トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

ヴィシュターフォークロアが息づくカロタセグ地方の村

10月のはじめ、
私たちは再びカロタセグ地方にいた。
私たちの暮らすスフントゥ・ゲオルゲから
車で6時間あまり。
なだらかな丘と丘の合間で
車を降りた。

ぼんやりとしたくもり空、
乾ききった色のススキ野原。
涼しげな風がそよいでいる。

IMG_3980.jpg

まだ日が暮れるまで時間がありそうだ。
さて、ここからどこへ行こう。
地図を広げてみると、
ヴィシュタという村が近くにあるらしい。

むかし、6年前にブダペストでまだ学生だったころ。
建築史を専攻する日本人留学生の方と、
私たちでカロタセグの村を見てまわったことがある。

ヴィシュタの駅で降りて歩いていると、
声をかけて馬車に乗せてくれた人がいた。
村を歩いていたら、
手招きをして家のナシを分けてくれた人もいた。
大きな洋ナシを両手にいっぱいのせながら、
「 小さい人間は、小さい人間を助けるものさ。」とおじさん。
そんな素敵な思い出のある村。

村に入ると、可愛らしい石造りの家が立ちならんでいる。
壁には、カロタセグの衣装を着た人々が彫ってあり、
門にはイノシシの子のような彫刻がのっている。

IMG_3986.jpg

カロタセグ地方は、門や建物の飾りも華やか。
雨どいの上には、小さなこんなオブジェも。
モミの木と小鳥たち、1976という年号も入っている。
あのジプシー職人が作ったものだろうか。

vista1.jpg

バラと兵隊さんのレリーフ。

IMG_4001.jpg

黒い衣装のおばあさんが道を横切った。
革のベストを手に持っていたので、
たずねて見せてもらう。
この地方のおばあさんは、
ご主人をなくすと喪服が日常着となる。

IMG_4010.jpg

ちょうど中心の広場のちかくに
新興宗教のアドベント派の集会場があったので、
トイレを借りる。
番をしていたおばさんに、
「 この村で、刺しゅうをする人をご存じないですか。」とたずねると、
「 さあね・・。
 あなた、ハンガリー語読める?
 この本をプレゼントするわ。」といって、
宗教冊子を手わたした。

IMG_4039.jpg

この村のカルバン派教会は、歴史が古い。
宗教改革が起こって、
トランシルヴァニアにプロテスタント教が伝わったのは17世紀ごろ。

偶像崇拝をきらい、
よりシンプルに教会を作ろうとする起こりがはじまって、
教会の壁は白く塗りかえられた。
イエスの像、マリアや聖人の絵の代わりに
地方の手芸や工芸が使われるようになった。

中を案内してくれたのは、女性の牧師さん。
「 写真は、撮ってはいけないことに決まっているの。
 私じゃなくて、教会の決まりだからね。」

かつて6年前に会ったのと、同じ牧師さん。
その日は、村の収穫祭の準備で忙しいからか
意外とそっけない。
「 私たち、6年前にもここにきて、
 あなたとお会いしましたよね。」と嬉しそうに話すと、
思い出したようだ。
「 そうね、少しだけなら。」と許可をもらって、
写真を撮らせてもらう。

IMG_4023.jpg

この教会の新しい遺産は、
漆喰の壁から発見されたフレスコ画。
カトリック時代の、古い絵画が
こうして何百年もの時をへて見つかることもある。

IMG_4022.jpg

天井を見上げると、植物もようのギャラリー。
花や植物に加えて、
星や月、太陽、動物などのシンボリックな世界観。

IMG_4024.jpg

牧師さんがお説教をする台。
王冠のうえには、
カルバン派の象徴であるペリカンの像も見られる。
古いイーラーショシュの刺しゅうクロスが、
古い絵付け家具にぴったりと寄りそう。

IMG_4027.jpg

牧師さんにお礼を言って、
刺しゅうをするおばさんを尋ねると、
「 バルタ・イボヤ・・・。それしか知らないわ。」という返事。

その手芸のおばさんを探したずねる。
通りでは、可愛らしいおばあさんがお孫さんを
お散歩させているところ。

IMG_4044.jpg

「 教会から数えて、6件目の古いおうち。」
と話に聞いた家がこちら。
木造の透かしもようがうつくしい、カロタセグの古い民家。

vista2.jpg

「 バルタ・イボヤさんを探しているんですけど。」と
おそるおそる尋ねると、家にご在宅のようす。
おじさんに促されて、部屋のなかへ。

可愛らしい衣装をきたおばさんに、
教会の牧師さんの紹介できたことを告げると、
「 あっ、あなた・・。」と驚く。
暗い室内でよく分からなかったが、
先ほどアドベント派の教会で留守をしていたおばさんだった。

それにしても、先ほど刺しゅうについて尋ねたのに・・。
おばさんはさっそく、お手製のベストを見せてくれた。
「 使っているのは、この糸。」と
光沢のすばらしい絹糸を手にもって。

