トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ジプシー職人、バードゴシュ

ウルクーにジプシーの職人がいる、
そう聞いて町外れのジプシー居住区へと向かった。

バードゴシュというのは、
古くからのジプシー特有の職業で、
亜鉛で雨どいなどを作る職人のこと。

商人に多いガーボルという姓を持つ男は
コロンドという村の出身で、
こちらに行商にきたときに、
ここのジプシーの女性と知り合い結婚をした。

ジプシーでも、
「定住(家)ジプシー」と呼ばれる
ほとんどよその民族に同化してしまったものたちと、
「放浪(テント)ジプシー」と呼ばれる
民族衣装を着て、ジプシー語を話すものたちに
分けられるという。
そして両者は、あまり交わらないようだ。

松林の入り口にひっそりとたたずむ、
エメラルドグリーンの壁が目印。
共同井戸から水があふれ続け、
下水施設もないから、
ウルクーの道はいつも泥だらけ。

ICIRIPICIRI28 304

塀がぐるりと囲んでいるだけで
木も庭もない、殺風景な家。
扉をひらくと、ベッドがふたつと
蒔ストーブだけの小さな部屋の中にいた。

いつかカロタセグ地方で見た
小鳥とモミの木のモチーフの
亜鉛細工を注文したいと話すと、
「ああ、いいよ。写真を持っておいで。」という返事。

ちょうどおばあさんがやってきて、
男の子たちの散髪をしているところ。
ダンスの名人で、タロット占いもするというハイニおばさん。
「 いつも、こうやって孫たちの髪を切っているのよ。」

ICIRIPICIRI28 316

なかなかじっとしてくれないので、
子どもの髪を切るのってむずかしい。

ICIRIPICIRI28 320

ベッドの上に座っている、
かわいい女の子・・・と思ったら、男の子のようだ。
「 この子の名前はイシュトヴァーンよ。
 ずっと女の子がほしかったんだけどね。」
とお母さんが言った。

ICIRIPICIRI28 310

カラフルな布きれで髪に編みこんで、
なかなかおしゃれ。
「 この子の髪の毛も切るんですか?」とたずねると、
「 いいえ!とんでもない!」との返事。
どうやら三男坊だけは、
女の子のように育てたいようだ。

ICIRIPICIRI28 308

散髪が終わったばかりの子どもたち。

ICIRIPICIRI28 327

アーラパタクの村で見た、
美しい亜鉛細工の雨どい。
次は、この職人の仕事を見にこよう。

IMG_7939.jpg



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2010-01-23_22:12|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

tulipanさんも いろんな方を訪ねて素晴らしいバイタリティです!   それにしても ひどいぬかるみなんですね。 大変そう…。
男の子を女の子のように育ててしまうって驚きなんですが、よくある事なんでしょうか。
可愛い雨といですね~。 何て素敵な色!
日本ってそう言う場所は あまりデザインされませんよね。 家がぐんと↑上がります!
Re: タイトルなし
霧のまちさん、
ここウルクーは雪で固まっていない間は、
いつもこんな泥の道です。
ゴム長靴が必需品です。

ここのお母さんは、きっと女の子を待ち望んでいたのでしょうね。
てっきり女の子だと思いましたが、
下をはいていなかったのですぐに分かりました(笑)。

この亜鉛細工、いろいろな飾りを作っているようです。
今はもう流行が廃れてしまいましたが、
生活をうつくしく彩る知恵ですね。
あと鉄格子の門のデザインなども好きです。