トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

クレジャニのヴァイオリン弾き(前)

まだ表は建設中、
中はピカピカの新築の家の窓に
あのスターの姿があった。
タラフ・ドゥ・ハイドゥークス、カリウをはるばる探しにきた。

黒いスーツに身を包んだヴァイオリニストは、
「 日本からのお客さまは大歓迎だよ。」
とご機嫌そう。
紳士的な身のこなし、黒い瞳には何か
大きなものを感じた。

演奏で世界各地をまわったこと、
日本ではとてもあたたかく迎えられたことを
熱っぽく語るカリウ。

私は拙いルーマニア語を駆使して、
Meanの服を着て、演奏をしてほしいことを伝えると、
「 喜んで。
 もちろん、払ってくれるんだろう?」と
満面の笑みをうかべ両手を広げた。

こうも自信ありげに言われると
しどろもどろになり、
撮影旅行の予算のことを話して、
お願いをする。

カリウと息子のロベルトが
演奏してくれることで、
一応の話は付いた。

ふとカリウが、
部屋のベッドの上にあるヴァイオリンを手にとった。



弓がやさしく振りおろされ、
ヴァイオリンの弦に触れると、
私たちのからだはすっかり固まってしまった。
まるで耳と目だけが動いているかのよう。

リズムとともに、しなやかに動くカリウのからだ。
黒いひとみがきらきらと輝き、
白い歯がこぼれると、彼の顔いっぱいに
音楽の喜びがあふれていた。

低く胸をえぐるような曲調から、
こんどは透きとおるような高い音色がひびく。
ヴァイオリンの音色は、
だんだんと強く、はやく、激しくなっていく。

演奏は、
不意にあけられたドアで止まった。
奥さまがコーヒーを持って、
入ってくる。

その5分ほどの演奏は、
私たちに十分すぎるほどの感動と喜びを与えてくれた。
帰ってからも、その幸福な余韻に浸っていた。
まさに、このためにクレジャニにいるのだ。




18日、最終日は
重く灰色のそらが広がっていた。
天気予報によると、雨。

ギャラに満足していないマリウス出現のトラブルで、
10時よりすこしおくれてカリウの家に向かった。

カリウの案内で、
お姉さんの家へと向かう。
楽師通りから、すこし中へ入ると
通りのないところに小さな家が集まっている。

「 俺の家はかつては、ここにあったんだ。」と語る
カリウの目の先には、
さみしげな原っぱが広がっていた。

IMG_4679.jpg

「 ここで小さいときはすごし、
それからキャリアを重ねていって、
やっと今の生活がある。」

「 姉さんの家は、ここだよ。」
すぐそばに、エメラルドグリーンの壁の
小さな民家があった。
部屋の壁には、ジプシー独特のペルシャじゅうたんがかかっていた。
撮影はどうやら、ここに決まりそうだ。

洋服の詰まったスーツケースを
いっぱい抱えて、
部屋でスタイリングの準備。
丹羽さんは真剣な表情で、
モデルの洋服を選ぶ。

カリウは生成りのシャツと、
ネクタイ風にスカーフを巻いた
おしゃれなスーツ姿。
中年のからだに、若者向けのサイズの服が
少しきつそう。
それでも、「大丈夫だよ。」と笑顔。

息子のロベルトは、
ベストにカウボーイハットの
カジュアルなスタイル。
浅黒い肌に、
シックな色合いがとてもよく似合っている。
本人も、「いいね、この服。」とお気に入りのようす。

カリウには、
はじめに少年時代をすごした家のあった場所で
ヴァイオリンを弾いてもらうことになった。

あの晩、部屋で私たちに演奏してもらったのと
同じ曲目。
やっぱり演奏がはじまると、
カリウはものすごいオーラを発しはじめる。
ヴァイオリンは時に哀しく、
時に楽しげにうたう。

撮影用のビデオに気を配り、
周りをとりまく子どもたちに気をつけながらの撮影、収録。
だんだん収録現場に近づいてきたり、
ビデオの前に飛び出してくる子さえいる。

今度は柳の木のしたで、
息子のロベルトと競演。
ロベルトも天才ヴァイオリニストの血を
しっかりと受け継いでいるようだ。
息子を引き立てるような、
カリウの演奏もまた素晴らしかった。

それから、お姉さんの部屋で
演奏とインタヴュー。

カリウは、あの熱い瞳で
日本をリスペクトしていること、
日本での演奏を強く望んでいることを訴えた。
最後にキスを投げ、
日本語で「アリガトウ」と言った。

アラタさんが、
「そう言ってもらおうと思ったんだけどね。」
と嬉しそうだった。
きっと、想いが通じたのだ。

それから、今度は
ロベルトとカリウのデュオが
室内ではじまる。

お孫さんのタイコのリズムに合わせて、
ヴァイオリンを鳴らすカリウ。

IMG_4643.jpg

音楽を生みだすときの、
彼の表情が好きだ。

IMG_4665.jpg

小さな部屋なので、
ビデオカメラも、いっぱいいっぱい。
私たちは部屋の外で待っていると、
おぼろげにヴァイオリンの激しい音色が
聴こえてくる。
みなで中の様子を見守った。

IMG_4673.jpg

やがて演奏が終わった。
感謝の気持ちを伝えに、
部屋の中に飛び込むと、
演奏のあとの熱気が部屋にたちこめていた。
「 カリウ、ありがとう!」と抱きつくと、
彼のからだは驚くほど熱かった。

演奏のあとは、いつも
演奏者に感謝をあらわそうと心がけている。
カリウは毎回、私を抱きしめて
頬にキスをしてくれる。
こういうところが、また愛情深くて紳士的なのだ。

こうして収録は無事終了した。


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(1)|ジプシー文化|2009-10-21_16:11|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タラフ・ドゥ・ハイドゥークス@『トランシルヴァニアへの扉』と映画のこと
フランス映画『オーケストラ!』を見て以来、ルーマニアのロマバンド、タラフ・ドゥ・ハイドゥークスがまた気になってきたブログ主です。カリウがコンサートマスター役を好演していたからです。バンド名は「義賊の楽団」を意味しているのですが、そのハイドゥーク(義賊)については、みやこうせいさんのCDブック『カルパチアのミューズたち~ルーマニア音楽誌』にも書かれていて、 ルーマニアのヒーロー、ハイドゥ...

コメントの投稿

非公開コメント