トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

アーラパタクの宝石

すっきりと晴れた、
風が吹きすさぶ5月の日曜日。
ヒッチハイクするべく、
町のはずれに向かった。
一時間半が経過して、ややあきらめかけたとき、
一台の車が止まった。

この周辺でも、特に交通の便の悪いと評判の
森深い道をこえていくと、
二番目に見えてくる村がアーラパタク。

半数以上がルーマニア系ジプシーという、この村。
あまりの治安の悪さに
警察も手が出せず、
一人暮らしの老人は暮らせないほどである。

つい最近、
手芸で有名なエテルカおばあさんの家にも強盗が入り、
あの美しく整えられた部屋も荒らされ、
家を引き払うこととなったと聞いていた。

1月に不在だった、
エテルカおばあさんの後継者たちを探しに、
再びこの村にやってきた。

arapatakihimzes 234

村の中心から小さな通りに入ると、
ハンガリー系の住人が多い通りに差し掛かる。
合間合間にジプシーの家らしきものが挟まり、

門の前から
「 ごめんください。」と叫ぶ。
おそるおそる姿を現したのは、
話に聞いていたピロシュカおばあさん。

用件を伝えると、
日曜日の昼時にもかかわらず
快く中へと通してくれた。
「 今ちょうど、日曜のミサから帰ってきたところよ。」

病気がちのご主人さんと、
ふたりきりで暮らしている。
「 前はブラショフまでも車で通っていたんだけれど、
 もう車も売ってしまったのよ。」

arapatakihimzes 229

「 料理に火をかけているところだから、
 ちょっと待って。」
おばあさんは、家の向かいにある
小さな小屋へと入り、
やがて私たちを中へ招いた。

arapatakihimzes 107

「 夏のキッチン」と呼ばれる、
煮炊きをする小さな部屋。
蒔きオーブンに、ガス・コンロ、
奥にはベッドもある。
おままごとのような、小さな空間にも
刺しゅうで飾ることは忘れない。

arapatakihimzes 110

今度は、家の中へと通される。

arapatakihimzes 105

はじめの部屋に入ると、
いきなりエメラルド・グリーンの壁が目に飛び込んでくる。
赤の刺しゅうをなんて、
ドラマチックに見せるのだろう。

arapatakihimzes 122

「家の祝福」といわれる
キリスト教の教えを説いたもの。

信仰ありき処に 愛あり、
愛ありき処に 平和あり、
平和ありき処に 祝福あり、
祝福ありき処に 神あり。
神ありき処に 必要なことなし。

トランシルヴァニアで17世紀以降に広まった
カルバン派教会では、その土地土地の
フォークアートと教会文化が溶けあった。
「 ここの教会にも、
 たくさんの作品を寄付したわ。」

オンドリの刺しゅうがかけてある、
小さな額縁の写真。
左側がおばあちゃんの父親、右側が母親。

「 お父さんはね、戦争で
 ロシアに捕虜として連れて行かれて、
 帰らぬ人となったわ。
 
 私たち兄弟は、母親の手ひとつで育てられたの。
 当時は何も生活補助なんてなかったから、
 お母さんは
 それはそれは辛い思いをして働いたわ。
 少しのベーコンをもらうために、
 農家の手伝いをしたりしてね・・・。」

arapatakihimzes 131

フライパンの底は時計になっている。
おばあさんの名前が刺しゅうされた、
はさみ入れがちょこんと並んでいる。
ピロシュカは、赤ちゃんという意味。

arapatakihimzes 120

うす暗い、村の民家に入ると
時代を遡ったような、
不思議な感覚にとらわれる。

長い長いトンネルをくぐって、
不思議の国へと導かれてきたかのようだ。

arapatakihimzes.jpg

白熱光で照らされた空間は、
ピロシュカおばあちゃんの赤い部屋。

arapatakihimzes 143

ミニチュアのベッドには、
おばあさんと同じくらいの年の
小さな人形が座っている。

arapatakihimzes 160

スポンジのリボン飾りをつけた
アンティーク人形。
かつての少女はおばあさんになってしまったのに、
青い瞳の女の子は永遠に少女のまま。

arapatakihimzes 145

「 若い頃は、ブラショフの町で
 電気修理屋の学校にも通ったのよ。」
華やかで美しい手仕事の影には、
決して楽ではなかった、
おばあさんの歴史が刻まれている。

次々に古いたんすから、
家に伝わる手仕事の財産が姿を現した。

arapatakihimzes 172

畑仕事をする人の、日に焼けた手。
農村の生み出したフォーク・アートは、
決して繊細な、貴族の手仕事ではない。
庭で栽培された麻から紡がれた糸で機を織り、
その粗い繊維のひとつひとつをすくって刺す、
繰り返しの仕事。

