トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

カティおばさんの故郷

朝もやに包まれたイェッドの村を歩いていく。
夏とは違って、
冬はひっそりと静まりかえった村の通り。

真っ白の風景に、
鮮やかな原色のスカートが目に飛び込んできた。
「 テー・バフタリ!(あなたに幸運がありますように。)」
ちょうど家から出てきたばかりの
おばさんにロマ語で声をかける。

「 テー・バフタリ!
 まあ、今回はひとりなの?」
と今度はハンガリー語で返事がかえってくる。

「 ええ、今からカティおばさんのところへ
  行くところなんです。」
足取りをすこし休めて、答える。

イェッドに来るのは、もう6回目。
この村のジプシーの人たちは、
ガッジョ(よそ者)に、愛情をこめた好奇の目をそそいでくる。
それが心地いい。

ピンク色の壁に、えんじ色と白のしま模様が
カティおばさんの家の目印。
クリスマスの飾りもまだ残ったままだ。
「 チョーコロム(キスを)!
  カティおばさん。」と扉をひらいた。

「 さあ、中へお入り!
  靴はいいから、そのまま。」といつもと変わらず、
歌うような声の調子。

「 テリー(たかのてるこさん)たちが行ってしまったあとは、
 寂しかったわ。あれから、足を痛めてね。
 注射を何本も打ってもらったのよ。」と足をさする。

お砂糖たっぷりの、
レモ・ネードのように甘い紅茶をいただきながら朝食。
年末年始のエピソードに花を咲かせる。

「 そういえば、ムンドラはもういないよ。
 ダンナが連れて行ってね。
 それから一週間して、子供も連れて行ったわ。
 そのせいで、リンコは怒ってる。」

思わず息を呑んだ。
彼女が一ヶ月前に宣言していたことが、
こんなにも早くなるなんて。

一度は母親に引き離されたふたり。
今度はうまくやっているのだろうか、
彼女の顔が見たくなった。

「 明日に発つのなら、
 あそこの村へ行くのは無理ね。」とおばさん。



トゥルグ・ムレシュ行きのバスに乗り込み、
カティおばさんと買い物の用事をすませる。

町を歩いていると、
バスを見ながらふと思いついたように
つぶやいた。
「 ねえ、セントジュルジへ行ってみましょうか?」

IMG_9041.jpg

カティおばさんの故郷であるマロシュ・セントジュルジは、
町のすぐとなりにある、国道沿いの大きな村。

広場からマイクロバスに乗り込んで
車に揺られること、15分ほど。
温泉前の停留所で下車した。

ひっきりなしに車の行きかう大通りから
中へ入ると、とたんに村らしい雰囲気になる。

IMG_9060.jpg

通りはどこもかしこも、氷の膜で覆われている。
こんな坂道はとくに、歩くのが大変そう。
なんとなくジプシーの住んでいそうな通り。

IMG_9061.jpg

坂道を下りてやってくるのは、
どこかで見覚えのある顔。
結婚式でいっしょにダンスをした
ギズィおばさんだった。
いとこ同士の再会で、おしゃべりもはずむ。

IMG_9063.jpg

偶然の出会いで、彼女の家へ立ち寄ることになった。
氷でつるつるになった坂道を上っていく。
「 ここの通りは、ほとんどがジプシーよ。」とおばさん。
こんな寒い中でもジプシースカートが、きれいに干してある。

IMG_9070.jpg

寒い中でも、子供たちは元気にそり遊び。

IMG_9115.jpg

坂を上りきると、おばさんは立ち止まった。
 「 ここが私の家よ。」
おばさんの後について家の中へ。
家具が少なく、がらんとした印象は
たいていのジプシーの家で感じること。

壁際のいすに腰をかけると、
女性がちょうど赤ちゃんにお乳を飲ませている。
「 結婚式で会ったわよね。あなたのこと、覚えてるわ。」
とやさしそうな笑顔をみせる女性。
「 ほら、あのとき髪結いをしたのは私よ。
  花嫁の母親。」

思わず、あっと声をあげる。
あの16歳の可愛い娘の母親には、
まだこんなに小さな子供がいるのだ。

IMG_9082.jpg

ギズィのお嫁さんは、
ジプシースカートのお針子さんであると聞いて、
縫った洋服を見せてもらうようにお願いをした。

食料貯蔵庫として使われるはずの
北向きの小さな倉庫では、
カラフルなスカートがくるくると巻かれて
ぶら下がっていた。
そのひとつを解いて見せてくれた。

IMG_9085.jpg

ウェストには、たっぷりとミシンステッチが施され、
ぎっしり詰まったプリーツが波打っている。
大きなレースがいかにも、ジプシー好み。

IMG_9087.jpg

次々に人が入ってくるので、
誰が誰の子かわからなくなる。
成熟するとすぐに花嫁、母親、おばあさん・・・というように、
世代の入れ替わりが激しい。

IMG_9108.jpg

トゥルグ・ムレシュ周辺のジプシーは、
美人が多いことで有名。

IMG_9113.jpg

にぎやかなギズィおばさんの家を出て、
やっとカティおばさんの生家へと向かう。

IMG_9118.jpg

「 ここが、私たちの通りよ!」カティおばさんが振り返った。
立て札には、「せまい通り」という名前が書かれていた。

IMG_9123.jpg

「 この通りにはね。私たち親類一族が住んでいたの。
 ここの家の弟も死に、あっちももういない。」
細く小さな通りを上っていく。

一軒の古い民家にむかって、歩みを進める。
ピンク色の壁に、
色のはげかけた緑のベランダがついた家。
「 ここで、私たち6人の兄弟が生まれたのよ。」
今では、カティおばさんの弟さんのお嫁さんと
娘さん家族が暮らしている。

IMG_9163.jpg

娘のカティが精一杯のおもてなしをしてくれた。
肺に欠陥のある子供さんをかかえて、
それでもさっぱりした陽気な性格の持ち主のようだ。

IMG_9144.jpg

カティおばさんが小さいころ、
そりをして遊んだという丘。
今も真っ白い雪で覆われている。

IMG_9155.jpg

「 暗くならないうちに、帰らないと。」
帰る仕度をする私たちを、
カティが息子さんの手をひいて見送りにきてくれる。

IMG_9176.jpg

「 セントジュルジも悪いところじゃないでしょ。」
14歳のときに故郷を離れたカティおばさん。
こんな風に見送りに行く途中、
後にご主人さまとなる男性にイェッドまでつ連れていかれた。

「 今の私があるのは、主人の両親のおかげよ。
 まるで自分の娘のように、私を愛して、
 そして育ててくれた。
 不思議だけれど、実の両親よりも
 ずっと愛着があったのよ。」

「 私は、やっぱりイェッドの村がすき。」
と思わず答えていた。
あの人懐こい人たちの顔が浮かんでくる。

今はその両親も、
ご主人さまもいないイェッドの村。
私たちの乗ったバスは、私たちを
彼女のもうひとつの故郷へと運んでいった。




トランシルヴァニアをあなたに。
にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ジプシー文化|2010-02-23_00:22|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。