トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

イェッド村での再会ーMeanの服とともに

撮影三日目で
トランシルヴァニアに初雪がふった。

トゥルグムレシュに近づくとみられる、
なだらかな丘もほのかに
白く色づいた。

祈るような思いで
撮影の日を待つと、
雲のあい間から明るい光がさしていた。

その日は、思い出ぶかいイェッド村へ。
「 イェッドには晴れの日が似合うから、
 晴れていてよかった。」とYUUMIさん。

いつもの通りに、
カティおばさんの家の横に車を止める。
中からは、あの張りのあるおばさんの声が聞こえてこない。
外出中かと、お隣さんに聞いてみたら
「 カティおばさんはね、今ハンガリーに出稼ぎに行っているよ。
 クリスマスまでは、帰らないだろうね。」という返事。

仕方なく、友達のムンドラの家の前に止めさせてもらう。
ムンドラは、いつもの笑顔で
息子さんを抱いて現れた。

「 前のダンナがね、
 この前、うちに来たのよ。」と嬉しそうに話す。
この付近の町に暮らす、
ハンガリー人の男性と結婚したが、
ご主人さまの暴力で家に帰ってきたムンドラ。
まだ年は、20歳。
「 でもね、お母さんがすぐに出て行けって言ったわ。」と彼女の
表情がすぐに曇った。

ジプシーの女性は、一度実家に帰ると
子どもは里親の手で育てられるという。
彼女がもし新しい相手を見つけたら、
子どもとは別れないといけない。

これからモデルを探しにいくため、
あの見えない境界をこえて
村の端の方へいくことを告げた。
ここから先は、ハンガリー語もあまり通じないので
彼女に通訳をお願いした。

雪はないものの、
冷たい風が吹きすさぶ。
Mean
春夏コレクションに置きかえると、
春一番の風といったところだろうか。

IMG_4538.jpg

何人か目ぼしいモデルの女性が見つかり、
写真撮影がはじまった。

IMG_4560.jpg

IMG_4569.jpg

小さな女の子を抱いた女性。
私たちに写真を撮ってほしいせいか、
赤ちゃんはうすい夏物のワンピース姿。
冷たい風は、
その小さなからだに容赦なく吹き付ける。
撮影の合間、
しばらくその子を抱いた。

ジプシーの女性は、
誰の子どもにでも同じように
愛情をそそぐ。
母親になるとはどういうことか、
教えられる気がする。

暖房のない小さな家。
まだ20歳の女性は、
この家でご主人さんと赤ちゃんと暮らしている。

お乳のでない彼女は、
まだ5ヶ月の赤ちゃんに粉ミルクを買うこともできず、
きのうは煮たお豆を与えたと話す。

頭にかぶったスカーフをはずすと、
思ったよりも若々しく、
かわいい女性。

彼女の部屋で、スーツケースを広げて
スタイリングをはじめるデザイナーの丹羽さん。
子どもたちが、
もの珍しそうにのぞいていた。

IMG_4571.jpg

最後に、
「 ムンドラとムンドラの妹さんを
撮りたい。」という言葉で
私もすっかり嬉しくなる。

もうここの村を訪ねて、4度目。
何だか妹のように思えてくるムンドラと
ご家族にとって、
きっと素敵な思い出になるに違いない。

まだお嫁入り前のテレーズは、
生成りとブルーの
チュニック風ワンピースに、
レースのボレロを羽織って。
これにはアンティーク風の加工がしてあって、素敵。
ムンドラは、ベージュにピンクと黄色の花柄ワンピース。
彼女のやさしい人柄にぴったりの配色。

おもてのベランダのところで、
かわいい姉妹が並ぶ。
明るい太陽の光がふりかかる。
冷たい風はいまだに吹きつけるけれど、
春がここだけ訪れたような感じがするのは、
Meanのファッションのせいかもしれない。

mindra en terez1

いっしょにおしゃべりをしたり、
くすぐりあったり・・・
姉妹ならではの、
ほほえましい風景を見ていると
こちらからも自然と笑みがこぼれてしまう。

mindra en terez

最後に、
クマさんのようなムンドラのお母さんに
Meanのメンズのニットを着させたら、
おばさんの胸部がくっきり見えてしまって
こちらはNG。
照れ笑いをするお母さんに、
思わず噴出してしまった。

撮った写真を持ってくることを約束し、
「 カティおばさんが見たら、
 いったい何て言うかしら?」と笑いあった。

またイェッド村に
足を運ぶことになりそうだ。

mindra.jpg


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-10-23_06:17|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

情熱の赤
姉妹の写真には思わず笑みがこぼれました。

最後の写真、赤をこんなに素敵に着こなすのは
ジプシーだからでしょうか。
とても美しいです。
Re: 情熱の赤
Shinさん、どうもありがとうございます。

ほんとうにその通りですね。
ジプシーの女性に赤は
よく似合います。

いつの間にか、妹のような
気がするムンドラ。
赤いほっかむりが、
赤ずきんちゃんみたいでかわいいです。

幸せになってほしいと思います。