トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

セーケイの子どもたちと敬老の日

「 ママ、セーケイの服を着るんだよ。」と、
息子が前から楽しみに待っていたその日がきた。

更衣室に子どもたちを連れて行くと、
一人一人の名前が書かれた紙と
きれいにたたまれた衣装。

男の子は、袖のひろがったシャツに、
すそに飾り模様のついた白いフェルトのパンツ。
そして黒いフェルトのベストがくる。

女の子は、裾のひろがったブラウスに
赤と黒の縞模様のスカートとベストに、
真っ白なエプロン姿。
ディティールを白いレースが彩る。

IMG_5079.jpg

セーケイとは、トランシルヴァニアの東側の
カルパチア山脈沿いに住むハンガリー系のルーマニア人のこと。
もともとは12世紀くらいから、
当時ハンガリー帝国の国境を守る兵士として
呼ばれた民族であるとされている。
みな母国語をハンガリー語として、
自分たちの文化に対する自負が人一倍強い。
周りはルーマニア化されたとしても、
自分たちは負けないという誇りと意志がある。

だから、保護者の方々も
娘息子の写真をお願いしてこられる。
「 うちの娘、はじめてセーケイの服を着るの。
 写真をおねがいね。」

いつもの遊びも、衣装だけで
こんなにも雰囲気が変わってくる。

IMG_5102.jpg

鬼がハンカチを手においたら、
ハンカチを持った子が鬼を捕まえる遊び。

IMG_5119.jpg

クラスでは毎週、民俗舞踊の時間がある。
今日はその発表会。

IMG_5191.jpg

息子は仲良しのボギとペア。

IMG_5206.jpg

それから、一人一人が歌と詩を披露する。
詩は音楽と深いかかわりがある。
第一音節を強くする
ハンガリー語独特のアクセントは、
まるで唄うようでもある。
幼稚園教育でも、詩は重要視されているようだ。

IMG_5281.jpg

それから、カトリック教会から神父さんがこられ、
お話をしてくださった。

IMG_5330.jpg

おじいさん、おばあさんたちが
小さなお孫さんをしっかりと胸に抱いて、
お話を聞く姿。

IMG_5338.jpg

IMG_5343.jpg

「 皆さんにお見せしたいものがあります。
 私が生まれた40年代は、ここがまだハンガリーだった時代でした。
 その63年前に、職人さんがふたつの腕で作ったおもちゃをお見せしますね。」

「 この鈴は、63年間ずっと
 クリスマスがやってくるたびに、こうして鳴っていたんですよ。」
やさしい鈴の音が、響いた。

IMG_5379.jpg

子どもたちは古い木製のおもちゃを、
そっと隣へ手渡していく。

IMG_5373.jpg

時代が変わり、
今の子どもはあふれるほどのおもちゃを持っているけれど、
60年も大切にできるものが
その中にいくつあるだろう。

子どもたちが、おじいさんおばあさんへプレゼントするのは、
黄色い菊の花と、子どもたちの描いた絵。
心臓に病気があるレベカ。
おばあさんとひいおばあさんが見に来てくれた。

IMG_5420.jpg

「 もう、セーケイの服を脱いじゃうの?」
息子は、とても気に入った様子。
いつか、このうつくしいシャツを縫ってあげよう。

IMG_5462.jpg

このあたたかな家族の空気は、
どこかクリスマスを感じさせた。
クリスマスまで、あと一ヶ月とすこし・・・。

IMG_5464.jpg



トランシルヴァニアをあなたの心に・・・。
              
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2009-11-13_13:59|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な衣装!
そうして小さな頃から民族の誇りを養って行くのでしょうか。
何気なくても素晴らしいですね。
日本では さしずめ浴衣を着たり、かな?
そちらではまだカメラを持つ家庭も少ないようですから ケータイとかPCなどは言わずもがなですね。
日本では 子供たちに有害サイトをどう阻止するか とか、ケータイでの「いじめ」書き込みモンダイとか いろいろなんです。
数十年も受け継ぐおもちゃを手にして 子供たちの反応はどうだったでしょう。 

新しく生まれる文明利器に当の大人が対処できずにいますね。
そちらでは 子供に超人気のアニメキャラなんてものは ありますか?
何でもすぐに商品化して儲け主義にしてしまう…その餌食になるのは子供たちと若い親。  考えさせられます。




