トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

黒い湖の市

トランシルヴァニアで一年に一度開かれる、
黒い湖の市。
クルージ・ナポカから近くの、
小さな村が舞台となっている。

車ではるばる6時間。
クルージ・ナポカから西側へ。
カロタセグ地方で車を降りる。
ボガール・テルケ村の知人宅で就寝。

朝8時の電車にのるべく、
無人駅をめざす。
秋のトランシルヴァニアに特有の、
濃い霧があたり一面にたちこめる。
まだ夢の中をさまよっているようだ。

IMG_4169.jpg

小さなプラットフォームでは、
年に一度の市で売りにいくもの、
買いにいくものがたたずんでいる。

IMG_4165.jpg

「 何を探しにいくの?」
「 何を売りにいくの?」
村の知った顔同士の、会話がはじまる。
友人のアティラさんに、
「 キレイなブーツがあるよ。どう?」と
すぐに商談がはじまった。

カロタセグのプリーツ・ブーツ。
かかとには、小鳥のモチーフが刺しゅうされていて
うつくしい。

IMG_4166.jpg

遅れてやってきた、空色の列車にとびのる。
中はすでにギュウギュウ詰め。
コンパートメントに入ることさえできない。
大学生らしい団体が、通路のあらゆる場所を占領して
座っていた。
「 こんなに満員じゃ、
 検察もきっとこないだろうね。」と笑う。

満員列車の旅も、
話し相手がいれば楽しいもの。
よじれた体は苦しいけれど、
やがてローカル列車は小さな村に停車した。

IMG_4178.jpg

降りたら、もう市場は目の前に広がっていた。
無数のテント、ごった返す人々・・・。

外国人と一見して分かる
私をおいて、ダンナもさっさと自分の目的に向かって
行ってしまった。

かつて「娘市場」と呼ばれていた
この伝統ある市では、
結婚相手を探す場所だったそうだ。
お金さえあれば、何でも手に入る。

IMG_4290.jpg

ちいさな橋のしたに、
テントとビニールシートが広がっている。
色鮮やかなジプシー・スカートに見とれていると、
「 ほら、あんた。ちょっとおいで!」
とジプシーのおばさんに声をかけられた。

IMG_4184.jpg

「 どんなものを探しているの?」と
次から次にシートにばらまかれた
衣装を持ってきて、見せてくれる。

「 私は、ジプシーのダンス講習会でも、
 衣装を売っているのよ。安くしとくからね。」と
積極的に商談をすすめてくるおばさん。

IMG_4185.jpg

セーク地方の皮のジャケットが、
思ったよりも安かったので、買うことにした。
不意にやってきたダンナに、相談。

試着した後で、からだにたくさんの羊毛がついていたので
裏返してよく見ると・・・。
羊の毛がどんどん手で取れていく。
虫にやられてしまったようだ。

もうすぐの所で、買ってしまうところだった。
次からは気をつけよう。

また独りでぶらぶらしていると、
織りの素敵な袋を見つける。
「 こうしてね、肩にかけて使うのよ。」と見せてくれた、
ルーマニア人のおばさん。
農作業用に使っていたかばんは、
前と後ろが袋になっている。

IMG_4192.jpg

珍しい手仕事を発見したので、
思わず立ち止まってしまう。
ゴブラン織りのような、立体感。
裏をひっくり返すと、チェーンステッチのようになっている。
どうやって作ったのだろう。

IMG_4196.jpg

おばあちゃんが、可愛らしいペチコートをはいて
お客さんに見せている。
値段を小耳にはさんだが、
一瞬にして忘れてしまうほど高価だった。

IMG_4202.jpg

なんてエレガントなエプロン。
エプロンは、民俗衣装の中でも花形。
飾ること、見せることに中心がおかれるので
その土地土地の美意識を、
見事にあらわしている。

IMG_4204.jpg

チロリアン・テープがはりめぐらされたエプロン。
簡単なのになんて、おしゃれ。
「 さあ、どう?」とおばあさん。
「 ごめんなさい。お金がないの。」というと、
「 それは、大変だわね。」という返事。
思った以上に、お金がいる市・・・。

IMG_4206.jpg

村の民家によく見られる、
ハンガリーのラーコーツィ王の絵。
ナイーブ・アートの、こってりとした色使いがいい。

IMG_4209.jpg

先ほど見た、セークの革ジャケットを見つける。
「 そんなに高くは、しないよ。」という女性。
聞くと、案外手ごろな値段だったので、
すぐに購入。
セークの女性の紅色は、
なんて気品のある色なんだろう。

