トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

ジプシーの舞い

うすどんよりとした空。
町のはずれにあるジプシー居住区、
ウルクーへ来ていた。

舗装のされていない道は、
あっちからもこっちからものびてくる。
小さな柵のなかは、外から丸見え。
野良犬と、家畜のブタが歩いている中を、
人が行きかう。

orkoikep 061

その土地のもの以外、あまりよそ者は入ってこないから、
私たち日本人グループを見ると、
すぐに声がかかる。
子どもたちは周りをとりまき、
「 アメちょうだい。」
「 写真とって。」
となかなかそばを離れようとしない。

orkoikep 057

鮮やかな紫色の小さな家から、
顔を知ったおじさんが出てきた。
「 おーい。
 よく来てくれた。さあ、中へ。」
いつか、踊りを見せてくれたご夫婦のお宅。

orkoikep 001

小さな刺しゅうで飾り付けられた、こじんまりとした客間に呼ばれる。
去年手術をしたという奥さんに
体の具合をたずねると、無言で首をふった。
先ほどから口数が少なく、
まだ回復には時間がかかりそうだ。

部屋でひときわ目立つのは、
立派なCDコンポ。
さっそく、スタンバイが始まる。

スピーカーからは、
大音量の音が響きわたる。
ドアも開けっ放しなので、
ご近所はおろか、地区全体にまで聞こえるに違いない。

ボリュームを少し落として、
「 これが、ウルクーの伝統的な音楽さ!」とおじさん。
楽団もいるが、
村から村へ演奏してまわっているそうだ。
「 残念ながら、今日はいないよ。」

そして、ソファーに腰かけていた奥さんが
すっと立ちあがった。

orkoikep 004

ヴァイオリンやビオラの深くしなやかな音が、
情感あふれるメロディーを奏でる。
ゆるやかな身のこなしで
ゆっくりと回り、足は小刻みに確実なステップを踏む。
まるで、儀式かなにかのように。

orkoikep 016

弦楽器の調べにあわせて、
パチパチとはじく指のリズムが
ひとつにとけあう。
若い踊り手のスピード感や躍動感あふれるものとは違い、
熟年の、落ち着いた味のある舞い。

orkoikep 023

ひらひらと蝶のように優雅な舞いは、
動きつづける間は、
彼女を10年も20年も若返らせる。
その美しいしぐさには、確かな女性を感じさせた。

orkoikep 024

やがて音楽が途切れると、
操り人形の糸がふつと切れたかのように動きをとめた。
小さな会場に、拍手がはじけた。
「 素晴らしい!
 動きはゆるやかなのに、美しい身のこなしですね。」
「 まだまだ。これからさ。
 次は、もっと動きが早くなるよ。」とおじさん。

ふいに音楽は、リズムを早め、
急に激しい曲調のものへと変わった。
今度はカップルダンス。

先ほどの踊りから、
息もつかぬ内に・・・それでも、
彼女の身体はいつまでも回りつづける。

orkoikep 032

ご主人さんがしばらくいっしょに踊った後、
息子さんと入れかわる。
男性の踊りは、力強くて激しい。
手の平で、ひざを打ち付けるチャパーシュは
豪快な動き。

女性は、あくまで男性を引き立てながら控えめに、
それでもリズムはしっかりと早く。

orkoikep 043

ウルクーの小さな民家で
行われたショウは、こうして幕を閉じた。

ほとんど身動きをしていないはずなのに、
上着の下は汗ばむくらいだった。
渾身の踊りを見せてくれた
おばさんに心から敬意を示して、
小さな民家を後にした。

orkoikep 056






トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(10)|trackback(0)|ジプシー文化|2010-05-18_00:55|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

実に拝見したいです
こんにちは。ぜひ拝見したいものです。翼の王国と暮らしの手帖を行き来しつつ、心はトランシルヴァニアに飛んでいます。お師匠さんと話し合いを重ねましたが、刺しゅうがメインな民俗衣装に何かできることはあるのかしら?とお互い考え中です。ちなみに母は古典フランダンスをいきなりキッチンで踊ります。またご連絡いたします!
Re: 実に拝見したいです
舞踊は、素晴らしいですよね。
ただの会話だけでは伝わりにくい、
ジプシーの精神が感じられたように思われます。

