トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

白雪の一日

待ちに待った白い雪が
トランシルヴァニアの地を舞いおりたのは、
12月の半ば。
3日4日ほど降りつづいたあと、
あたりはすっかり白銀の世界に変わった。

屋根にもモミの木にも
たっぷりと白をかぶって、
冬の衣装に衣替え。

DSC05970.jpg

10分ほどあるくとすぐに
町外れに出る。
ここは、葬儀場。
遊牧時代のハンガリー人のユルタを
模ったもの。
雪を頂いたすがたは、
まるでカマクラそっくり。

DSC05974.jpg

すれ違った車のうしろには、
ソリに乗った子どもたち。
村では、馬車の代わりに
馬ソリも見られるそう。

honap.jpg

白い世界には、黒い影が見られない。
初めてそら色の影を見たときには、
不思議でたまらなかった。

DSC05978.jpg

春夏には、野生の植物でいっぱいだった谷間。
冬には、格好のソリ場となる。

DSC05982 (2)

パウダースノウに包まれた急斜面を
ソリで一気に滑り降りる。
大人も子どもに返ったようになることのできる、
冬の楽しみ。

DSC05992 (2)

ふんわりと綿毛のふくらんだクリーム色の花も、
白い雪のぼうしをかぶって。

DSC06003 (2)

谷間をなんとかしてよじ登る。
手袋をはずして、そっと表面にふれてみると、
すっと手の平でとけてゆく。
冬のはじまりを告げるような、
新鮮さ。

DSC06007 (2)

丘の向こう側は、
そら色と白の世界に、やわらかな光が落ちている。
昼下がりなのに、
もう日没前のような太陽のいろ。

DSC06012.jpg

足あとでできた交差点。

DSC06024 (2)

見晴らしのよい高台に向かって出発。
雪に足がとられて、思うように歩けない。

DSC06021 (2)

やっと上りついた。
セントジュルジの町が、
もうこんなにも遠い。

DSC06028.jpg

秋の名残は、赤いローズヒップの実に。
冬は、色の失われた季節。
だからこそ、
どんなに小さないろにも
どんなに細やかなかたちにも
こころが動かされるのだろう。

DSC06031.jpg

きらきら輝く粉砂糖に包まれた、
砂糖菓子のような花。

DSC06032.jpg

なんて透明な色。
生命が感じられないのに、
その美しさは輝くよう。

DSC06038 (2)

かつて白い花を咲かせた花も、
冬はこうして色を落として、
長い長いねむりにつく。

DSC06050.jpg

まだ冬はこれから。
しっかりと目を凝らして、
冬のうつくしさを見つけていこう。



トランシルヴァニアをあなたの心に。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2009-12-27_01:12|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

雪ですね~。
新年おめでとうございます。
雪に覆われましたね。 何てきれいな風景。
雪の原も 枯れた花も撮り方でとっても美しくなりますね。
寒さに負けずに戸外に繰り出される暮らし。
また 冬にしか見えない景色を楽しんでくださいね。
Re: 雪ですね~。
明けまして、おめでとうございます。

この雪は、クリスマス前に降ったもので
あれから急にまたあたたかくなりました。
きのう、今日と雨がふったほどです。

私自身、常緑の風景のなかで育ったものですから、
こういう色のない冬をどう乗り切っていくかが
大きな課題です。

ひとつでも多く冬のうつくしさを見つけて、
楽しみたいと思います。
チャイコフスキー、
ラフマニノフの音楽の素晴らしさも、
この雪景色を体感して初めて分かりました。