IMG_4212.jpg

橋をわたって、向こう岸に。
白いテントが、どこまでもどこまでも続いている。

IMG_4219.jpg

上からこうして眺めているだけで、
一日が過ぎてしまいそう・・。

IMG_4222.jpg

フォークアートで有名な、カロタセグ地方は
ここ一帯に集まっている。
ティスタ・ソバから、少しずつあの宝物を持ちだして
売っているおばさんたち。

IMG_4228.jpg

川岸に並んだ刺しゅうや織物の数々。
ルーマニア人の手芸は、大柄で色使いも濃く、はっきりしている。
まるで展示でもしているかのよう。

IMG_4226.jpg

ボガールテルケ村のカティおばあさん。
80すぎのおばあさんが、はるばる独りで
ものを売りに来ている。
「 ちょっと、お待ちなさい。」と
値段に不服のお客を呼び止めている。

IMG_4234.jpg

どこからともなく、音楽が流れてきた。
誰に聴かせるということでもなく、
自然に弾いている、その感じが
この市の雰囲気にぴったりとあっている。

IMG_4260.jpg

深い赤と黒のエキゾチックな配色の布がいっぱい。
「 この布は、イスラエルから直輸入だよ。」とおじさん。
セークのおばさんも買い求めている。
いつか、この布地が民俗衣装に生まれ変わるのだろうか。

IMG_4270.jpg

見るからに暖かそうな、
羊使いのコートを羽織ったおじいさん。
ジプシーの青年たちといっしょに。

IMG_4277.jpg

ここだけがインドみたい。
キラキラと金糸が輝く、
目の覚めるような衣装を着た
ジプシーの女性たち。

IMG_4287.jpg

フェルトのコートには、
1934年の刺しゅうが刻まれている。
今は数のすくない、ドイツ系の民俗衣装。

IMG_4331.jpg

壊れた古いヴァイオリンたち。
長い年月のほこりを吸って、
どんな音が鳴りひびくのだろう。

IMG_4330.jpg

その隣には、湿気をふくんだ古い布きれが山になっている。
よく見ると、ヘブライ文字や星マークの刺しゅうがある。
これはユダヤ人のもの。
小さな袋をひっくり返すと、
お守りのようなものが転がりでてきた。

行きの車の中で、
友人のお父さんが話した言葉が思い出される。
「 俺たちが小さいときには、
 町にハンガリー人も、ルーマニア人も、
 ジプシーも、ユダヤ人もいたから、
 民族が違ったって何の問題もなかった。
 
 大学時代にクルージ・ナポカに出て、
 はじめてそうじゃないって分かったんだ。」

ドイツ人はドイツへ移住し、
ユダヤ人はイスラエルに渡っていった。
それでも、なおこうした古い品々は、
そうした民族の痕跡をしっかりと残している。

IMG_4333.jpg

黒い湖の骨董市は、
長い年月を通じて人とモノとの出会いの場所であった。

次の年の1月ごろには、自然とこういう会話が聞かれるようになるそうだ。
「 今年の黒い湖にはいく?」
私は、迷わずきっとこう答える。
「 もちろん。」


トランシルヴァニアをあなたの心に・・・。
              
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

*黒い湖の骨董市で見た、
 トランシルヴァニアの手芸品の数々はこちらで。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|イベント|2009-10-27_16:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ここはいつの世界?
こんにちは~

ここはいつの時代の、どこの世界?と思わずつぶやいているホリホックがいます。
この市では、様々なものが売られているようですが、
みんな手作りの品物なのでしょうか?
tulipanさんが、刺繍などの手仕事を中心に見て歩いてくれるので、
ジプシーのスカートや、民族衣装のスカート・エプロンが画面に溢れていて、
そのどれもこれも素敵な品物で、ため息が出ます。
この品々も全て、ここに登場するおばちゃん、おばあちゃん達の、
手仕事で作られたものなんでしょうか?
この市で、生計を立てているんですか?
どこからどうやってこの場所にやってくるのでしょうか?
どうも勉強不足で、疑問ばかりが浮かんできて、スミマセン。

こうして楽しませていただいていると、
世界は広くて、価値観は様々だと実感します。
眺めているだけの私には、思いも付かない苦労もあるのかも知れませんが、
ここに登場する人達は、生き生きとして楽しそうに見えます。
そのパワーが、私にも伝わってきて、不思議と元気になりました。
Re: ここはいつの世界?
こんにちは、ホリホックさん。

この市は、古くから
いわばフリーマーケットと骨董市が
合わさったような形で続いてきたようです。
近くの、といっても電車や車で
1、2時間は離れた村々から、
こうした手仕事や家の雑貨いろいろ、骨董品、
古着や古靴の業者も出ていました。

おばあさんたちの手芸を主に
私は見てきましたが、
古くから伝わったものを売る場合と、
新しい材料と古い刺しゅうをあわせて
民俗衣装を作って売る場合もあります。

カロタセグ地方やセーク地方では、
農牧業の副業として手芸をする
おばあさんたちが多いようです。

日本の社会とはまったく
違うペース、違う価値観・・・はじめは動揺しますが、
いろいろな人がいるから、
また複雑で面白いのかもしれません。