トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

赤い薔薇のセーク村

イェッドからカロタセグ地方へ向かって、
旅のしめくくりはセーク村。
ルーマニア語ではシクと呼ばれる村は、
ハンガリーの古い伝統を守りつづけていることで有名である。

みやこうせい氏の著書「ルーマニアの赤い薔薇」では、
セークの女性たちの赤い衣装のうつくしさが
愛情をこめた写真と文章で紹介されている。
クルージ・ナポカの駅で待ち合わせ。
迎えにきてくれたのは、村出身のヤーノシュさんと
奥さんのジュジャ。

「 日本とは縁が深くてね。
 もう何人もの日本人が家にやってきたよ。
僕の母さんは、日本のテレビ番組でも紹介されて、
日本に呼ばれたこともあったんだ。」と陽気なヤーノシュさん。
彼の母親クララさんのところに、
日本の女優さんがホームスティした番組を
確か学生時代に見たことがあった。

ジョルトシュ・クララさんの日本とのつながりは、
80年代に村の結婚式でみや氏とであったことからはじまる。
「 その当時はね、外国人をここで見ることはほとんどなかった。
 ミヤが結婚式のときに、ベンチで寝ているのを見かねて、
母さんが家に呼んだんだよ。彼とはそれからの付き合いさ。」
当時のルーマニアでは、
セクリターテと呼ばれる秘密警察がはびこっていた頃。
素性の知れない外国人を家に招くことは、
それなりにリスクもあったに違いない。

セークでは古くから
男性たちは建設業に、女性は家政婦として村を出ていくのが習慣だった。
クルージ・ナポカの町の中心部にある公園で、
夜になるとセーク出身の若い男女が集まり、
踊りを踊っていた。
この話を基にして、詩も生まれたという。

昔はクルージやボンツィダの屋敷だったのが、
今では行き先がブダペストになった。
村からは毎日ブダペスト行きの長距離バスが
出ているというのだから、驚きだ。
国境を越えて、ハンガリーの首都へは
ここから8時間ほどはかかる。

そういえば、赤い衣装を身にまとった女性たちが
町のなかをそぞろ歩き、
メトロに乗っているのを何度ともなく見たことがある。

まだ見ぬセークの村に想いをはせているうちに、
うっすらと白粉をはたいたような山並みをいくつもこえて、
車が走ってゆく。

szek 156

「 この山の辺りから、もうセークだよ。
 村にはね、湧き水がふたつあってね。
 ひとつは普通の水なんだけれど、もうひとつは塩水なんだ。」
その塩水を何に使うかというと、
燻すまえのベーコンを漬け込むといいそうだ。

szek 160

セークには三本の道しかない。
フェルセグ(上)通り、
チプケセグ(トゲ)通り、
フォッローセグ(熱い)通り。

人口は、2000人ほどの大きな村。
昔は上地方と下地方に分かれていて、
その間でも人は交わらなかったといわれている。
それために、より純粋な
セークの文化が守られてきたのだ。

やがて車がとまり、
二軒あるうちのひとつの方へ通される。
小さな男の子が、ヤーノシュめがけて
抱きついてきた。
その後ろからは、
赤い衣装に白いスカーフをかぶった女性が笑顔で迎える。

そう、今日は日曜日。
家族団欒の日だったのだ。

szek 172

日曜日のミサのあとに、
家族いっしょに昼食を食べるのが安息の日のすごし方。
お料理が上手なクララさんの食事は楽しみだった。
お肉と野菜のエキスがぎゅっと凝縮された
コンソメスープ、そして
ローストチキンとグリンピース・ピラフに舌鼓をうつ。

szek 174

セークといえば、名物は
プルーンの蒸留酒。
パーリンカという、二度も蒸留させて
濃い果実のエキスを絞りだす酒には、
アルコール分が40~50%も含まれている。
小さなグラスに注がれた
その透明な液体の清々しい甘い香りをかぎ、
すこし舐めてみるだけで十分。

食事のあとは、
クララさんお得意のお菓子が出された。
TV番組でも、彼女のお菓子の腕前が
存分に発揮されていた。
モノの少ない共産主義時代に、
少ない材料で工夫を凝らして作られた
ホームメイドのお菓子。
時間がかかるから、今や
その家庭の味も存在が危ぶまれている。

今日のデザートは、
ケシの実のスポンジケーキと、
チーズクリームのクッキー。

szek 184

ケーキは、卵白でふんわりとやわらかな舌触りで
ケシの香ばしい風味と、
プリンみたいなカスタードクリームがいっしょに溶けこむ。
上には、しっとりとリキュールがしみこんだ、
ビスケットがのっかっている。

