トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ハライのランチ

お昼時を過ぎて、人の家とはいえさすがにお腹がすいてきた・・・
ルーマニアの昼食は、2~3時であることをうっかり忘れていた。

すると友人が来て言った。「今日はウサギを食べるよ。」

ウサギ・・・あの小さな小屋で、何も知らず丸々と太ってえさを食べている。
日本では、赤い目の白兎が有名だが、ここでは黒や茶色が主である。
息子も喜んで、その辺の葉っぱをちぎっては運んでいた。
さすがにウサギは、日本では食用とされないので気後れがした。

IMG_2419.jpg


旦那の祖父母の住んでいた村で、ブタを殺してソーセージを作るさまを始終見たことはあった(ある部分を除いては)。だが、さすがにウサギは・・・・

するとキーという悲鳴が聞こえて、小屋からウサギが引っ張り出されたようだ。
その後は・・・悲鳴も聞こえない。気が付くと、木の棒に両足がつるされていた。その後は二人の男手で、手際よく解体されてゆく。
友人の父親が、こちらに向けて何かを放り投げた。見ると、ウサギの首である。犬がさっとくわえていった。

こんな様子を見ていると、やっぱりヨーロッパ人は肉食人種だと思う。
同じ生き物なのに、魚をさばくときとこうも感じが違うのはどうしてだろう?
魚は、鳴き声も表情もないからだろうか。

解体されて肉となった後は、近くで見ることができた。
淡いピンク色の鶏肉に似た感じだ。

棒を立てて、大きな鍋をつるし、そこに火をおこす。
まずはタマネギとパプリカ(生のものと粉末のもの)を油でいためたものに、
水を注ぎ、ウサギ肉を入れて煮込む。
火がよく通って肉が柔らかくなったら、塩とクミンで味付けをする。
ジャガイモを切って入れ、柔らかくなったら出来上がり。

IMG_2411.jpg


IMG_2414.jpg


家の庭にテーブルがあり、そこで食事となった。
太陽の光を浴びて、美味しい空気の中で食べるのは食欲も違う。

IMG_2416.jpg


気になるウサギの味は・・・
口に入れるとなんともよい風味がする、味は鶏肉に似て淡白である。
癖がない。ソースもパプリカが効いていて、コクがあって美味しかった。
始終を見ていなかった息子も、自分の分を平らげた。

何より、休日に大人数で食事をするその雰囲気は楽しいものだった。
貴重な動物を私たちのために差し出してくれた、
友人家族のホスピタリティーに感謝。


トランシルバニアをあなたの心に・・・
                 クリックをお願いします。にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ

スポンサーサイト

Theme:海外食生活
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|トランシルヴァニア食文化|2008-04-28_15:51|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント