トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

アーラパタクに刺しゅうを訪ねて(前)

うっすらと、雪の白が町をつつんだ日曜日。
町のはずれでヒッチハイクをはじめた。

思ったよりもはやく、車が止まった。
目指すはアーラパタク。
どこかに機織機があるという話を聞いての、
あまり当てのない旅。

はだかの木々の合間から見られるまぶしい白に、
目をほそめる。
珍しくくっきりと鮮やかな青空のしたで、
冷たい風が吹いている。

「 途中のエルーパタクで、湧き水をくむから
止まってもいいかい?」と運転席から話しかけるおじさん。
車を降りると、待ち構えていたように
やってくるジプシーの子どもたち。
低く枯れたような声で、
ルーマニア語で物乞いの言葉を投げかける。

IMG_7926.jpg

車はその次の村、アーラパタクで止まる。
少しばかりのお金を差し出したが、
ご主人さまは笑顔で首をふった。

この付近でもっとも荒廃した村のひとつ、
アーラパタクは半数以上がジプシー住人といわれる。
一人暮らしの老人が、不安で夜も眠れない村。
一週間で、なんと10件もの強盗があったという。

知人のゾルティおじさんも、その一人。
家のすべてを売り払って、老人ホームへ引っ越した。
おじさんが声をかけておいてくれた隣人が、
機織機を持っているというので
こうしてやってきたのだが・・。

肝心のお隣さんの家も知らなければ、
名前すら分からない。
昼間は、穏やかな小川沿いに
おじさんの家があった。

IMG_7933.jpg

おじさんのお隣さんを呼んで聞いてみる。
機織機という単語さえ知らない、
ダンナのたどたどしいルーマニア語を耳にしながら、
半分もうあきらめ始めた。

親切にもルーマニア人のおじさんは、
ご近所でそれらしき人のところへ案内してくれる。
家からご主人、続いて奥さまが出てきた。
「 機織機はありますか?」と聞いても、
首をかしげる。
「 それなら、何か手芸でもいいのですが。」
途中でハンガリー人ということが分かって、
急にハンガリー語に切り替わる。

いきなり他人が訪ねてきて、
こんな風に聞いても困惑するのも無理はない。
「 少しなら、うちにもあるけど・・。」と
おばさんが門を開けてくれた。

中に入ってみて、驚いた。
少しどころか、ドアも壁も、
ソファーの上も赤、赤、赤・・・。
すべてが赤い刺しゅうで飾られた空間だった。

IMG_7947.jpg

小さな棚の、小ビンの下にも
赤い文様が渦を巻いている。
キリストの教えの書かれたタペストリーも、
すべてがクロスステッチ。

IMG_7949.jpg

さらに奥の部屋へと案内してくれるおばさん。
織物、レース、刺しゅう・・・
あらゆる手仕事を広げて見せてくれる。

「 うちの子供たちはね、
 町に住んでいるんだけど、まったくこんなものに興味ないのよ。
 私が死んだ後は、教会に寄付しようかと思っているの。」

IMG_7986.jpg

「 これはね、私が学生の頃に作ったエプロンよ。」
女性らしさがぎゅっと凝縮されたような小物が、エプロン。
この白いエプロンをしめたら、
少女のころのような初々しさが取り戻せそう。

IMG_7982.jpg

「 エテルカ先生が、私たちに手芸を教えてくれたのよ。
 授業のときに、刺しゅうの図案を写すように言われて・・。
 ほら、まだ取ってあったわ。」

「カエルの目」と呼ばれるモチーフ。
キリスト教以前の古い信仰のあとが、
こうしたフォークモチーフの中に見られるという。

IMG_7997.jpg

こちらが、そのモチーフを作品にした
クッションカバー。
花嫁道具の必需品であり、
飾り用のベッドの上に重ねて置かれたことから、
もともと刺しゅう部分は端にきていた。

IMG_8001.jpg

アーラパタクの文様の中には、
鳥や鹿なども多く見られる。
ここで見られるのは、
プロテスタント教のしるしとされるペリカン。
母鳥がヒナに口から食べ物を与える姿が、
神と信者の関係を物語るとされるから。

IMG_7956.jpg

「 他にも、手芸をする人を探しているのですが。」というと、
まだ村には作り手がいるらしい。
ノートに名前を書きとめて、お暇した。

まだ氷ののこる小川では、
ジプシーの村人が馬車で桶を洗っている。

 IMG_8027.jpg

ハンガリー人が通う、プロテスタント教会。

IMG_8030.jpg

その隣に立っている、
古いお屋敷にはいくつかのジプシー世帯が住んでいるようだ。
かつてはルーマニア人の貴族が住んでいたのが、
今ではほとんど窓ガラスもついていないほどに
荒廃している。
小さな洗濯物が、風で揺れていた。

IMG_8035.jpg

手芸の伝統がすでに途絶えたと思っていた村、アーラパタク。
これからどんな手の文化に出会えるかと、
胸が高鳴った。



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*アーラパタクの民俗モチーフについて、
 もうひとつのブログにてお読みいただけます。

スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-01-18_18:25|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

通りすがりとも言える家庭にこの刺繍!
暮らしの中で生きてるんですね~。
赤が基本なんですね。  自然の中に無い色が
人工のものに現れると言いますが、雪や木々や緑の中にやはり赤が欲しいのでしょうか。

そちらでは寒い時期、暖房は何ですか?
薪ストーブなんかも?  エアコンはまさか…ね。
Re: タイトルなし
霧のまちさん、どうもありがとうございます。

ここアーラパタクは、町から15kmほどのところにあって
比較的近いのですが、ハンガリー人が過疎化していることで
どこか忘れ去られた村という感があります。

村に手仕事が残っていること、ましてや
作り手がまだいることは思ってもみませんでした。

トランシルヴァニアのハンガリー刺しゅうといえば、赤ですね。
青や黒もたまに見られますが、
一色が主です。
>自然の中に無い色が人工のものに現れる
とても面白い見方ですね。

冬が長いからでしょうか。
確かに春、夏にも
園芸品種をのぞいて
赤はあまり見られないかもしれません。

暖房は、町中では温水ですが、
村は今でも薪ストーブが主です。
お料理もできて、とても便利です。