IMG_4053.jpg

1ミリのすき間もないほどに、
密集した糸のうつくしさ。
息が詰まるほどの、
たくさんの文様がうごめいている。

IMG_4054.jpg

お部屋の壁にかかっている
クロスステッチのタペストリー。
バラの森とシカ、キノコがかわいい。

vista3.jpg

この細長いふくろは、
お菓子やパン作りにつかう麺棒いれ。
バラのクロスステッチが素敵です。

vista4.jpg

古い木造の家の縁側では、
ブドウのつたが日陰をつくっている。

IMG_4108.jpg

イボヤおばさんは、その古く趣のある部屋をすみから
すみまで見せてくれた。
ふと部屋の中でみた、分厚いコットンのギャザースカート。
「 これはスカートの下にはくものよ。
 ほらね、こんな風にきれいに見えるようにね。」
驚いた。
てっきり、おばあさんたちの体型が腰張りなのかと思っていたら、
作りこまれた理想のからだつきだったのだ。
民俗モチーフでも見られる、
女性の象徴であるTulipan(チューリップ)のようなからだ。

突然の訪問だったにもかかわらず、
親切におもてなしくださったバルタ夫妻。

vista5.jpg

そして、再びあの谷間を歩いていた。
もう日は傾いてきている。
目指す村は、まだ遠く。
丘にさえぎられていて、見えてこない。

ヒッチハイク成功で、
ボガールテルケに着いたのは、日没前。
いつもの小さな一本道。

IMG_4160.jpg

菊芋のお花が伸びている。
「 めしどろぼう」といわれるほど、
ジャガイモのような根っこは美味しいと母が話していた。

IMG_4161.jpg

トウモロコシの葉も、すっかり干からびている。
秋はますます深くなり、
これから長い長い冬がはじまる。

IMG_4162.jpg



トランシルヴァニアをあなたの心に・・・
              クリックをお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


*バルタ・イボヤさんの刺しゅうベストに関して、
 詳しくはもうひとつのブログにて。
 ICIRI・PICIRIの小さな窓
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|カロタセグ地方の村|2009-10-31_11:43|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

カロタセグ地方
カロタセグ地方、
観光地のキラキラした場所の映像はいろいろあると思いますが、海外の風景でこのような写真を見たのは、初めてのような気がします。
門の上のイノシシの子のような彫刻:面白いですね。
手の込んだ刺しゅうなんかは、時代ともになくなってくるんですよね。
ちょと、うまく感想がでてきませんが、このような写真また紹介してください。
Re: カロタセグ地方
thomas さん、どうもありがとうございます。

トランシルヴァニアのほんとうの魅力は、
キラキラした観光地ではなく、
こうした普通の素朴な村にあると思います。

バルタさんご夫妻の家、
100年ほど前の民家で、内装もとても雰囲気がよく整えてありました。
こんな素敵な家に、観光客を泊まらせたら・・・と話したのですが、
もう高齢でそんなゆとりはないと話していらっしゃいました。

刺しゅうも、作り手はかなり高齢化していっています。
あと何十年続くでしょうか・・・。
こんにちは。
tulipanさんって、チューリップのお花でしたかぁ…(笑)
どんな意味なんだろうって、ずっと思っていたのですが・・・
そしてそちらでは、チューリップは女性の象徴なのですね。

素敵な建物と、優しそうなおばさんたちの姿・・・
(このふくよかな姿の正体が、ペティコート(?)だったというのも楽しいお話…)
どこの村にいっても、こんな素晴らしい光景が待っているのですねぇ~
建物は、その全てが芸術作品のようです。
細部にまで彫刻が施されていたり、1本の柱までも丁寧に作られている。
手芸のおばさんち、古い民家の透かし模様にも驚きました。
特別な建造物でなくても、このような素敵な造り・・・
我が家も白壁なので、こんな可愛らしいタペストリーを飾りたくなりますねぇ~
キッチンの引き出しに無造作に突っ込んである麺棒も、
こんな素敵な袋に入れて提げておいたら、お料理も楽しくなるでしょう。
暮らしの中にも、美しい刺しゅうがふんだんに取り込まれて・・・
こんな風に、心豊かに暮らしてみたいものです。

お母様のおっしゃるとおり、菊芋は素朴な味ですけど美味しいですよ。
こちらでは近年、国道添いに『道の駅』というものがたくさんできまして、
トイレはもちろん食堂もあったり、新鮮な地場産の野菜や果物が格安で並んでいます。
(車で出かけたときには、道の駅に寄ることも楽しみのひとつです…)
畑の脇に設置されている直売所(たいていは無人で、設置された箱にお金を入れるだけ)
などもあり、そんな場所で菊芋を買い求めて、味噌漬けにします。

いつも素敵な旅日記をアップしていただいて、ありがとうございます!
たくさんの写真や会話がその情景を伝えてくれて、とっても楽しいです。
Re: タイトルなし
みさと64 さん、ご訪問くださって
ありがとうございます!

Tulipanは、ハンガリー語でチューリップの意味です。
チューリップとハートは、フォークアートの世界では
欠かせないモチーフで、
チューリップが女性、ハートが男性ととらえる見方もあります。
ペチコートをはいて、たっぷり大きな腰を見せる・・・
おばあさんたちの考え方には
まだフォークロアが息づいていて、感動しました。

イボヤおばさんの家、(イボヤはスミレの意味です)
家のつくりとインテリアがぴったりで、
暮らしている住人がいかに古くからの生活を
守ってきているかが覗えます。
麺棒も・・・こんな風に大切にしまわれて幸せですね。

昔から、母に野の花の名前を教えられても
覚えられなかったのが、最近は気をつけて聞くようにしています。
息子にも教えてあげられるように。

菊芋、秋をしのばせる
深い黄色ですね。
そのお芋も、いつか食してみたいです。
いろいろと教えてくださって、ありがとうございます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。