民俗衣装は、そのほとんどが何も材料がない
村で作られたものですので、
糸から紡ぎ、布にして、
その布を飾り立てることから
洋服作りがはじまります。
逆にいうと、そういう便利ではない環境だったからこそ、
女性の娯楽が限られていたからこそ、
できた文化だったのでしょうね。

幾何学もようの、
あのモチーフに似た感じの生地が
手に入ったら、雰囲気は出るでしょうね。

それとも簡単なステッチで、
あの雰囲気も出せるかもしれません。
ここも娯楽がないので、どの年齢でも本当によく踊ります。本当にこういう時の踊りというのは自己表現であり文化の継承ですね。

民族衣装、あの密なまでに埋め尽くされた刺繍にこぎんと通じる物を感じて好きなのです。
この3日間、体調がいまひとつなので芸術家さん宅へいくのは休んで家でこぎん刺しをすすめていました。
今日は小さい小さい試作品を作っています。
Re: タイトルなし
娯楽がないということは、
自分たちでその娯楽を作り出さないといけませんから、
自然、独特の文化が生まれてきます。
必ずしも、不幸なことではないと思います。

素朴な村の人たちが生み出した、
装飾文化はどこか共通するものがありますね。
美しく装うために、
自分の知恵と力を振りしぼって、
作られたものだからこそ、こんなにも訴えるのでしょう。


こんにちは。
はじめましてTULIPANさん。
興味深く読ませていただきました。本当にトニー・ガトリフやエミール・クストリッツァの映画のような環境に住まわれていることに羨望さえ感じました。自分事ですが、僕も以前からロマの文化に興味を持っており、来月の4月に念願のバルカン半島の地に行くことにしました。ロマの人々にガッショ(よそ者)と呼ばれるのを待ちわびている日々です(苦笑)もし宜しければアドバイスなどを頂けたらと思いMailした次第であります。
Re: こんにちは。
はじめまして、mondeさん。
ルーマニアだけでも
場所によってもさまざまで、
話す言葉もルーマニア語、ハンガリー語、ロマ語と多種多様で、
ひとくくりにできないほどだと思います。
バルカン半島はさらにたくさんの国がありますから、
なお複雑なのでしょうね。

最低限の言葉とコミュニケーションスキルは
あった方がいいと思います。
子どもさんがたくさんいるので、
何かお土産を持っていかれるといいかもしれません。

できれば長期間滞在されて、
何度かにわたって訪問されるのがいいような気もします。
どうぞお気をつけてください。
ありがとうございます。
そうですね。ロマ語の辞書とか探してもようと思います。
言語の方は片言のフランス語と英語位です。
ルーマニアはフランスへの出稼ぎ労働者が多いと聞くので
フランス語は少しは役に立ちますかね?
コミュニケーションスキルは何とかなると思うのですが…
ハンガリーのブタペストINなのですが
トランシルバニア地方に抜ける鉄道やバスはありますか?
Re: ありがとうございます。
ロマ語といっても、
地方によって方言があるみたいですので、
その土地土地で通じるかは保障できないと思います。
ルーマニアに限って言えば、
ロマ語が話せるジプシーは、そう多くはないでしょう。
フランス語は、それほど通じないと思います。

ルーマニアや行かれる先々の国の言葉の、
指差し会話集が役に立つと聞きます。

ハンガリーからトランシルヴァニアへは、
鉄道がお勧めです。
国際バスもありますが
小さかったり、暖房がなかったりですので・・。


No title
返事遅くなりました。日本はとんでもない事態になってしまったもので…
鉄道ですね。わかりました。アドバイスありがとうございます。
Re: No title
日本がこんな状況で
ご旅行をされるのも大変だと思いますが、
どうぞお気をつけてください。