トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

トランシルヴァニアのジプシー宮殿

とてつもなく大きくて、
ものすごく派手な家がある。

そんな話を聞いて、はじめてジプシー宮殿とやらを
見たのは2000年の秋のこと。
トゥルグ・ムレシュから
クルージ・ナポカへ向かう町、トルダのはずれで見たものだった。
バスからちょっと見ただけでも、
ちょっとやそっとでは忘れられないインパクトを与えた。
ピカピカのアルミの屋根に、
ゴテゴテの装飾がされたお屋敷。

当時まだ貧しかったルーマニアで、
あれだけの豪邸を建てる人たちの生活は
ちょっと信じられなかった。
何をしているのか分からない、
不思議な人たち・・・
それが一般に、お金持ちのジプシーたちに対するイメージ。

それから9年すぎた、
今年の秋にふたたびその宮殿を見ることになった。
ところは、カロタセ口グ地方のフェディン。
町の中心付近で、
強烈な青の屋根が太陽のひかりを受けて
輝いている。

IMG_2025.jpg

その家の人々の暮らしはどうなのだろう?
近くにいって見てみると、
意外と閑散としている。
屋根は立派なのに、建物の中は空っぽ。
建設中のようなのに、誰も仕事をしている様子がない。

近くを通る人に聞いてみた。
「 この家の主は、どこなんですか?」
「 ああ、ここかい。
 あまり人がいるのを見たことないよ。」

IMG_2026.jpg

「 町外れには、もっとたくさんある。」
そう聞いて、思わず走り出した。
すると車に乗ったおじさんが、
「 どこに行くんだい?」と声をかけてくれた。
町外れまで、車に乗せてもらう。

ピカピカに光るアルミの屋根の
真ん中には、「ターザンの屋敷」と書いてある。
ターザンは、おなじみアメリカ映画のヒーロー。
ジプシーに多い名前のひとつとされる。

IMG_2070.jpg

写真を撮りながら歩いていると、
「 おい、俺たちも撮ってくれ!」と叫ぶ
ジプシーの若者たち。

IMG_2075.jpg

ベンツにアウディ、BMW・・・
西洋の高級車のマークがデザインされている。
馬を捨てて、いまや車が彼らの生活の大きな部分を占めるのだろう。

IMG_2094.jpg

こちらは、東洋趣味の屋根。
機能性よりも、とにかく目立つこと、
主人の個性を重視しているのだろう。

IMG_2077.jpg

こんな不思議な家が、
町のメインストリートから西側にかけて
延々と続いている。
その数は、20軒ほどにも上る。

郵便局員に話を聞いた。
「 彼らの家かい?
 2003年か4年ごろから建てはじめたようだ。
 それでも、ひとつだって出来上がったものはない。
 いつだって、建設中のままさ。」
奇妙な建物の群れには、好意的でなさそうな感じ。

IMG_2090.jpg

とある家の前にきたとき、
中のご主人が手招きをして呼んだ。
「 ここで、何をしているんだい?」
ジプシーの家に興味があると告げると、
「 中へ、どうぞ。」と思いがけなく
家の中を見せてもらうことになった。

玄関をくぐると、
まるでデコレーションケーキのような
パステルカラーのタイルにシャンデリア。

IMG_2037.jpg

「 さあ、奥もどうぞ。」と居間に通される。
エメラルド・グリーンの壁に
ペルシャじゅうたん、そして白い磁器の人形。
いかにもジプシー風のインテリア。

IMG_2042.jpg

こちらは若き日のご夫婦の肖像画。
黒いぼうしに、ベスト、
そして口ひげが特徴的。

IMG_2039.jpg

手織りのクロスやタペストリーも、
ジプシーらしい色彩感覚。

IMG_2041.jpg

おじいさんと、お孫さんらしき
少女と男の子。
おじさんはロマ語のほかに、
ルーマニア語、ハンガリー語も話す。

IMG_2054.jpg

「 この家は、息子のために建てているんだ。」
「 息子さんは何をしていらっしゃるのですか?」
「 イギリスで、鉄細工の仕事をしていたのさ。」
「 そうですか・・。」

