トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ウルクーのジプシーダンス(前)

次にエルヌーおじさんと出会ったのは、
私ではなくダンナだった。
そして、水曜日の10時に会うよう
約束をしてくれた。

私が家を出たのは 、
もう11時もちかかった。
いつものゴミ箱のあたりでおじさんを探すも
見つからない。
いつも寝泊まりしているという、
セントラルヒーティングの建物の中へ。。。
錠がかかっている。
うろうろしていたら、
清掃員のおじさんが尋ねてきた。
{ どうしたんだい?}
{ あの、エルヌーおじさんを探してるんです。}
すぐにおじさんは、向う側から扉のなかへ。

中からは、声が聞こえてきた。
やがて、いつもの笑顔でエルヌーおじさんの登場。
{ これから、踊るのかい?
いいけど、もう大分まえから風呂に入ってないんだ。
せめて、着替えないと。}
そういえば、今日はいつもの酒くささがない、
白面のようだ。

orko 157

やっと見つかったエルヌーおじさん、
今日こそはビデオ撮影にこぎつけたいところ。
{ おれは、ジプシー語も話すんだ。}
{ 本当に? でも、どうして?}
確かここウルクー地区のジプシーは、
ハンガリー語しか話さないはず。

{ おれの母さんの母さんは、
幌馬車に乗って生活していたんだ。
あちこちを放浪してね。}
うつくしい衣装をまとい、
馬車にゆられていくジプシーのイメージが
頭のなかをかすめていく。

orko 165

{ この辺で、ジプシー語ができるのは
俺とガーボルだけだよ。彼はコロンド からきたからね。}
そうしている内に、ダンナと息子が到着。
いっしょに、ウルクーへと向かう。

ふだん歩いている道なのに、
おじさんは、道行く知り合いを見るたび声をかける。
町にいながら、村にでもいる感じ。
エルヌーおじさんには家族もいて、
親戚も知り合いもいる。

途中、小さな店のまえで足を止めたおじさん。
{ 何か、飲み物を買ってくるから金をくれないか。
一杯やらないと、力がでないんだよ。}

お金をわたすと、おじさんは 店に入って
何かを買って出てきた。
おじさんの上着のポケットに入っていたのは、
なんと青い酒。。。
アルコール消毒液だった。
看護婦さんのラベルが
ちょっといやらしい。
アルコール度数70度とある。

{ おじさん、だめですよ!}
私たちは、大慌てでそのボトルを奪った。
この消毒液を飲むと、盲目になるとも聞いたことがある。
{ 俺は、強いんじゃないとダメなんだ。
これに水をまぜて飲んでいるんだ。}

ダンナが店に入って、
安いウォッカを買ってきて渡した。
おじさんはさっそく、プラスティックの容器を開けて
透明な液体を飲みはじめていた。
{ これじゃ、ぜんぜん弱いなあ。}
到着するまでに、
千鳥足になっていたらどうしようと不安にかられる 。

{ 飲まないとやりきれないんだ。
心の苦しみを取りのぞくために。}とおじさん。

おじさんは娘さんが独りで
こども 5人を育てている話をしながら、
{ 俺でも、何か役に立たないとな。
木を切りに行くんだよ。}とやさしい顔になる。
牢屋に入るご主人を
この冬中に出してもらうよう、
請願書を出すつもりと話していた。

やがてウルクーの公民館にやって来た。
すぐに会議室にとおされ 、
撮影の準備にかかる。

orko 172

CDプレイヤーをどこかから調達しないと
と話していると、
{ 近くに住む、ターザンに借りるといい。}と事務員のおじさん。
米映画からとった名前で、
ジプシーに多いといわれる。

ヒゲのターザンが、大きなプレイヤーにステレオを運んでくる。
気がつくと、見物人もできてきた。
エルヌーおじさんの孫のリべゼラも、
私が電話で呼んだダンサーのレームスもやってきた。

音楽は、ハンガリーの農村で収集された
ジプシーの歌。
アカペラの歌声とともに、
おじさんの足が軽やかなステップを踏む。
指をはじいて、
細やかなリズムが刻まれる。

足を交差させて揺れるのは、
おじさん特有の動き。
どこかしらユーモラスな雰囲気が漂うのは、
おじさんの個性のせいだろう。

ジプシーの踊りには、
早いリズムと激しい動きがあるようだ。
しばらく踊ると、額からは汗が流れ
肩で息をついていた。

それではエルヌーおじさんのジプシーダンス、
心ゆくまでお楽しみください。



ジプシーダンスをあなたの心に。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-11-19_23:27|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ついに叔父さんのダンスが見れたんですね。

そして、私もおじさんのダンスを楽しませてもらいました。

タイトルが「ウルクーのジプシーダンス(前)」とありますので、きっと後編があるんですよね。楽しみにしています。
Re: タイトルなし
マリチカさん、どうもありがとうございます。

今回は小さなソニーのカメラと、キャノンのビデオカメラで
録画したのですが、
カメラのほうは途中でメモリー切れ。
ビデオカメラは、PCにつなぐことができないので
YOU TUBEには
4つだけしか載せられませんでした。

エルヌーおじさんのダンス、
楽しんでいただけてうれしいです。
ほかの映像も、また載せますのでお楽しみに。