トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

宿無しのジプシー老人

最近、気になることがある。

年末年始とずっと姿を消している、
あのジプシーのおじさん。
いつもの商店の前にも、
ごみ置き場のところにもいない。

かつて寝起きしていた廃屋には、
いつしか南京錠がかけられていた。
閉め出されたのだ。
この寒さの中で、どこへ?
ひょっとして・・・不吉な考えが頭をよぎる。

「 子どもたちよ、来ておくれ。
 俺はもうじき、死ぬのだから。」という歌。
あれは自分のことなのだと言っていた。




ウルクーからの帰り道。
ごみ置き場の前に、マリーの姿を見た。
その後ろには・・・帽子をかぶった、エルヌーおじさん。
「 キスを!」と私の手の甲にくちづける。
その顔は、思いのほか元気そう。
「 髪を切ったんですね。」
ひげも剃ったせいか、いつもより顔が丸く見える。

「 まだ話すことがあるんだ。 
 俺の人生のことでね。とっても大切なことだよ。」
すこし濁った茶色い瞳がじっと見つめる。

「 今はどこに住んでいるんですか?」
「 セメリアの、暖かい家(セントラルヒーティング)だよ。
 他に行くところはないからね。
 朝は8時、9時ごろならそこにいるよ。」
月曜に、探しにいくといって別れた。



その日は、久しぶりに朝から雪だった。
家を出たのは、10時すぎ。
町外れのセメリア地区へと向かった。

道をたずねて、
「墓地のすぐよこにある建物」はすぐに見つかった。
近所のものよりもさらに巨大な建物。
窓ガラスも扉もない、見るからに廃屋。

ICIRIPICIRI28 001

社会主義時代の名残を、これほどまでに
とどめている建物が他にあるだろうか。
かつては、つねに火をたいていて、
周辺をあたためていたはずの建物が、今や一番寒い住みか。
20年間も、そのままに放置されている。

本当に、ここに住んでいるのだろうか。
半信半疑で中へと足を運ぶ。

ICIRIPICIRI28 006

ICIRIPICIRI28 017

「 どうやら、ここに住んでいるようだよ。
帽子もある。」とダンナが
一足先に見つけたようだ。
奥のうす暗い部屋に進み入ると、
確かに寝床がそこにあった。
たき火の痕跡もしっかり残っている。
誰もいないようだ。

ICIRIPICIRI28 019

ベッドのすぐ上には、大きく
くりぬかれたように雪景色が広がっている。
ちらちらと、降ってくる雪を眺めていた。

仕方がない、出直そう。
家から持ってきたお菓子の入った袋を、
その寝床に放り投げた。
??
その袋が落ちたところは、
なんだか人間の洋服のようでもある。
よく見ようと、そばに寄ってみると・・・。

ガサッと音がして、
おじさんがむっくりと起き上がった。
「 ・・・ああ、びっくりした。」
といって、身震いをする。

ちょうど物を投げたところは、
おじさんの胸のあたり。
私も負けずに、びっくりした。

起きたてに、胸からタバコの箱を取り出して一服はじめる。
「 今日は、ここに主人がやってくるんだ。
 この部屋を貸してくれてね。
 俺が生きている限り、
 ここに住んでもいいという。ありがたい話だよ。
 奥さんも、スープや缶詰など持ってきてくれる。」

それから消毒用アルコールも取り出した。
「 これが、俺の暖房さ。」と
青い色をした液体を飲む。

タバコの煙がなくても、
口からは白い息がこぼれる。
確かに、ここは寒い。
まだ布団から出られない様子。

問題の窓を見上げて、ダンナが言った。
「 ここに、何か貼り付けるものはないんですか?」
「 ああ、あるんだがね。
 このテープじゃ、どうも駄目みたいだ。」

家に帰って、かわりのテープを探してくる間、
おじさんはまた独り、語りはじめた。
「 俺が話したかったのは、親父のことだよ。
 飲んだくれて、俺たちを外へ送っては
 金を酒に変えていた。
 そして、よく俺たちにも手を上げた。」

「 俺はあのひどい親父が嫌で、
 ついに14歳のときに、ブラショフへ逃げたんだ。
 俺たち兄弟8人で、掘っ立て小屋を作ってね。
 そこに2年間、住んでいた。」

「 警察に問いただされたこともあったけど、何も答えなかった。
 絶対に親のことは知られたくなかった。
 家に連れ戻されたくなかったからね。」

「 あの頃は、他にも俺たちみたいなのがゴロゴロしていた。
 下水道に住んでいたのもいた。」

「 結局、警察が捜索して家に連れもどされた。
 それから、まもなく親父は死んで、
 その葬儀のために馬や馬車を売らなければならなかった。」

やがてダンナが到着したので、
窓の外側からナイロン・シートを貼りつける作業がはじまる。
どうにか簡易の窓ができあがると、
もう12時の鐘の音が聞こえてきた。

「 君のために、喪を明けることにしたよ。」
と寝床のなかから声が聞こえる。
「 俺の踊りは、本物のジプシーの踊りさ。」
雪がとけ、春になったら
ジプシーダンスを見せてもらおう。

おじさんの住処をあとに、
息子の待つ幼稚園へと向かった。




トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(2)|trackback(0)|ジプシー文化|2010-01-25_14:46|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

この記事を読みつつ、今、エルヌーおじさんは大丈夫か心配になってしまいました。
このマイナスの寒さの下、まだ、ここにいるのでしょうか。

過酷なおじさんの人生に言葉がつまります。
春になり、おじさんのダンスが見れると良いですね。
Re: タイトルなし
マリチカさん、この出来事は
まだあの寒気がやってくる前のこと。
それでも、あの建物のなかには
一時間いるのがやっとでした。

いまや、気温は-30度ちかく。
こんなに寒い日はことに、
おじさんのことが気になります。

春が待ち遠しいです。
この厳しい冬がはやく過ぎてしまいますように、
祈ります。