Re: 素敵な衣装!
霧のまちさん、
セーケイの衣装に民俗舞踊、
ささやかことですが、こういうことが大切な誇りなんだと思います。

90年代以降に生まれたこともたちは、
西欧コンプレックスに苦しんでいるように思えます。
自分たちのおかれている環境に満足できない、
または誇りをもてず、
はやく国を出たいと思うようになる・・・。
それは村ではなく、
町に住む子どもに多いように思われます。
まわりの大人が、
小さな文化の素晴らしさをきちんと教えていかないといけませんね。

こちらはそこまでネット文化が行き過ぎていないと思いますが、
テレビを通じてアメリカ文化は確実に
入ってきているようです。
うちはテレビがないので、
そういうことに神経を遣わなくてすみます。

まだ古い世代の人たちが、
こんな風に別の価値観を教えてあげられるうちは、
まだ良いですね。
モノがない社会主義時代のよさを、
もう一度、思い出すことも必要なのではと思います。

民族の伝統
こんにちは。

本当に素敵な民族衣装ですね。
形や色合いも可愛らしいですし、
細かい所まで行き届いたデザインに伝統を感じます。
これは借り物なんですね。
一年に一日だけ、この衣装を着ての発表会なのでしょうか。
普段この衣装を着ることは、あるんですか?
大人が着てお祭りなんかで、ダンスをする機会もあるのかなあ?
もしあるなら、またブログにUPしてくださいませ。
おばあちゃんたちの手の中に包まれて、
安心した表情の子供たちが、いいですね。

民族衣装もそうですが、
何十年も前のおもちゃを大切にしている事や、
それを子孫に伝えていく事など、
大人が自分自身に誇りを持っていないと出来ない事ですよね。
グローバル化が悪いとは言いませんが、
最近はあまりにも情報が多すぎて、
自分の価値観が正しいのかどうかわからなくなっている感じです。
そんな中で、子どもはどうやって育つんだろう。
親の一人として、考えさせられます。

最後の写真、足踏みミシンですか?違う?
デザインもレトロで素敵。
自分のペースにあわせて縫い物が出来るんですよね。
このミシンで何が出来上がっていくのか、楽しみです。






Re: 民族の伝統
いつも、どうもありがとうございます。

セーケイの民俗衣装は、
昔は村によっても
スカートの色が違ったりしたそうですが、
もうスタンダード化されてしまっているようです。

もちろん、大人も着ますよ。
今では、大きな祝日とか
フォークダンスのときだけですが、
また写真をのせますね。

ここの地域はルーマニアでも特殊で、
保守的ですし、
少数民族として誇りをもっていますので、
子供の教育にもよい意味で
影響があると思います。

ここでも戦争世代の人たちは、
やっぱりしっかりしていらっしゃいます。
こういう世代の方たちに、
子供たちと接してほしいですね。

最後のミシンは、幼稚園の控室にあったものです。
足踏みミシンはまだ多く見られます。
うちのは、ただいま故障中です。。。

綺麗
 伝統的な衣装とても美しいですね。そして息子さんが喜んで来ているところがまたとても良いことだと思います。
 浴衣も同じように馴染んで両方の良いところをしっかりと覚えていってもらいたいですね。

 詩が大切にされるのはロシアと似ていますね。こちらも幼稚園から詩の教育は始まっていてとても大切にされています。大人の方も宴席等でとっておきの詩をろうろうと歌われる方いらっしゃいます。

 村は歴史の新しいこと、ロシアの平均寿命がかなり短いこともあって、やはり戦争を体験した世代は年々少なくなっています。そしてここ数年で減少率が急激に上がっています。
 ロシアはソ連時代の影響も有り、両親は働いて祖父母が面倒を見ているという形が残っているうえ、村は田舎なのでよりその傾向が強いのですが、これは良いことなのだろうなーって思います。まあ子供もまだまだ情報が限られていて純粋だというのもありますけど。
Re: 綺麗
越後やさん、どうもありがとうございます。

息子は、私が民俗衣装を着た人を写真に撮るからか、
とても楽しみにしていたようです。
どれだけ自分をセーケイである、と思っているかは分かりませんが。
夏には、よく甚平さんを着せるんですよ。

私もここにきて、こんなに詩を重んじることに
驚かされました。
イースターにしてもクリスマスにしても、
その季節によって
まるで歌のように詩を楽しんでいますね。

ロシアの家庭事情も、こちらと似ていますね。
おじいさんおばあさんが子供をみるのが
ごく当たり前ですね。

自分の子ども、孫だけでなく、
よその子どもも一緒に教育しようという所が
あるように思われます。
だから、私も子供たちに日本の歌を教えたり
できるだけ協力したいと思うんです。
息子のためにも、日本の文化を周りの子供たちに
知ってもらうのは大切です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。