塩味のクッキーの中に、
チーズクリームがはさまれたお菓子は、
軽くてさわやかな味わい。
「 バラージュが、クリームをぬるのを手伝ってくれたのよ。」とクララさん。

居間にもセークの色と模様が
ぎっしりと詰め込まれていて、
その重みのあるクッションの針目だとか、
深い黒に赤い花が冴えわたる絵付けされた家具に
目が釘付けになる。

szek 195

「 これはね、最近私が描いたものよ。
木目だけの棚だったのだけれど、
ほら、こうするだけで生まれ変わるでしょう。」
日本家屋にも違和感なく収まってしまいそうな、
その色合いの家具を見て、うなづく。

szek 190

セークの刺繍は、
どこか粗野で丸みのあるモチーフが特徴。
丸いバラだとか、円のなかにニワトリがあったりという、
素朴さが魅力。
「 この刺しゅうはね、針を表と裏に返して縫うから
とても時間がかかるのよ。」
最近では、この伝統的なステッチを使わず、
簡単なものに変わってきているようだ。

szek 318

ミサがはじまる前に、
本宅の方へと案内してもらった。
もともとはこちらの家に住んでいたのが、
今は客室として利用しているらしい。
「 ここに、ミチコも泊まったのよ。」
パジャマ姿の女優さんと、クララさんの写真に
思わず笑みがこぼれる。

女性の手仕事がいっぱいに詰まった
ティスタ・ソバ(清潔の部屋)は、
ここではセークの部屋と呼ばれる。
普段は使われることのないこの部屋を、
一言で物置などとはいうことはできない。
そこには嫁入り道具や、家族の写真など、
大切な家の歴史が刻まれているから。

szek 256

ボクレータという藁でできた
花嫁、花婿の髪飾りは、
その長い年月とともに、
ガラスの中にそっと封じ込められる。
クララさんたちのもの、
息子さんたちのものが
あたかも同じ時を刻んでいるかのように並んでいた。

szek 261

セークの衣装の中でも有名なのは、
アコーディオン・プリーツの袖つきのブラウス。
昔はパンを焼いた後のかまどに入れていたのが、
後には専用のアイロンでプレスして
この立体的な造形美が生まれるようになった。
坊やも、いつかはこの晴れ着に袖を通す日がくるだろう。

szek 219

高く積み上げられたクッションと、
幾層にも折り重なった華やかな色彩の毛糸織りのラグ。
彼女に子供ができ、
孫に囲まれても、その色はあせることなく
若かった彼女の手のぬくもりを
そのままに伝えている。

szek 239

村としては大きな規模のセークの教会。
おそろいの皮のジャケットに着替えた人たちが、
表で待っていた。
特別な行事もなく、
民俗衣装でミサに通う姿はもう他所では見ることはできない。

szek 319

ひっそりとした、
古い石造りの教会のなかへ。
13世紀にタタール人が侵攻してから、
再び建てられた教会。
古びたフレスコの壁画と
薄暗くひんやりとした石の温度が、
保守的な村の人々とぴったり寄りそうようだ。

szek 332

szek 333

また、表には雪が降りはじめた。
クララさんと別れたあと、
車はもとの山をいくつも越えてゆく。
「 村が、恋しくなることはない?」たずねると、
「 ああ、僕はたまにね。」とヤーノシュさんが答える。

彼はブカレストで三週間仕事をしたあと、
残りの一週間をすごすためにクルージの家に帰る。
ジュジャは子どもさんとふたり、
シンデレラの城のような家で暮らしている。

「 歌をうたいましょうか。」
うっすらと暗闇に包まれた雪景色を眺めながら、
家族の奏でる民謡の調べを聴いていた。

山の中にひっそりとたたずむ故郷を想って、
遠く離れた地で仕事に励み、
故郷に錦を飾るために村へと帰っていったセークの民。
確実に変わりつつある、
彼らの生活を想った。

