トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ルーマニアの春に夢中

カルパチア山脈のふもと、ここセーケイ地方でもようやく春という奇跡がやってきた。
あの長ーく、暗ーい枯れ色の季節から脱出したら、ぽつぽつと若草色の芽生えがあちらこちらで見られるようになる。ここからが長い、なかなか葉が開いてくれないのだ。
山なみの地方なので、朝と晩には気温がグッと下がる。
そのために、花が咲くのも遅くなる。

この咲きそうで咲かないつぼみや、開くそうで開かない芽をみていると、あの暖かい季節は本当にやって来るのかと不安になってくる。
3月の終わりには夏時間に切り替わったので、昼が長くなる。
それでも太陽が顔を見せないことには、春にならない。

そんないらいらした心持で、曇り空を見つめていた日々も終わり・・・

やっと春がやってきた。
まずは、「黄金の雨」と呼ばれる黄色の小さい花が通りのあちこちで花開いた。
遠くを歩く足取りも思わず軽くなる。

芝生ではスミレが甘い香りを漂わせ、マーガレットはまるで白いじゅうたんのよう。
日本では園芸種として知られているが、こちらでは野草なのだ。
それも親指ほどに小さくて、繊細な形の美しい花。
いままでどこに隠れていたのか、小さいミツバチがせわしく飛び回っている。

この可愛い野の花の虜になったのは、私よりももうすぐ4歳になる息子のほうである。
あの色とりどりの小さな花を見つけるが早く、腰をかがめては摘む、またしばらく歩いては花のところで足を止めるという風だ。なかなか前に進まない。

気が付くと手にいっぱいの花束を満足そうに持ち帰り、ビンに一本一本挿すのが生きがいである。
こんな風に、我が家のキッチンにはいつも花があふれている。


IMG_1821.jpg


oka


IMG_1785.jpg


IMG_1788.jpg


IMG_1805.jpg
スポンサーサイト

Theme:東欧
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2008-04-17_01:45|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

 クリスマスローズも自生しているんですね~。綺麗。
 一番下の片栗、花びらが反り返る姿もかわいいですよね。
全然、植物の名前を知りませんでした・・・お恥ずかしいです。

あれクリスマス・ローズというのですか?でも冬ではなく春に咲く花です。
この渋い色合い、そして繊細かつ華やかな形・・・私も大好きです。

片栗はこのピンクのですね。
越後屋さんは片栗粉をおつくりになったことありますか?
何でもおできになるから、つい聞いてしまいます。