トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ウルクーのダンサー一家

あのうつくしい民謡に魅せられて、
再びウルクーに来ていた。
目指すのは、ウルクーでも踊りで名を馳せるレームスのところ。

ここは野犬が多いため電話で呼び出すと、
馬車で買い物があるから待っているように言われる。
やがて馬車が登場。
私たちは、荷台のいすに座らせてもらった。
友人の、踊り手であるジュリもいっしょだった。

冷たい空気を体で受けながら走る馬と、荷台にすわる3人。
馬が不意に発進したため、
アッと思わず叫んでしまった。
バランスがとれず、座った姿勢のまま
もう少しで後ろに倒れてしまうところだった。

運転手のレームスはというと、なんと仁王立ちで手綱を握り、
馬に掛け声をかけている。
こんなところでバランス感覚が養われているのだろう、
と心の中で納得する。

ぐるりと通りを回って、
またウルクーが見えてくる
その途中に商店はあった。
歩いてきたほうが、近かったのではないだろうか。
とにかく、2Lペットボトルのビールを買って
また馬車を走らせる。

どろどろにぬかるんだ、
せまく曲がりくねった道を馬車が駆け抜ける。
垣根のない家は、土がそのままに
乾いた印象を与える。
家の庭には、小さな子どもの洗濯物が
万国国旗のようにゆれていた。

やがてエメラルドグリーンに塗られた家の前で
馬車は止まった。
入り口の前で
ゴム長靴についた泥を落としていると、
「 どうぞ、中へ。」と通される。
「 こんな風に、通りは泥だらけだから
 掃除が大変なのよ。」と奥さんが奥から出てこられた。

廊下で靴を脱ぎ、居間に通される。
蒔きストーブで暖められた部屋に入ると
体がほぐれてくるようだ。
ピンク色の壁には、
ペルシャじゅうたんがかけられていて、
いかにもジプシーらしいインテリア。

部屋には、夫妻のほかに友人夫妻、
子どもたち、レームスのお母さんに私たち・・。
大人数でにぎやか。

コーヒーを勧められ、ビールも注がれて、
なごやかに世間話がはじまった。
「 近所のパールという男に声をかけておいたから、
後で来るはずさ。」

小さいころから、
すでにステージで踊っていたというダンサーのレームス。
「 あのころは、一日中だって
鏡を見ながら踊っていたよ。
もう大分、体が重くなってしまったけれど。」
まだ20代半ばなのに、小腹が出ている。
お父さんも奥さんも、ウルクーのダンスグループで踊っている
ダンサー一家。

しばらく話した後、
「 そうだ、君も歌えるんだろう?
何かひとつ、歌ってみてよ。」とダンナに声がかかった。
彼がかなりの音痴であることを知っている私は、
思わずくすくすと笑いはじめた。

「 君も何か歌えるんだろう?」
今度は私にふりかかる。
「 そうね・・・息子が赤ちゃんの時には、よく子守唄を歌ったけれど。」
もうこんなことはジプシー学校で経験済みだったので、
いつものように、ひらいた、ひらいたを歌った。
こんな大人数なので、
緊張してどきどきしながら歌ってみると、
周りの反応はあたたかかった。
何だっていい。
とにかく、何かできることを見せないといけない。

やがてお酒が進み、レームスが
「 じゃあ、いくつか歌ってあげるよ。
 ケシェルベシュでいいかい?」と口火をきった。
ケシェルベシュとは、人生のあらゆる苦悩を歌った民謡の種類のこと。
テーブルの横に座り、しばらく考えたあと、
伸びやかな歌声が響きはじめた。

「 俺は歌いはじめると、
一晩中でも一人で歌ってられるほどなんだ。」
と次々と哀愁あふれる歌が続いた。
そしてお酒のビンの中身がだんだんと残り少なくなってきても、
一向にその隣人とやらは現れない。

「 もうそろそろ、おいとまを。」と腰を上げかけたときに、
今度は一転して、明るいジプシーらしい曲調の歌がはじまった。

片手に磁器のミルクケース、
もうひとつには手をテーブルにたたいてリズムを取る。
もうそれだけで、音楽は十分。

一番大きい子は、9歳になる弟のゲルゲイ。
それでも、その熟練した足の運びは大人顔負けである。
リズムに歌声、そしてチャパーシュといわれる
ダンスの手拍子が重なる。
やがて音楽は急に速度を増し、
そのグルーヴ感は、だんだんと高まってゆく。
レームスの息子や娘たちも加わって、
ちょっとした子どものパーティになった。

