トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セントキラーイ村の冬の日

朝から、濃い霧が立ちこめていた。
その日は、友人夫妻の誘いで
セントキラーイ村に遊びに行くことになっていた。
「 外でキャンプファイヤーをして、
 ジャガイモの煮込みでもしようと思っていたんだけど。」とエンツィ。
恐ろしく寒くならないといいけれど・・・。

途中でキャンピングカーを降りて
二手に分かれる。
私たち家族は、ボティの運転するスズキの四駆車にのって、
森をつきぬけて村へと向かうことになった。
というのも、この車は登録されていないので、
普通の道を走ると罰せられるから。

30度以上の急傾斜をのぼって、
高台のうえから見下ろすと
町はすっぽりと白い煙のなかに包まれていた。

やがて森のなかに突入。
赤茶の木の葉のじゅうたん、
やせた茶色い幹が立ち並ぶなかを
車はくぐりぬけてゆく。
まるで森を遠足しているような気分。

「 よくここには、鹿が通るんだ。
・・・ほら!」
遠くには、二匹の鹿が仲良く並んでたっている。
車を見ても、そう恐れている様子ではない。
しばらく見ていると、
やがて小高い丘の向こうへ走り去ってしまった。

やがて視界がひらけ、
目の前には広々とした畑があった。
「 ここでは麦を栽培しているんだよ。
 動物たちをおびき寄せるためにね。」とボティ。
畑の横には、展望台も作ってある。

やがて森から出ると、
車はまた急下降してセントキラーイ村のなかへ入っていった。
村のはずれで、やっと合流。
「 ここで猟をやったら、ぴったりなのに。」と奥さんのエンツィに話す。
頑丈な体格のボティに、
いかにも猟が似合いそうだ。
「 でもね・・・子どもたちがきっと泣いてとめるわ。」

彼らが家を建設しはじめたのは、
今年の夏。
村のはずれの原っぱに家を建てることにしたのは、
家族だけの静かな生活を楽しむため。
藁葺きの家に、電気なしの生活をはじめるという。
家の横には畑も作っている。

IMG_6624.jpg

真ん中で家を支えている木。
この日は、昼間なのに遠くの雲が
うっすらとオレンジ色に染まっている。
不思議な天気。

IMG_6625.jpg

さまざまな野生植物に囲まれ、
あれだけ色彩豊かだった原っぱも、
もう見るべきものは少ない。
ただひとつ真っ赤な色を放っているのは
野ばらの実、ローズヒップ。

IMG_6635.jpg

いばらのなかに手を突っ込んで
赤い実を採らないといけない。
白いひっかきキズが手のひらに残る。

IMG_6636.jpg

やわらかい実は、そのまま食べる。
熟した自然のペーストは甘酸っぱく、
トマトのような生臭みが後味となって残る。

火をおこして、昼食の支度にとりかかる。

tabortuz.jpg

建築に使った木材ののこりを
火にくべると、大きな炎が踊りはじめる。
セーケイの田舎料理、
ジャガイモの煮込みを作っているところ。

IMG_6644.jpg

あたたかい料理をキャンピングカーの中でいただく。
何も特別なものを食べなくてもいい。
冬に食べる料理は、こころから美味しいと思う。
寒いなかに食べる、料理のありがたさには
かえられないものがある。

「 こうやって、建物のジャングルのなかから
出てきただけでも、気分が違うよ。
はやく、ここで生活をはじめたい。」とボティ。

食事が終わって、男性たちは
また仕事に取りかかる。
もう昼過ぎと思ったら、すぐに暗くなってしまう。
トランシルヴァニアの冬。

色のあせた原っぱのなかに沈んでみる。
くらいくらい闇に浮かび上がった、
ほそく白い花。

IMG_6647.jpg

ふわふわの綿毛は、
やがてきたる白い雪を連想させる。

IMG_6661.jpg

自然のドライフラワーだって、
こんなに美しい。
土にしっかり足をつけて、天を見上げている。

IMG_6672.jpg

もう、あたりは暗くなりはじめた。
四駆に乗り込んで、出発。
「 森のほうを通って、村に出よう。」と運転手のボティが言う。

坂をのぼる途中、車が溝にはまってしまった。
ここは村からの馬車の通り道。
道もデコボコである。

車を降りる。
真っ黒な森のほうを向くと、
信じられないものを目にした。
空にぽっかり穴が開いたように、
そこだけ真っ赤に染まっている。
この光のない一日の終わりを、
強く赤く照らす太陽。

