トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

セントキラーイ、雪のなかの住まい

ふたたびトランシルヴァニアに
厳しい冬がやってきた。

雪は何日か降りつづくと、
町のあちらこちらが
天然のソリ場、スケート場へと化す。

土曜日の昼前、
友人の誘いでソリをしに村へと向かった。
キャンピングカーの中は、子どもたちでいっぱい。

町から6km南にある、セントキラーイ村。
町外れの小高い丘は、滑るには絶好の場所。
ソリといえば
子どもの遊びかと思っていたら、
ここでは大人から子どもまで夢中になるスポーツのようだ。

ICIRIPICIRI30 002

雪の白さとその冷たさは、
こころまで浄化してくれる。
そして、その静けさ。
あらゆる生き物が姿を消す、厳しい冬。
無機質なようでもあり、
それが不思議と落ち着くときもある。

白樺の木には、
どこか儚げで、幽玄なうつくしさがある。

ICIRIPICIRI30 005

むかし、誰かからこんな話を聞いた。
「 第一次大戦で、たくさんの兵士が捕虜として
 ロシアへ連れて行かれてね。
 やっと開放されて国に帰ったあとでも、
 この白樺をみると、
 辛いロシア時代が思いかえされたそうだ。」

ICIRIPICIRI30 025

かつて夏には、緑の中に
たくさんの白い羊たちが歩いていた原っぱ。

ICIRIPICIRI30 009

しばらくすると、足の先と手がかじかんでくる。
子どもたちのソリ遊びは、
それでも続く。
この丘を上りつめると、

ICIRIPICIRI30 018

ユニタリウス派の教会の前に出てくる。
ふいに、鈍くこもったような鐘の音が響きはじめた。
村の中からも、また高い鐘の音が
かすかに聞こえてくる。
この小さな村に、ユニタリウス派、カルバン派の教会、
カトリックの集会所があるらしい。

ICIRIPICIRI30 033

「 天使をつくってあげましょうか?」と
雪に寝そべって、手足をばたばた動かす。

ciganygyerekek 206

雪の天使の出来上がり。

ciganygyerekek 207

新しい遊びがはじまった。
車のトランクを開けて、
ヒモを子どもたちのソリに結びつける。
そして、出発。

ICIRIPICIRI30 043

子どもたちのにぎやかな声がはじける。
真っ白な季節の楽しみ。

ICIRIPICIRI30 052

天までとどきそうな木。

ICIRIPICIRI30 057

やがて完成すれば、
この雪景色はすべて彼らのもの。

ciganygyerekek 219



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(6)|trackback(0)|自然、動物|2010-01-28_08:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

雪は邪魔者ではあるけれど、何もかも隠して神聖に見せてくれる不思議なものですね。
天使もよう…面白いですね~。
マイナス10度くらいと思えそうな場所、子供達は
いつも元気ですね。
冬枯れの木々のなんて美しいこと…。
どんなつらい季節にも 美しいものや楽しいことは
探す心さえあれば必ずあるってことですね。
私も雪のある地域で生まれ育った為、ソリ遊びや
雪遊びが身体の底に残っています。
今、静岡県では 雪は全く見られませんけどね。
Re: タイトルなし
霧のまちさん、雪国のご出身なんですね。

私は小さい頃からあまり雪に慣れ親しんでいないので、
ソリ遊びや雪だるまなどを
無邪気に楽しめる子どもたちがうらやましいです。
小さい頃に遊んだ記憶、
大切ですね。

去年の冬は、あまりの長さにホームシックになってしまったのですが、
もうすぐ帰国することもあって、
すこし気持ちにゆとりがあります。

セントキラーイの原っぱって、
何もないところなんです。
ただ見方によっては、その中から
価値あるうつくしいものを
たくさん見つけることができます。

春、夏、秋、冬の
季節の移り変わりが、
名も知らない小さな植物に、
そらの色に見出すことができるんです。

ここに来ると、
いつも何かを探すようにしています。
ふふふ、この天使よくやります。特に川の上を散歩すると誰も後をつけていない部分が多いのでついついやってしまうのです。

 雪が大地を被っている長い期間、村は綺麗な景色です。溶けたら…もう少し公衆道徳の徹底が必要です(苦笑)
Re: タイトルなし
越後やさん、
まだまだシベリアでも寒さが続くのでしょうか。

雪がないと、確かに
冬がなんだか味気ないですね。
去年は暖かく、12月の終わりになるまで
雪が降らなかったので、みんな物足りないと言っていました。

同じ遊びをそちらでも
するのですね!
真っ白な大地に、たくさんの天使が飛んでいる姿
素敵でしょうね。
まっしろですね!
どんなに厳しい寒さかを忘れてしまいそうなそり遊びに大地の天使です。
年齢も忘れてどちらもしたくてたまりません!
しかし日本そして九州のわたしには白樺も草原も見るからに寒そうですね。。。
しもやけになる方はいないのでしょうか。←この考え自体が日本人ですよね。
どうかお大事になさってくださいませ。
Re: まっしろですね!
Dillaさん、子どもたちは遊びに夢中で
寒さも感じないようです。

この雪のなかで2、3時間いたあとで、
友人の家に招かれたのですが、
あたたかい室内に入ったときの
気持ちよさといったら・・。
体が解けるように、ほぐれていくのです。

しもやけは、日本の家の中の方が寒いので
かえって日本の方がなりやすいような気がします。