可愛らしいです。

山の上の大きな岩。
自然の生み出すものには、不思議な魅力がありますねぇ~
山の上にある素敵な美術館。いえ、雲の上の美術館でしょうか・・・
ゆっくりと観賞させていただきました。
それにしても、このような岩の形ができるほどの厳しい自然の中に、
あのような可愛らしい花が咲いていることの不思議さ。
やっぱり自然って、すごいですねぇ~
Re: タイトルなし
Shinさん、どうもありがとうございます。

ハウルの動く城、
まだ見たことがありませんが
映画の世界のような、
不思議な景観ですよね。

ルーマニアにお越しになったら、
お勧めのスポットですよ。

息子の笑顔、
お褒めくださってありがとうございます。
Re: ブチェジ
マドモワゼル・ヒロコ さん、
こんにちは!

たいした防寒具はもって行きませんでしたが、
太陽の下はあたたかかったです。
頭だけは冷えました。

非日常的な景観に
驚きました。
まるで生きているかのような岩のかたち、
雲の流れる平原、
そして花々・・・。
雲の上の世界はとても心地よかったです。

下調べをしないで行きましたので、
カライマンクロス、どれか分かりませんでした。
Re: タイトルなし
mojyao さん、
何度も読み返してくださって
どうもありがとうございます!

カルパチア山脈の空中散歩、
お楽しみいただけて嬉しいです。

地層が風化して
このような形が自然と出来上がったようです。
それにヒトや神、神秘的な生き物を見出してしまうのが、
面白いですね。
Re: はじめまして
はじめまして、ホリホックさん。
みさと64さんのブログから、
はるばるトランシルヴァニアまでようこそ。

イヌサフランは野原にも咲くのですが、
やはり森のなかでひっそりと咲く花の色は
より神秘的で色がふかく、
美しいと思いました。

トランシルヴァニアというと
ドラキュラが有名ですが、
スラブの民間信仰にみられるもののようです。
森の深い、
神秘的なイメージが
あの小説にぴったりの環境だったのでしょうね。

標高2000m級の山々が聳え立つ
この山脈にもまた、
何か信仰のあとが窺えるようです。

Re: 雲の上の美術館
みさと64 さん、どうもありがとうございます。

はじめはこの紫の花を
踏まないように気をつけて歩いていたのですが、
あまりにもたくさん咲いているのです。
厚くてかたい花びらをもつ、
小さくてもたくましい花。

不思議な岩たちは、
雲の上の美術館の作品ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。