IMG_6676.jpg

思わず、走り出していた。
その正体をたしかめたい。
真っ暗の松林を越えて、
丘を登りきると、ひとつの木が大きく手を広げていた。
それから、西側の森の奥を見てみようと
足元は見ずにどんどん野原を進む。

その正体は、
すでに地球の裏側にもぐりこんでしまったようだ。
青みがかった灰色のそらに、
おおきな火の鳥がはばたいていく。

12月はじめの、一日の終わり。

IMG_6677.jpgIMG_6681.jpgIMG_6687.jpgIMG_6696.jpgIMG_6699.jpg


トランシルヴァニアをあなたの心に。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2009-12-06_14:42|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

綺麗な空です
 良いですねーこれは絶対料理美味しいはずです。願わくは完成して取り分けた料理も見たかったかも(笑)
 そして夕焼けの綺麗な感じに、ここの秋を思い出します。今はなかなかこういった夕焼けに気付きにくいので時間的に。15時位から暗くなって来てしまうし。むしろ今は青い時間を楽しむ時期なのかもしれません。

 それにしても、家の支えが結構細いのですねこの時点では。ビックリ。これから壁等で補強していくのでしょうか?
Re: 綺麗な空です
越後やさん、
この料理はセーケイ版肉じゃがですが、
今回はハーブがなかったので
塩だけの味付けです。
ウィンナーからダシがでますし、
なんといっても炭火で焼いているので
美味しいです。

シベリアの青の時間、
また白い雪に映えるのでしょうね。
雪が降らないので、
まだまだ秋をひきずっているような感じです。

家の支え、本当に細いですよね。
ワラが屋根にくるから、そう重みがかからないのでしょうか。
すみません、家のつくりのことは
よく分かりません。
冬が来ますね
こんにちは~
私も、家の柱が細いなぁと感じましたが。
建てる土地は…日本のようにちゃんと購入したものなんですか?
どこに建ててもいいはずは無いですよね。(笑)

それにしても tulipanさんは花や植物を撮るのがお上手ですね。
いつも素敵だなと思いながら拝見していますよ。
Re: 冬が来ますね
霧のまちさん、こんにちは。
もちろん、ここルーマニアにも
土地の権利等ありますから、
土地を買ったところでないと家は建てられません。
社会主義時代は、その部分も
ゆるやかだったと聞きますが・・・。

普通は村の中に家を建てるのですが、
彼らのように森のそばに建てる人は珍しいです。
家は木材など材料を買って、
自分たちで建てます。
建築の免許がなくても大丈夫みたいですね。
昔はどの家も、自分たちで手作りだったようです。

これから冬の風景を撮るのが楽しみ・・と思っていた矢先に、
カメラが故障してしまいました。
とても残念です。
色彩豊かな野生植物の原っぱ
tulipanさん、こんにちは。
色彩豊かな野生植物の原っぱ
>ブログ読んでてここの部分、こんな、『原っぱ』、考えて見ると青森にもないな。
こんな花園の写真、期待しています。
Re: 色彩豊かな野生植物の原っぱ
Thomasさん、ご訪問くださってありがとうございます。

まだトランシルヴァニアには
手付かずの自然がたくさん残っています。
春から夏にかけて、
その時々でまた違った野の花で
あふれています。

ここの原っぱも一見何もないのですが、
よくよく見ると、さまざまな野の花の
色彩であふれています。
残念ながら、今は枯れた色ですが・・。
また春をどうぞお楽しみに。