トランシルヴァニアへの扉 - Erdely kapuja-

古きよきヨーロッパの面影を残す、トランシルヴァニアへの扉をそっと開いてみませんか?

::自己紹介::

谷崎 聖子

Author:谷崎 聖子
1978年宮﨑生まれ。
大阪外大、ハンガリー語学科卒業。
ブダペスト大学で民俗学を専攻。
ルーマニア、トランシルヴァニア地方のフォークロアに惹かれて、セーケイ地方に移住、結婚。
三人の子育て中。

伝統手芸研究家。
トランシルヴァニアの文化、手しごとを広める活動をしています。主な著書「トランシルヴァニアの伝統刺繍 イーラーショシュ」、「カロタセグのきらめく伝統刺繍」。

東欧雑貨ICIRI PICIRIFOLK ART Transylvaniaのオーナー。

詳しくは、森の彼方-トランシルヴァニアへの扉をご覧ください。

カテゴリー

FC2カウンター

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

これまで書いた記事は・・・

全タイトルを表示

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Feed Me!

トランシルヴァニアへの扉  - Erdely kapuja-のRSSフィード

ブログ翻訳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

幼稚園でお泊り

ふだん遊びなれた幼稚園で、
友達といっしょにお泊りをする。

学生時代の修学旅行や、
友達とのお泊り会を思い出し、
こちらまでわくわくするようなアイデアを出したのは、
ユーリア先生だった。

「 ここなら、お金もかからないし。
 子どもたちが楽しむには、何も特別な場所なんて要らないわ。」と
一日の保護を一手に引き受けてくれた。

よそのクラスの子どもたちがいないので、
幼稚園の庭も独り占め。

ovodatabor 107

それから、子どもたちを連れて、
徒歩10分のところにある競技場へお散歩。
一周で800Mもあるトラックを、
みんなで駆け抜ける。

ovodaikepek 143

やがて走り回って疲れた子どもたちは、
パジャマに着替えて、夜ご飯。
夏時間にかわって、
8時を過ぎてもこの明るさ。

ovodatabor 067

小さなテーブルを囲んで、
和気あいあいとサラミやジャムをのせた
パンを食べる。

ovodatabor 061

そして、恒例の枕投げ。

ovodatabor 014

「 さあ、パジャマ・パーティにしましょう!」と先生が音楽をかけると、
子どもたちは元気良く踊りはじめる。
タンゴを踊る、女の子たち。

ovodatabor 026

いつもとは違う環境で、
子どもたちも大興奮。

ovodatabor 035

ふと見ると、ボギが横になっている。
わけを尋ねると、
しくしくと泣きはじめた。
心細くなったのだろうか?

「 今日教えてあげた、あやとりを皆に見せてあげて。」
そう言うと、すぐに涙をふいて顔を上げた。

ovodatabor 045

ゆっくりと確かめるような手つきで、
ヒモを引っ張る。

ovodatabor 049

ホウキの出来上がり。
子どもたちからは、拍手が起こった。

ovodatabor 053

にぎやかな部屋の中では、
夜はなかなか更けてきそうにない。
子どもたちにとっても、
忘れられない夜となりそうだ。

ovodatabor 056

そして次の日の朝。
子どもたちもぐっすり眠れた様子で、
いつものように元気いっぱい。

白雪姫幼稚園では年度末に、
さまざまな分野でコンテストが開かれる。
この日は、お話と歌の発表会。

セーケイ人の偉大な民話収集家、
ベネデク・エレクにちなんで、
民話を朗読する。
王様のいすも用意されて、
ロウソクの火が灯って、準備は万端。

ovodatabor 079

「 あったことか、なかったことか。
  あるところに・・・がありましたとさ。」に始まって、
「 もしも・・・が・・・しなかったら、
  私のお話はまだ続いていたでしょう。」で終わるハンガリーの昔話。
10分以上も続く長い、長いお話を
子どもたちは驚くべき集中力で語り終える。

ovodatabor 072

今度は屋外へ出て、
舞台で歌の発表会がはじまった。
今回は、3人の子どもが浴衣を着て登場。

ovodatabor 084

子どもたちは、ひとりずつ
歌声を披露する。
小さな体で大きなマイクをにぎり歌う姿は、
何とも可憐しい。

ovodatabor 099

カエルの歌を輪唱。
覚えやすい旋律と、
カエルの鳴き声をまねた音は
子どもたちにも大好評。

ovodatabor 089

6月に入ると、
幼稚園や学校もすべて休みに入る。
3ヶ月間にわたる長い長い夏休みが
始まろうとしている。


トランシルヴァニアをこころに・・・。

にほんブログ村 海外生活ブログ 東欧・中欧情報へ


にほんブログ村



スポンサーサイト

Theme:海外の子育て
Genre:海外情報

comments(0)|trackback(0)|ルーマニアの育児|2010-06-02_05:58|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。