今度は、二階へと案内される。

IMG_2036.jpg

プラスティックフラワーの
ピンクのバラも、ジプシーインテリアの必需品。

IMG_2045.jpg

二階の窓からの眺め。
ほかのジプシー宮殿も見られる。
「 あそこに建ててるのも親戚だよ。」とおじさん。

IMG_2051.jpg

改装中の二階には、夫婦の寝室がある。

裕福な商人ジプシーは、
いつも民族衣装を着ている。
ジプシー女性の、カラフルなスカートやエプロン。

IMG_2046.jpg

男性には、ぼうしが欠かせない。

IMG_2043.jpg

おじさんに礼をいい、豪邸を出る。
「 俺の家はここさ。」と指差したのは、
隣にある小さな家。
息子のためには大きな家を建ててあげたいという、
親の愛情なのだろうか。

IMG_2057.jpg

「 いいものを見せてやろう。」
と部屋に戻って、何かを持ってきた。
「 これは、俺の爺さんが作った
 銀のパイプだよ。」
よく見ると、細やかな美しい細工がしてある。
「 150年以上の古いものだ。
 600ユーロでどうだい?」と商売がはじまった。

IMG_2066.jpg

帰りに、フエディンの町で見かけた
亜鉛細工職人のおじさん。
これは、ガソリンを入れるジョウロ。

IMG_2103.jpg

こういう手仕事の存続は、
これからは危ぶまれるだろう。
ジプシーの伝統的職業が、
あのようなジプシー宮殿の装飾をもたらし、
あの美しい銀細工のパイプも生み出した。

テントのジプシーと呼ばれる、
おそくまで放浪生活を続けていたジプシーが、
ジプシー文化を一番強く守り続けている。

ジプシー宮殿は、
ジプシー語(ロマ語)に民族衣装をもつ彼らの、
民族としての誇りなのかもしれない。


トランシルヴァニアをあなたの心に。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


*ジプシー宮殿についての取材は、
 Niftyのインターネットテレビ
世界それホント?会議で紹介されました。

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(4)|trackback(0)|ジプシー文化|2009-12-11_13:32|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

ジプシー宮殿
ジプシー宮殿,非常に面白かったです。
何で稼いでるんでしょうね。
>青森だと、大間というところがあります。ここは大間産のクロマグロが捕れるところで、マグロ御殿的な家がいくつかあります。
Re: ジプシー宮殿
THomasさん、いつもながら
ご訪問をありがとうございます。

ほんとうに彼らが何をして
このような富をなしたのか・・謎です。
ダンナの話では、
チャウセスク政権が崩壊してから
闇業が発達して、おそらくその関わりじゃないかと言っています。

青森にも宮殿、御殿があるのですか!
装飾もマグロ模様だったら
面白いですね。

驚きです~。
ジプシーは貧しいと言うイメージがあったので、この豪邸には
びっくりですね~。  ホント…何で儲けたのか気になります。
ちょっと成金趣味と言った感じで面白いですね。
日本人には???と思える造花や 色の感じ なるほどです。
建築の様式も独特ですね。
お金を持ったらこうする!と言う例を見ると その国・地域の
人々の考え方や好みなどが解かって非情に興味深いものがあります。  いつも素敵な視点での書き込みですね。♪
Re: 驚きです~。
霧のまち さん、いつもありがとうございます!
はい、初めて見たときには度肝を抜かれました。

あれだけ屋根の装飾にこだわるところが
面白いですよね。
下のほうはまったく、出来上がっていないのに。
やはり富の誇示というのが
一番の目的なのでしょうか。
家というのは、たかが住まいではなく、
住人の個性やセンスなどを物語っていますね。

最近ではジプシーのアーティストも出てきていて、
彼ら独特のセンス、色彩感覚は注目です。