szek 349



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


*クララさんの手仕事の部屋を、詳しく
もうひとつのブログにてご紹介しています。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(19)|trackback(4)|その他の地方の村|2010-04-06_22:03|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日の夕焼けも雰囲気がありました
本日の天気 19→13→18度(終日氷点下) 晴れ後雪  本日の一枚は晴れている空から細かい細かい雪が静かに降っていて、けぶっている遠くの林。氷点下10度代だと本当に雪になる確率が高いんだなとしみじみ感じます。  これが20度、30度代と下がっていく...
どこを切っても芥子の実たっぷりケーキ
 今日はまだ1品もその本から作っていなかったと最近お風呂の共としてどれを作ろうか思案していた本から「Воздшная маковая бабка(ヴォズドゥシュナヤ マカヴァヤ バープカ/芥子の実入りケーキ)P186-7」を焼いてみました。  元々のレシピでも...
『カルパチアのミューズたち』その(6)~セーク村の踊りと『ウルルン滞在記』他
『カルパチアのミューズたち~ルーマニア音楽誌』は、写真家・エッセイストのみやこうせい氏がルーマニア国内で収集した音源によるCDと、音楽&フォークダンスにまつわるエッセイからなるCDブックです。みや氏が初めてルーマニアの地を踏んだのが1965年とあります。約半世紀に渡って通い続け、様々なフォークロアに接してきた中から、選りすぐりのものを紹介されていますので、私も回を重ねて、出来るだけ丁寧に書い...
セーク村の踊り(Széki táncrend)
こんなにセークの踊りをいっぱい踊るのは何年ぶりだろう・・・。踊れば踊るほど、その魅力に取り憑かれる。というわけで、セークの踊りをわくわく交流公演の出演に向けて練習している。我々にとってセークの踊りは、いわば、原点である。1972年に始まったターンツハーズ運動は、セーク村の踊りの紹介から始まりまった。この詳細は、鈴木仁さんのすばらしいコラムにあります。そして、1979年のティマール氏の日本での...

コメントの投稿

非公開コメント

うわー、あのクララさんだ!!
あの番組大好きでよく見てたけど、このルーマニアの放送、今でもよく覚えています。
全然変わってないね!
それにしても、壁にかけてあるお皿、とってもかわいい色合い。
そしてもちろん民族衣装にクッションカバーの赤い刺繍も素敵すぎます。
おばあちゃんになってもこのかわいらしいお部屋が似合うなんて!クララさんの雰囲気にぴったりだね。
セークの部屋、死ぬまでに一度入ってその雰囲気を味わってみたいな~。
あとおいしそうなケーキに、プルーンの蒸留酒も!
Re: タイトルなし
Sachieちゃん、お久しぶり。
私はこの番組、
大学時代に先生に見せてもらいました。

ルーマニア人の通訳を通して話していたけれど、
最後のお別れの場面だけ、
口から出てきた言葉はハンガリー語で、
母語ってこういうものなんだと
先生がおっしゃっていました。

クララさん、
手芸にお料理のセンスも抜群で、
素敵なおばあさんでした。

時代が変わって、
一番変わってしまったのは
もしかしたら女性なのかもしれません。
いい時間のすごし方をしたいものです。
赤がキーワードなんですね。
可愛いししゅうですね。  それと、黒く塗った家具。
赤い花模様が本当にすてきです。
みやこうせいさんとも繋がりました。
みやさんが残した美しい花模様の文化、お祭りの衣装、当然ながらほとんど消えたようですが このおばあちゃんの手芸品は これからどのように残って行くのでしょうか。
Re: タイトルなし
霧のまちさん、
トランシルヴァニアではどこも
赤が刺しゅうの基本。
それでもステッチとモチーフは、
場所によって違うので面白いです。

セークの赤と黒は、
タタール人に侵略された
その記憶を忘れないよう、
血と死を意味する色が守られてきたと聞きました。
この村に感じられるどこか閉鎖的な雰囲気にも、
きっと関係しているのでしょうね。

おばあさんの手芸品が残っていくかどうかは、
おそらく、これからの若い人が
その価値をどれだけ感じるかによるでしょう。
ただ、今の人たちが
そういった文化を作り出すことができないのが
残念です。


ルーマニアに無事に戻ったんだね。
お疲れ様~☆

外は真っ白な雪景色がとても綺麗だね~。
お家の中は、外とは対照的にお洋服や雑貨が赤の暖色系であったかい感じが素敵☆

お菓子も美味しそうだね。
盛り付けも品があってお洒落だね~。
Re: タイトルなし
なちゅさん、
無事帰ってきました!
宮崎では、どうもありがとう。

久しぶりに見ると、
雪景色は本当に綺麗です。
ただこれが5ヶ月も6ヶ月も続くとしんどいですが・・・。

この冬枯れの景色のうえに、
あの赤のインテリアは成り立っているのかも
しれませんね。
部屋のあたたかさは、
この寒さの中で必要不可欠だから。
暖色の赤はほっと和ませてくれます。

セークでは、
お料理上手のクララさんと知り合いになれて
よかったです。
私もいつか、お料理+お菓子を
勉強しにいきたいです。


 この方が出ていた番組覚えています。再訪問の回も記憶に残っていますよ。
 いつもながら赤の刺繍美しいです。そして黒と赤の絵も羨ましい限り。私は平面は苦手なのでこうやって描いて表現出来るというのが羨ましいです。

 そして最も気になるのが芥子の実のスポンジケーキ。カスタードがスポンジケーキにマーブル状に入っている感じでしょうか?上のクッキーはチョコと二色マーブルかしら???気になる事一杯。
 とりあえず久しぶりにケーキを焼こうと思いました。それも芥子の実入りの。
Re: タイトルなし
越後やさんのような、お料理プロの方にかかれば
こんなお菓子もすぐに習得してしまわれるでしょうね!

