トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

森の中のお花畑

4月の終わり。
まだ町の中さえも、
緑の屋根にすっぽりと覆われてしまう前のこと。

にごりのない青空と
太陽のひかりが惜しげもなく
降りそそぐ、日曜日の午後。
森の中へと入った。

道には、馬車の車輪がつくった
水たまりがカエルたちに宿を与えている。

18.04.2010 18-04-20

いつもよりもずいぶんと明るい森の中。
か細い木の幹が、
これから緑をいっせいに吹こうと
力を溜めているようだ。

18.04.2010 18-12-00

鮮やかな紫色を垂らした
スミレのような野の花。

18.04.2010 18-15-31

聖ジュルジの名前の日のあたりに
生えてくるといわれる、その名も「聖ジュルジのサラダ」。
そのやわらかな舌触りは、
春のみずみずしさを存分に感じさせてくれる。

18.04.2010 18-43-35

夢のようにやさしい、淡い藍色。
枯れ色のなかから、
こんな美しい色が現われる、
それがまさに春の奇跡。

18.04.2010 19-37-45

甘酸っぱいようなレモン色の花びらが
たわわになっている。
カンカリンという花。

18.04.2010 19-43-58

中でも圧巻なのは、
真っ白なお花が密集して咲いているすがた。
太陽のひかりが
春の地面にまでゆきとどき、
やがて緑で隠れてしまうまえに
今にだけ見られるお花畑。

まだ肌寒いこの時期を
わざわざ選んで咲くのには、ちゃんと意味がある。

18.04.2010 19-58-56

どんどん花を咲かせなさい。
今のうちに、
森がまだ明るいうちに。
気がつくと、森のなかは一面がお花畑になっている。

18.04.2010 19-34-41

めまぐるしく形を変える
自然のすがた。
トランシルヴァニアにも、春がやってきた。

18.04.2010 20-12-05


トランシルヴァニアをこころに。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村


スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|自然、動物|2010-05-07_08:15|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

No title
まだまだ寒そうですが、春がやって来ましたね。
足元の小さな花々、そうなんですね 葉が茂る前に
太陽を浴びないと。
枯れ色の中に見つける生き生きとした色の美しさは
長い寒い冬を過ごしたからこそ得られる喜びですね。
No title
お久しぶりです。
ようやく春が来た感じですね。
一面のお花畑、うらやましいです。
こちらだと、笹に侵食されてしまうんですよね。
また、花の写真お願いします。
No title
綺麗なお花が沢山だね~。
写真から自然の豊かさを感じました。

宮崎は5月に入ってから晴れの日はもうすぐ夏なんじゃない?
っていうくらいに暑い日があったかと思えば、
雨の日は空気がひんやりしてたりと
中々空が落ち着かない日を過ごしています。

今年は何だか日本は全国的に落ち着かない天候みたいだけど、
ルーマニアはそんなことないのかな?

緑も木も活き活きしてるね~!
Re: No title
今年の冬は帰国をしたので、
急に春がやってきたという感じでした。
去年のように、
待ち焦がれるような気持ちがなかったので、
太陽の光や草花のありがたみも少し
違うようです。

植物の世界って上手くできていますね。
あの小さな白い花は、
森の中でどうやって生存していけるかを
よく知っているんです。

短い生命ですが、
寄りそうようにして
落ち葉の道のなかにお花畑を作っているさまは、
ほんとうに美しいです。
Re: No title
thomasさん、お久しぶりです。
クリスマスローズは残念ながら
終わってしまいましたが、
これから野の花の季節がはじまります。

こちらには笹はないですものね。
だからこんなに森の中が花だらけになるのでしょうか。
はじめに森に咲いて、
それから野原が花の時期を迎えます。
放牧する習慣があるからか、
実にたくさんの野の花が咲くんです。
それも入れ替わり、立ち代り。
また写真をのせます。

私にもっと知識があり、
花の名前が分かったら
もっと充実するのですが・・。
Re: No title
なちゅさん、こちらも同じです。
一日のうちでも、
朝はジャケットがいるし、
昼間はタンクトップ一枚。
また雨がふれば、とたんに寒くなる。

春があっというまに
夏に変わってしまうから、
体がなれるのに大変です。
もう今はどこもかしこも
新緑が美しいです。

豊かな自然、
このままずっと残っていってほしいですね。
初春の風景ですね
村もいま正にこれから芽吹こうと言う力強さを感じる森ですが、トランシルヴァニアも同じですね。
こちらはまだ花が咲くにはもう少し時間がかかりそうですが楽しみです。
本当に森が明るいのですよね。
今日は冬はスキーコースだった森へ散歩に行こうと思っています。
Re: 初春の風景ですね
本当に今の時期の森は、
目覚しく変化しています。
木が地下から吸い上げた水をいただくという行為、
神聖ですばらしいですね。

森のなかを散策するだけでも、
心が洗われるような気持ちになります。

春の雨が土をぬらし、
今度は森の精のようなキノコが
顔を出すでしょう。
季節ごとに違った楽しみがあります。