私たちもフィルムを回しながら、
自然と笑顔がこぼれ、
楽しい気持ちになってきた。

その歌詞の内容ときたら、
笑ってしまうほどあけすけだったり、
ドキリとしてしまうほどエロティックだったり
するんだけど、またそれがいい。
彼らジプシーらしい。

やがて、ダンスが終わると6歳の女の子が、
「 ねえ、あんた
お婿さんは誰にするの?」と
オムツをつけて踊っていた妹にたずねる。
「 ねえ、誰があなたをやっちゃうの。」
それを聞いて、おばさんみたく
思わず「まあ!」と叫んでしまった。

お母さん、お父さんもびっくり。
「 こんなこと、誰も教えていないのに!
きっと幼稚園で誰かから聞いたんだ。
ほら、しつけの悪い子が多いから。」とあわてて否定する。
おかあさんは、その罪のない女の子に手を上げた。
「 子どもは、悪くないわよ。」とこちらもあわててかばう。

さっきまでは、あんなに
強烈なことを歌っていたのに・・・。
本当に不思議だ。

子どものパーティが終わると、
おぼろ満月の照らす
泥の道を歩いた。

ジプシーの家族というもの。
CDもカセットもいらない、
生の音楽を生み出すことができ、
それを心から楽しんで踊ることのできる
彼らをうらやましく思った。

レームスが言った。
「 踊りを教えることはできるけれど、
 血に音楽が通っていなかったら、難しいね。」

ジプシーであること、
音楽を楽しむことができる血というもの。
それを子どもたちのダンスのパワーで
目の前に突きつけられたような気がした。




ジプシーのダンスの歌  ハンガリー語訳

俺が小さかったころ、
緑の帽子をかぶっていた。
帽子はちっとも惜しくないが、
俺の女房は惜しい。

俺が小さかったころ、
緑の帽子をかぶっていた。
帽子はちっとも惜しくないが、
俺の女房は惜しい。

母さん、俺の言っていることが聞こえるかい。
3年の刑に科せられてしまったんだ。
刑をくらったことは惜しくはないが、
俺の家族は惜しい。

俺が小さかったころ、
緑の帽子をかぶっていた。
帽子はちっとも惜しくないが、
俺の女房は惜しい。

店へ行って、ギターを買ってきた。
俺のギターは、つまびかれる。
つまびかれる。
もし飽きたら、置いてしまおう。
置いてしまおう。



ジプシーダンスをあなたの心に。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-12-02_21:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

微笑ましいですね
 踊っている男の子の周りにいる子供達ももう音楽に体が自然と反応してしまう様がとても微笑ましいです。
 そして、そんな様子が村の宴席とだぶって見えます。こちらもジプシーの音楽とはまた違いますが、皆さん自然と踊り出してしまうのですよね。老いも若きも。ジプシーの方程ダンスの技法的な物は無くても自然と体が反応してしまう。これは凄いな~って思います。
 それにしても歌も独特な節回しで心地がいいですね。
Re: 微笑ましいですね
越後やさん、どうもありがとうございます。

音楽にこんなに素直に体が
動くなんて、私もうらやましいです。
誰だって、赤ちゃんのときには
自然と体を揺らしていたはずなのに、
だんだんと恥ずかしくなってしまうのでしょう。

ロシアの村の宴会も、
楽しそうですね。
お酒が好きな国民と聞きますから、
踊りや歌も盛り上がることでしょう。

楽器を使わずに、人間の力だけで
これだけ素敵な音楽を作ることができることに、
感激しました。
ジプシー音楽もいろいろですが、
これは本当に内輪で楽しむ音楽ですね。



楽しいですが…
 29日のブログにも書いたのですが、楽しいのですとっても。でもでも、お酒の量もそんなに飲めず、胃袋もロシア人に比べて小さい日本人にはかなりの苦労が伴います(苦笑)
 でもとにかく底抜けに楽しいですね内側に入る事が出来ると。外からは判らないのですこういうことは。
 この雰囲気が最初から表に出ていたら、ロシアのイメージってもっと良いように思うのですけど。
Re: 楽しいですが…
そうなんですね。
だからこそ、冬の寒い時期には
寄り集まる楽しみがあるのでしょうね。
お酒が飲めないと確かに困りますね。

内側に入り込むことって、
本当に容易なことではないですよね。
言葉だけでもだめですし・・・。
いまだにセーケイ文化になじめているのかどうか、
自分でも分かりません。