このケシの実ケーキは、
下のふわふわ卵白スポンジの上に
カスタードクリーム(ちょっと固め)があって、
一番上に市販のビスケットが重ねてあり、
チョコレートソースと何かリキュールのようなものが
しみこませてあるようです。

刺しゅうにしろ、お料理にしろ、
何でもおできになる万能のお母さんですね、クララさんは。
それに加えて、
ずっとブダペストで家政婦さんもしていらしたのだから・・・。
こちらの女性の働き者ぶりには
頭が下がります。
この芥子のみのケーキ、作ってみようといま材料を準備中なのですが、カスタードは焼かれていたか判りますか?焼いたケーキの上にカスタードとビスケットが乗っているのかちょっと判りづらいのですが、写真からは。
続けて投稿失礼します。
先ほどケーキ焼いて食べてみました。甘みなどは我が家風に変えているので当然違うとは思いますが、美味しかったです。
レシピもアップしてみました。
文中リンクさせて頂きました。
Re: タイトルなし
素晴らしい!!
たったこれだけの写真と、
私の感想だけで
こんなケーキが焼けちゃうんですね!

お料理好きなら、きっとあの時
レシピを聞いておくところなのでしょうが、
私はただ美味しいと食べているだけ・・・お恥ずかしい。

カスタードは、焼いていたかどうか
分かりません。
上のクッキーも、やわらかい食感だったので
きっと後からのせただけだと思います。

それにしても、越後屋さんのケーキ
美味しそうですね!
ロシアのクッキーが、
なんともお洒落な形で素敵です。


凝縮された赤と、丸みのあるモチーフ、素晴らしいですね!
そしてクララさんの手仕事の力強さ、圧巻です。
もうひとつのブログでの「ハートと茂み」のモチーフ、素敵。
赤と黒の色にも、歴史を背負った人々の意識が込められていると知り、
とても興味深かったです。
Re: タイトルなし
mielilei さん、どちらのブログも
訪問くださってどうもありがとうございます。

おっしゃるとおり、
この地方の刺しゅうは、
繊細というよりはむしろ力強さを感じますね。

何世代もにわたって
伝わってきたモチーフ、
その中に色々な想いがこめられているに
違いありません。



月曜日に芸術家さん宅でこの芥子の実のケーキ一緒に食べました。気に入ってもらえたようです。
私の焼いたケーキのビスケットは柔らかいというかしっとりしています。
コーヒーを念のため(あとで切りやすいように)かけたのですが、恐らくカスタードを上に敷いてその上にスポンジの生地を流して焼くと程よくビスケットは柔らかくなると思います。
今度はこの写真の様にチョコシロップを流した上にビスケットを置いて焼いてみようと思っています。
Re: タイトルなし
ケシの実ケーキ、
もうすっかり越後屋さんの
家庭の味となったようですね。

もうすぐ息子の誕生日、
私もケーキを焼く練習をしないと。
久しぶりなので。

市販のお菓子も大分出回りはじめましたが、
家庭の味は残しておきたいですね。
昔Sicの結婚式に呼ばれたときに、新郎の家での準備のお菓子作りにクララさんもいらしてました。
お元気そうで何よりです。

あのときも親戚の女性たちが、ものすごい量のケーキや料理を何日もかけて作っていたのが懐かしいです。

本当に宝石のような村々ですね。
足を探すのが難しいので、トランシルヴァニアではこの村にしかいけませんでしたが、いつかカロタセグの村にも行ってみたいな。
Re: タイトルなし
Satoさん、はじめまして。
シクの結婚式、素敵なのでしょうね。
今は、なかなか伝統的な家庭行う式は
見ることができませんね。

クララさんにもお会いになったのですね。
私はまだ一度しか行ったことがありませんが、
思ったより大きな村でびっくりしました。
周りはほとんどルーマニア系の村なのに、
孤立したようにハンガリー文化を守っていることも
凄いことです、

トランシルヴァニアの村には、
車がないと難しいですよね。
最後の手段はヒッチハイクになってしまいますが・・。
私も、もっとたくさんの村を見てまわりたいです。
No title
お久しぶりです。
今日ウクライナ料理の本から焼いた芥子の実のケーキがこのケーキを思い出させました。
またこのカスタードとクッキーを添えて焼き上げたいと思います。
トラックバックさせて頂きました。
Re: No title
越後やさん、トラックバックをどうもありがとうございます。
懐かしい、あのセークの焼き菓子ですね!
ウクライナに似たお菓子があるとのこと、
また私も挑戦したくなります。

これからお料理やお菓子作りが
一段と楽しくなる季節ですね。
これからも素敵な記事を楽しみにさせていただきます。