それゆえに心を打つのは、
きっとその作り手の手が
どこかしら
働き者だった祖母や曾祖母のそれを思い出させるものが
あるからではないだろうか。

arapatakihimzes 169

彼らの生活空間に欠かすことのできない、
刺しゅう文化。
おばあちゃんにとって針を持つということは、
きっと食事の用意をしたり、
洗濯をしたりするのと同じように、
その生活の中の一部となっている。

arapatakihimzes 206

古いクッションは、
彼女のおばあさんから伝わるもの。
針目は、生きていた証として
ずっと布の中なかに封印される。

arapatakihimzes 192

働きものの、ピロシュカおばあさん。
この女性の手こそが、
アーラパタクの宝である。

arapatakihimzes 226



トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ




*ハンドメイドブログ、
 ICIRI・PICIRIの小さな窓では、
 ピロシュカおばあちゃんの手仕事を詳しく紹介しています。
スポンサーサイト

Theme:ルーマニア
Genre:海外情報

comments(8)|trackback(0)|セーケイ地方の村|2010-05-25_07:20|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

私も丁度こぎん刺しの記事をエキサイトの方へアップしたところでした。

エテルカおばあさん違うところへこされたのでしょうか。心配です。
それにしても本当に素敵でため息の出る作品の数々です。
生活にとけ込んだ刺繍の美しさを体験出来ますね。
いつかこういった人々の生活に根ざした刺繍の本を出して頂きたいです。
信仰がフォークアートと結びついているというのはこれまた素晴らしいことだと思います。
Re: タイトルなし
アーラパタクに作り手さんは、
まだ何人かいらっしゃいますが、
ピロシュカおばあさんほど
生活の中に刺しゅうが溶け込んでいる方は
いらっしゃらないと思います。
人に見せるための展示室ではなく、
そこで暮らす人たちにとって
居心地のよい空間を作るためのもの・・・。

これだけの素晴らしい刺しゅうの文化があるのに、
周りにはあまり知られず、
ひっそりと息づいている感じです。
残念なのは、
やがては増え続けるジプシーたちの中に
ハンガリー人の文化もおそらく埋もれてしまうことです。

エテルカおばあさんは村を離れ、
子どもさんたちの元へ引き取られたと
聞きました。

刺しゅうは素晴らしい文化ですね
ほんとうに素晴らしいとしか言い様がないです。壁のエメラルドグリーンに赤い色糸がうつくしく映えていますね。素晴らしい手仕事が生活に根ざしていることが実用的なわたしには嬉しいです!ほんとうにできれば何らかの形で継承されていただきたいものですね…。刺しゅうをより身近に感じさせていただきました。ありがとうございます。
こんにちは。
エテルカおばあさんの刺繍はどうなったのでしょうか・・
なんともやりきれない思いがします。

ピロシュカおばあさん、翼の王国では分からなかったお部屋の様子や刺繍の数々を拝見できて、素晴らしい!の一言です。
お母さん、おばあさんが刺した刺繍が同じ部屋に当たり前のように並んでいて、まるで部屋の年輪ですね。

翼の王国の中の、ブルーの色あせたリネンに
びっしり刺し込まれている赤の刺繍がとても気になっています。
どうやって刺しているのだろうと。
習えるところがあれば習いたいくらいです。
この素晴らしい刺繍文化、埋もれることなくどうにか引き継がれていかれるといいなと
思います。
Re: 刺しゅうは素晴らしい文化ですね
こちまで、コメントをどうもありがとうございます。

膨大な写真の量だったので、
こちらでは作り手としてのおばあちゃんに
スポットを当てたつもりです。

自分の人生に愚痴をもらすでもなく、
それでも苦労をされたであろうことが
お話から伝わってきました。
農作業をしたり、別の仕事をしながら、
なお針をもつ、そういう姿がまぶしいほどに
美しく思えました。


Re: タイトルなし
mielilei さん、
去年の年末に訪れたときには、
あのお部屋はそのままで、
おばあさんといっしょに呼吸をしていました。
作品だけが切りとられたように、
博物館に運ばれていっても、
あの部屋のなかで見た衝撃は感じられないと思います。
本当に残念でたまりません。
それだけにピロシュカおばさんに出会えて、
よかったです。

翼の王国の記事の表紙のチュニックですね。
こちらは、ホームリネンを青く染めたものに、
赤いウールで刺しゅうされています。
モチーフはサテンステッチで埋め尽くす感じで、
つなぎの部分は、かぎ編みで埋めているようです。
今は、もうこういう手の込んだ刺しゅうをする人はいません。
私もすっかり感動しました。
刺繍は暮らしの心の糧であり、祈りでしょうね。 何もかも黙って糸と針に込めながら模様を縫い込んで行ったのでしょうね。
美しい赤です。 エメラルドグリーンの壁も刺繍布が映える為の色でしょうか。
日本には無い色彩感覚ですが、素晴らしいです。
どこの土地でも女性の手芸力が経済の底力となったり伝統文化を無言で伝承していますね。
Re: タイトルなし
霧のまちさん、
女性の手の技に込められた想いの強さには、
殺到されてしまいます。
それが、この世代の方には
特別その想いが強いような気がします。
中年くらいの世代の方たちは、
どちらかというと職人のように
ただ手を動かして、そのライフスタイルとの結びつきが
見られません。

きっとたくさんの民族を見てご覧になったから
お分かりになるのでしょうね。
ここでも女性の力が、
経済的にも文化の力としても優勢のようです。

エメラルドグリーンの壁は
特にここの2、3の村に特徴的のようです。
強い色同士がお互いに引き立てているのですね。
これも、窓が小さく薄暗い
民家をより明るく見せるための知恵なのかもしれません。