トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

1月の小春日和

いつになく
太陽のひかりが、あたたかい。

いつもの重いコートはぬぎさって、
こころも体も軽くなった。

雪がとけて、
通りのわきの水路に
たえまなく水が滴り落ちる。
その音をききながら、
ふと口ずさんだ
ハンガリーの古い歌。

ICIRIPICIRI27 174

ふと、思いついた。
これを私の言葉に置きかえてみよう。

「 春風が、水をよぶ。
 花よ、花よ。
 鳥もみんな、相手を選ぶ。
 花よ、花よ。

 さぁ、私はだれを選ぼう。
 花よ、花よ。
 あなたは私、私はあなた。
 花よ、花よ。」

二つの言葉でうたう、春の歌。
地上数センチのところで浮いているかのように
足取りも軽く、
雪どけの村を歩いた。

ICIRIPICIRI27 165

ICIRIPICIRI27 210


トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




ハンガリー民謡が見つからなかったので、
とある有名グループのヴァージョン。



Tavaszi szel vizet araszt,
viragom viragom.

Minden madar tarsat valaszt,
viragom viragom.

Hat en immar kit valasszak,
viragom viragom.

Te engemet es te engemet,
viragom viragom.

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|自然、動物|2010-01-11_23:00|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

こんいちは、
青森の3月下旬くらいの感じですね。
こちらは、今日から今年一番の寒波が来そうです。
これが、終わって、春に向かえばよいのですが。
春が、待ち遠しいです。
また、遊びに来ます。
Re: タイトルなし
Thomasさん、お久しぶりです。
そして、
あけましておめでとうございます。

この日は、ルーマニアでも4月上旬のような
お天気でした。
春が待ち遠しいのは、どこでも同じですね。

とけた雪の中からは、
もう雪の花がひらきかけていました。
今年は2,3月とこちらにおりませんので、
クリスマスローズのお写真をお届けできるか・・・
また、春のトランシルヴァニアの草花
どうぞ楽しみにしていてください。